当サイトは記事内に広告を含む場合があります。

※当サイトは記事内に広告を含む場合があります。

七五三のお祝い お返しはいつ?のしの表書きはどう書く?

七五三 子育て

かわいい我が子の成長を祝う七五三に、お祝いをいただくとうれしいですよね(*´ω`*)
七五三はたった2回しかお祝いしないわけですから、お返しのマナーについて悩んでしまう気持ちは良くわかります。

そこで今回は、

  • 七五三のお祝い返しの相場
  • お返しの時期
  • のしの表書き書き方

について、詳しく説明します。

管理人のわかなの大失敗した経験談もお伝えしますので、合わせてお読みくださいね。

スポンサーリンク

七五三のお祝い返しの相場はいくら?

ご存の方もいらっしゃると思いますが、一般的に七五三のように子どもがお祝いを頂いてもお返しは必要ないとされています。

理由は、お祝いは子供本人が頂いたもの。経済力のない子供はお返しの必要がないからと言われています。

・・・・とまぁ、ここまでが建前ですね^^;

実際には頂いた金額の、1/3~1/2程度をお返しするのが一般的になっています。

「正式にはお返しがいらないなら、やめておこうか」

こう考える方もいらっしゃるかもしれませんね。

わかなの個人的な意見ですが、やっぱりお返しをされる方がいいと思います。

知り合いの話になりますが、「親戚の子供に七五三にお祝いをあげたのにお礼の言葉だけだった」
なんて、憤慨していた人がいました。

私も、その時はお返しが必要ないと知らなかったのでずいぶん失礼な人もいるんだなぁと思ったんですよね(;^ω^A

こんなふうに本来の意味を知らない人も増えているので、内祝としてお返しをされることでトラブルに可能性が減ると思いますよ。

ただしご両親や義両親、親戚などを招待して、食事会などを催してその費用を負担するのであればそれがお返しとなるので、内祝は必要ないと言われています。
お返しの相場や内祝いについてお伝えしましたが、次はお返しのタイミングとのしの表書きについて見ていきますね。
スポンサーリンク

お返しの時期と表書きについて

七五三のお祝い返しのタイミングは、七五三の当日から1週間以内にお渡しするようにしましょう。

のし・水引
のしあり/紅白 蝶結び
表書き
内祝、七五三内祝
名入
子どもの名前(姓は入れない)

七五三のお祝いは、子供が頂いたので子供の名前でお返しします。

遠方の方へ内祝を送るときには、子どもの成長を見ていて頂けるので当日の写真を添えてお贈りすることをおすすめします。

ところで地域によって違いもありますが、参拝した当日に内祝をもって挨拶にうかがうこともありますね。
じつは、私はそれで大失敗をしちゃったんです。どんな失敗かといいますと。。。

娘は着物で七五三の参拝をしました。

髪もしっかり結い上げもらい、親の目フィルターもプラスされているので、それはそれは可愛かったです(*´ω`*)

無事に神社への参拝も終わり、そのまま内祝を持って挨拶回りに出かけました。

最初の2軒目ぐらいまでは良かったんです。

「可愛いわねぇ(*^^*)」 の声に、娘もご満悦でした♪

ところが、途中からグズグズと言い始めたんです。

朝から着慣れない着物で過ごしているうえに、車での移動・何回もの乗り降りで疲れが出てきたんでしょう。

着物だと車のシートに寄りかかることも出来ませんから、当たり前ですよね。

私も、朝から準備や移動で疲れていたせいで気持ちに余裕がなかったんです。

ぐずる娘を、かなりきつく叱ってしまい娘は大泣き。

結局、大泣きしていまいクシャクシャの顔になった娘を連れて、私の実家に挨拶に行くことになってしまいました_| ̄|○ il||li

近い場所であれば、参拝した当日に内祝を持っていくのがマナーだと思います。

でもね、子供のお祝いなのに本人に無理をさせるなんて本末転倒なっちゃいます。

あの時、子供の様子を見て日を改めて挨拶に行けばよかったと今でも後悔しています。

落ち着いて考えれば、お祝いを頂いた方にはお詫びの連絡をすればそれでよかったのに親の見栄のせいで娘には可哀想なことをしてしまいました。

マナーは大事ですが、それに縛られすぎて、せっかくの七五三のお祝いの主役である大切なお子さんに無理をさせないであげてくださいね。

まとめ

七五三の内祝についてお伝えしました。

お伝えしたことをもう一度まとめると、

  • 七五三のお返しの相場は1/3~半額程度
  • 子供の名前でお返しする
  • お返しの時期は当日から1周間以内を目安に
最後になりましたが、七五三おめでとうございます。

思い出に残る素敵な一日なるようにお祈りしています(*^^*)

わかな

生活の中の気になるを追求しちゃうのが大好き。
そんな、オタク主婦です。

わかなをフォローする
子育て
スポンサーリンク
わかなをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました