スポンサーリンク

七五三のまとめ!祝う年齢から初穂料の包み方まで大紹介

七五三は、子供の成長をお祝いする大切な行事です。

お子さんがいる家庭では、
「うちの子もそろそろ七五三よね」
なんてソワソワしちゃうことも(*´ω`*)

子供の行事として
とってもメジャーな七五三なのに、
いざお祝いしようとすると

「何歳でお祝いするの?」

「お金はどうやって包めばいい?」

何かとわからないことばかりです(;^_^A アセアセ

そこで、
経験者の管理人が、
七五三の困りごとを解消するための
アレコレをお伝えいたします!

今回お伝えするのはこちら

  1. 七五三はいくつでお祝いするの?
  2. 七五三の由来は?何度も祝う意味は?
  3. 千歳飴の由来と意味 誰が準備するもの?
  4. 草履のサイズの選び方は?鼻緒ズレはどう対策する?
  5. 初穂料の包み方は?二人分だと違いはある?

これで七五三の準備はバッチリです(*^_^*)

スポンサーリンク

七五三はいくつでお祝いするの?

七五三をお祝いしようとすると、最初に悩むのが
「何歳でお祝いするの?」
じゃありませんか?

桃の節句や端午の節句のように毎年ある行事と違い、七五三は決まった年齢でお祝いします。

なので、
うっかりしちゃった~(^_^;)
なんてわけには行きませんね。

七五三をお祝いする年齢で迷っているアナタにおすすめの記事です。

七五三はいつ祝う?数え年 満年齢 正しいのはどっち?
子供の行事はたくさんありますが、七五三もその一つですね。 でも、いつ七五三をすればいいのか、と悩んでいませんか? 七五三は決められた年齡の時に祝うもので、毎年やってくる、桃の節句や端午の節句とは全く違いますよね。 自分の子供がその時期...

七五三の由来は?何度も祝う意味は?

子供の成長を祝う七五三ですが、
なぜ何回もお祝いするのか不思議に思いませんか?

じつは、
それぞれの年齢でお祝いする意味に大きな違いがあったんです。

ぜひ由来と意味を知って大切な一日をお過ごし下さい!

七五三が11月15日の由来とは?3歳・5歳・7歳で祝う意味は?
「七五三をお祝いとは、そもそも何をお祝いしているの?」 昔から子供の成長を祝う行事が七五三だと言われています。 でも、ちょっと考えると不思議な事が多い行事だと思いませんか? 例えば、 3歳・5歳・7歳で祝うのはどんな意味がある...

千歳飴の由来と意味 誰が準備するもの?

七五三といえば千歳飴がつきものです( ̄ー ̄)bグッ!

千歳飴を持って写真を撮ったり、お参りに行ったりしますね。

ところで、どんな意味があって
千歳飴は七五三につきものなんでしょう?
そして、誰が準備すればいいんでしょうか?

写真を取るときに、千歳飴がないと
なんとなく格好がつきませんよね。

・・・となると、ご両親?それとも・・・?

七五三の千歳飴 由来と意味は?誰が準備するの?
七五三といえば、千歳飴がつきものです。千歳飴を持ってお参りしたり、記念写真を撮ったりますね。ところで、千歳飴は誰が準備するものでしょうか?千歳飴って、どんな意味があって持つのか、誰が準備するのか疑問に思いませんか?七五三のお祝いに...
スポンサーリンク

草履のサイズの選び方は?鼻緒ズレはどう対策する?

「七五三は着物でお祝いしたい」そう考えるご家族も多いようです

七五三を祝う女の子

子供の着物姿は本当に可愛いですからね~(*´ω`*)

あれこれ迷って、我が子に一番似合う着物を選んで準備よし!

そこでハッとするのが「草履のサイズ」

じつは草履の選び方一つで楽しい日になるか、大変な日になるか決まることがあるんです!

そこで、草履のサイズの選び方とあの辛い鼻緒ずれを防ぐ簡単な方法を動画でお伝えします。

七五三!草履のサイズはどう選ぶ?鼻緒ズレ対策はこうする!
「七五三の衣装といえばやっぱり着物で・・・・」 そう考えるご両親も多いですね。 七五三といえば、着物姿にピカピカの帯 そして、キリっとしまる足元の草履! 「え?草履!?」 そう、草履ですよ。 着物には、草履が定番だと思いますが・...

初穂料の包み方は?二人分だと違いはある?

神社でお祓いを受けるときに謝礼を包みますが、お金の包み方にもしきたりがあります。

二人一緒に七五三のお祓いを受けるときの、初穂料の包み方についてお伝えします。

七五三のお金!神社の初穂料の包み方 二人分だと違いはある?
「七五三のお金はどうする?」 年齢によって、七五三のお祝いを二人で一緒にするご家庭もあると思います。 ここで気になるのが、 お祓いをお願いする神社へのお金の包み方ですね。 二人分となると、 のし袋は別々に用意する? お金...

おわりに

七五三のあれこれについてお伝えしました♪

私は、七五三の準備しているときは慌ただしくて、「もう面倒!!」なんて思うこともありました。

でも、過ぎてみればそれも楽しい思い出になっています。

最後になりましたが、七五三のお祝いを迎えられること本当におめでとうございます(*^_^*)

良い一日なるようにお祈りしています☆彡

コメント