原稿用紙5枚!最後の1枚が書けないを防ぐ簡単な方法はコレ!

読書感想文

中学生の夏休みの宿題の宿題で面倒なのが読書感想文。

「原稿用紙5枚の読書感想文なんてムリ!」
なんて最初から、諦めちゃっていませんか?

確かに400字詰めの原稿用紙5枚といったら
文字数にして2,000文字!

これだけの文字を書くのかと思うと、考えるだけでぐったりしますよね。

それで、ついつい後回しにして
休みの終わりごろ、あせって書いたら、
「あと原稿用紙1枚分、たりない(;一ω一||)」

ま、まさかの書き直し_| ̄|○
なんて、トンデモナイことになったりして。

そんなことにならないためには、簡単だけど
すごーく効果が高い、ある準備をすると良いんですよ( ̄ー ̄)bグッ!

え?なんで知っているのかって?

それはね、私が現役中学生の母で
娘が小学生の頃から読書感想文を書くサポートをしてきたからなんです。

なので、読書感想文のお手伝いはちょっと自信があるんです。

何かのコンクールで賞を取りたい!
なんて立派な目標がある人のお手伝はできないけど、
サクッと宿題を終わらせたい!
そんなアナタのお手伝いだったらお手のものです。
(何しろ、毎年やってるからねww)

この準備をしてから書きはじめると
最後になってから
「ページが足りない!!」
なんて焦ることはなくなりますよ~!

準備と言っても、すごーーく簡単なので安心してくださいね!

では、いきましょう!

スポンサーリンク

スムーズに書くための準備は?

最初に言ったように、
いきなり2,000文字の読書感想文を
書こうとしても辛いだけです。

だってね、マラソンをする時だって距離によって走る速度を調整するでしょう?

何の準備もしないで読書感想文を書きはじめることは、
距離を考えずに全力疾走するのと同じなんですよ。

途中で、息切れしちゃうのも当然なんです。

そうならないように、どんな準備をすればいいのか
次から順番にみていきますね。

読書感想文を分けてみよう

読書感想文を書きはじめる準備として、
最初に読書感想文をわかりやすくわけてみましょう。

読書感想文は大きく4つのパーツに分けることが出来ます。

  • きっかけ
  • あらすじ
  • 感想
  • まとめ

それぞれについて簡単に説明します。

「中学生なんだから、そんなこと知ってるよ(`⌒´)」
って思うかもしれないけど、ここはかなり重要なので、
復習がてらちょっとだけ付き合ってくださいね。

  • きっかけ
    その本を読もうと思ったきっかけ
  • あらすじ
    読んだ本の簡単な内容
  • 感想
    あなた自身の感想や考え
  • まとめ
    今後のこと

読書感想文は、この4つのパーツをしっかり組み立てることで
スムーズに書くことが出来るんです。

といっても、ただ順番通りに書いていけばOK
なんてわけじゃないんですヾ(;´▽`A“

読書感想文を最後まで息切れしないで書き上げるためには、
それぞれのパーツに
バランスよく文字数を割り振ることが大切なんです( ̄ー ̄)bグッ!

と言っても、
どの部分にどれくらいの文字数が必要か
なんてわかりませんよね。

でも、安心してください!

次から、どの部分にどれだけの文字数が必要か
きっちりお伝えします。

スポンサーリンク

文字数の割り振るはどうする?

読書感想文をパーツごとに分けたら
次は、それぞれのパーツに文字数を振り分けていきます。

バランスが良いとされている文字数の割振りの目安は
次のようになっています。

  • きっかけ(10%~20%)
  • あらすじ(20%~30%)
  • 感想(30%~40)
  • まとめ(10%~20)

パーセントで見ていても、
なんだかピンときませんよねヾ(;´▽`A“

そこで、この数字を元に大まかな文字数を計算してみました。

  • きっかけ 15% 300文字
  • あらすじ 25% 500文字
  • 感想   40% 800文字
  • まとめ  20% 400文字


  • きっかけ10%  200文字
  • あらすじ20%  400文字
  • 感想  50% 1000文字
  • まとめ 20%  400文字

さらに、わかりやすくしたので
ちょっと見て下さいね。

こんなふうに、文字数をはっきりさせると、原稿用紙の
どこの部分まで、何についてかけば良いのか
が、ハッキリわかります。

文字数はあくまで目安なので、
自分の書きやすい割合に
計算し直すといいですね。

これで
あとから文字数が足りない!!
なんて焦ることはなくなるってわけなんです。

そして、書きだす前に原稿用紙に

  • きっかけはここまで
  • あらすじはここまで

といったように印をつけましょう。

こうすると、どこまで書かないといけないのか
ひと目でわかりますから、
途中で何文字書いたのかな?なんて迷うことがありません。

とても、簡単なのでぜひやってみてくださいね!

まとめ

読書感想文は、時間がかかる宿題です。
でも、ちょっとした工夫でスムーズに書くことが出来ますよ~!

まとめると

  • 読書感想文を4つのパーツにわける
  • パートごとに必要な文字数を決めて原稿用紙に印をつける

サクサクッと仕上げて、お休みを楽しんでくださいね♪

ところで、さらに読書感想文を楽に書く方法を
うちの娘がコッソリとやっていました。

さすがは、現代っ子だなぁと思った方法です。

きっとアナタにも出来ると思いますよ。

そこで、次回は今までお伝えしたことにプラスして、娘の合わせ技について記事にしました。

中学生におススメ!読書感想文を早く終わらせる方法はコレ!
読書感想文の宿題を、楽に早く終わられる方法を紹介しています。
生活
スポンサーリンク

関連記事・広告

フォローする
トレンドハンター

コメント

  1. かんな より:

    こんばんは!
    書き出しは具体的にどのようにすれば良いのですか?
    あらすじは短い方がいいですよね?

    • わかな わかな より:

      かんなさん、こんにちは。

      書き出しのパターンは色々ありますが、
      娘の様子を見ていると印象に残ったセリフを使うと
      書きやすいようですね。
      あらすじについては、全体の20%~25%程度だと
      いい感じになるようです。

      参考にしてくださいね。

  2. さね より:

    まとめをやく100文字にしたいです

    • わかな わかな より:

      さねさん、こんばんは。

      小学生ということで原稿用紙は5枚ではないと思うので、
      原稿用紙3枚(1200文字)として考えてみましたね。

      まとめを約100文字程度にするとしたら
      きっかけ240文字
      あらすじ370文字
      感想480文字
      まとめ100文字
      ぐらいになります。

      もし、原稿用紙5枚だとしたら、
      残りの300文字をあらすじと感想に振り分けてあげるといいと思います。
      でも、文字数はあくまで目安なので、
      さねさんの書きやすい書き方でいいので
      文字数はこのとおりでなくても大丈夫ですよ。

  3. クローバー より:

    自分との比較、というのがわかりやすく、すぐに書き終えられました*\(^o^)/*
    ありがとうございます。

    • わかな わかな より:

      クローバーさん、こんにちは。

      すぐ書き終えるなんてすごいですね!
      文章を書くのが得意なのかしら?

      残りの夏休みを楽しんでくださいね~