整理整頓が苦手!そんな子供には写真を使うと効果的!?

「うちの子供は整理整頓が苦手なの~!!」

子供が学校に行くようになると、
色んな物が増えてきます。

ランドセルや教科書はもちろんこと、
体操服や水彩道具。

はては宿題のプリントに、お知らせのプリントなどなど。

こういったものは増えることはあっても
減ることはありません!

ちゃんと片付けてくれれば問題ないけど、
そう簡単には行きませんね(^_^;)

お家でこんな問題がおきていませんか?

  • 連絡プリントがランドセルの底で皺になってた
  • 時間割がちゃんと出来なくて、忘れ物ばかりしている
  • 学習机の上は物置で、勉強なんて出来ない

「そうそう!!本当に困るのよ!」

その気持ち、とーーってもよくわかります!

親だって色々忙しいのに、
「アレがない、コレがない」
なんて大騒ぎに巻き込まれて
大変な目にあいます。

さらに、担任の先生から
忘れ物が多くて・・・・
なんて注意されると、ちゃんと子供を見ていない
と言われているようで本当に凹みますよね。

おまけに、
一緒に整理整頓してようやく綺麗になった~ヽ(=´▽`=)ノ

・・・と思った数日後には
元通りなんて悲しいことだってあります。
(あまり続くと、悲しいから腹ただしいに変化しますけど(^_^;))

また片付けないと・・・・
なんてため息を付いているそこのアナタ。

じ・つ・は、私も同じでした。

でもね、ある簡単な方法を試したら
コレが効果抜群!!だったんです。

しかも一度その方法を実行すれば、
「元に戻しなさい」
の一言で、
子供だけで片付けが出来ちゃいます( ̄ー ̄)ニヤリ

このブログに来て下ったあなたにだけ、
特別にこの秘密をお伝えしちゃいます♫

このページを最後まで読めば、
もう子供の整理整頓に悩むことはありません。

では、まいりましょう~~!

スポンサーリンク



一人で整理整頓できないは覚えていないから?

突然ですが、

「片付けてもすぐ散らかして!!」
「使ったら元に戻しなさい!」

整理整頓が出来ない子供に、
ついつい言ってしまうのがこんな言葉。

あなたも身に覚えがありませんか?

じつは、この言葉に
整理整頓のキーワードが隠されているんでよ。

それは・・・・

「使ったら元に戻しなさい」
です( ̄ー ̄)bグッ!

どれだけ物を出しても、最終的に元に戻せば
散らからりません。

でも、元に戻さないから
どんどん散らかってしまうわけですよね。

「そんなこと当たり前だ」
「それが出来ないから困ってるんじゃない!」

まぁまぁ、そう興奮しないでくださいよ(;^_^A アセアセ

まずは、ちょっと考えてほしいんですが、
なんで元に戻せないと思いますか?

それは、
元の状態を覚えていないから
なんです。

子供によって違いますが、

  1. 出したらしまって次の物を出す子
  2. どんどん出しちゃう子

いろんな性格がありますね。

Aタイプの子供だと、
あまり散らかることはありませんが、
大変なのがBタイプの子です。

私の娘は、まさにBタイプでした。

どんどん出しちゃって、積み上げてしまい、
元の状態がわからない~~~
なんてことになるわけです(;^_^A アセアセ

なので親が、
「元に戻しなさい」
なんていくら言ってもダメなんです。

だって「元の状態」がわからなくなってるんですから。

ということは、逆に考えれば、
元の状態さえわかれば
一人で整理整頓できる
わけですよ( ̄ー ̄)bグッ!

「そんこと、無理じゃないの?」

いえいえ、大丈夫です。

小学校1年生だった私の娘にも
ちゃ~んとできたのご安心下さい。

それではその方法について、
次から詳しくお伝えします!

スポンサーリンク

整理整頓に必要な物はこの2つ

今回は、学習机を例にして説明します。

一番散らかりやすいですが、
じつは、一番片付けやすい場所でもあるんですよ~!

用意するものは次の2つです。

  • 学習机の写真
  • 100円ショップのバスケット

たったこれだけの準備をするだけで
子供が一人で整理整頓できます。

それぞれの準備と使い方について
順番に見てみますね。

机の写真はどう使うの?

まず最初に、
子供と一緒に学習机を整理整頓しましょう。

それが終わったら、
机の上も、引き出しの中も1つ1つ写真を撮ります。

↓↓↓

学習机の写真

これで準備完了です♪

後はこの写真を印刷して、
デスクマットに挟むなり、壁に貼っておくなり
子供が見える場所に写真を置いておきます。

これで、
「元に戻しなさい」
で、バッチリ整理整頓できますよ~!

だって、元の状態がハッキリ見えるわけですから( ̄ー ̄)ニヤリ

あわせて、写真に写っている物以外は、
引き出しも含めて机に持ち込まない
といったルールを徹底すれば、
ずーーっとキレイな状態を保つことが出来ます。

100円ショップのバスケット

使い方はとっても簡単です。

帰宅したら、ランドセルの中身を
ぜ~~んぶ、このバスケットにポンと入れます。

100円ショップのbasketで整理する

教科書も筆箱も全部ですよ。

こうすることで、
学校からの連絡プリントがランドセルの底で皺になってた
といった問題がググーッと減ります。

全部出してしまえば、
連絡プリントがあることに
親も、気がつくことが出来ますからね。

さらに、ランドセルを空っぽにしてしまうと、
時間割をしなかったなんてこともなくなり、
その結果、忘れ物もグンと減りました。

どちらも手軽で簡単な方法なので
ぜひやってみてください。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、
子供が自分で整理整頓できる方法
についてお伝えしました。

もう一度、お伝えしたことをまとめると

  • 整理整頓が終わったら
     机の写真を取り、子供の見やすい場所に置く
  • 帰宅後はランドセルの中身を
     全部バスケットに出す
  • 最初は習慣になるまで、
    声をかけたり、少し手伝ってあげたりと
    親のフォローが必要です。

    でも、一度身についてしまえばこっちのものヽ(=´▽`=)ノ

    「元に戻しなさい」
    の一言で済みますからね。

    もちろん、本棚やクローゼットの中などにも応用できます♫

    上手に整理整頓してくれれば、
    親のストレスは格段に減ります!

    ぜひぜひ、やってみてくださいね。


    スポンサーリンク

    関連記事・スポンサーリンク



    コメントを残す