急に会社を休む!連絡方法とタイミングは?

タイムカード

「なんだか、体調が悪い・・・」
仕事を頑張っている中で避けて通れないのが、急な体調不良。

「あ~、無理。今日は休みたい!」

うんうん、自分で無理と判断したのなら、まずは体調を整えるために休むのもありです。

無理して長引いたらかえって迷惑をかけますからね~

じゃ、会社にお休みを頂く連絡をしましょう。

「じゃぁ、メールしておく。」
「え?お母さんにしてもらっちゃダメなの?」

ちょ、チョットそれはないですよΣ(・∀・;)
ただでさえ、急にお休みをして迷惑をかけるのに。
そんなとんでもない方法で連絡をしたら、アナタの評価がガタ落ちどころかマイナスになっちゃいますよ。

とはいえ、いつ、どんな方法で、どんなタイミングで連絡すればいいのか悩んじゃいますよね。

そこで、今回は、ビジネスマナーの基本、

急に会社を休むときの連絡方法と、連絡のタイミングについて

お伝えします。

スポンサーリンク

連絡は電話でしましょう

まず連絡方法ですが、会社で取り決めがないのなら、直接上司に電話で連絡するのが一番です。

なぜなら、メールは一方通行の連絡手段だからです。
相手の都合や気持に関係なく、こちらの用件だけを伝えてしまうのでこういった重用な連絡には不向きです。

ましてや急に休むことで、会社の方であなたに確認したいことがあるかも知れません。

突然の体調不良や緊急事態で会社をお休みすることは、これからだってあり得ることです。

きちんとした連絡をすることは、社会人として最低のマナーですよ。

メールで済ませたり、家族に連絡してもらうと、

  • マナーを知らない
  • 自立していない

こっそり陰口をたたかれたり、上司の中で超最低の評価をされてしまいますよヽ(´Д`;)ノアゥア…

なので、必ず直接連絡をしてくださいね。

電話するタイミングはいつ?

体調も悪いし、サッサと電話して休みたい。そんな気持ちになりますよね。

でも、待ってください。

じつは電話をかけるタイミングって、とっても大切なポイントなんです。

ベストタイミングは?

始業開始の10分から15分前

この時間であれば上司も出社して、仕事にとりかかる準備ができているでしょう。

さらにアナタが休むことで、誰かに仕事をお願いする必要があるかもしれません。このタイミングなら相手も出社しているので、確実にお願いできるはずです。

でも、体調が悪いと、時間まで休もうと思ってつい寝過ごす可能性がありますよね。

電話に出る男性

そんな失敗をしないように、始業開始15分前に合わせてアラームをかけておくと安心ですよ。

スポンサーリンク

スムーズに伝えるためには?

休むと伝えるんだから、「今日、体調が悪いので休みます」でいいのよね?

えっと、まぁ簡単に言っちゃうとそうなんですが、それだと、あまりいい感情は持たれませんね~(;^_^A アセアセ

「何だ、偉そうに・・・」なんて思われたら、大失敗です。

お休みを許可して頂くということが大前提なのですから、まずは、丁重にお願いするのが基本です。

お休みをお願いする例文

おはようございます。◯◯です。

急で大変申し訳ありませんが、本日◯◯(熱がある等の理由)のため、お休みを頂いてよろしいでしょうか?

<<許可を頂いた後>>

ありがとうございます。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。それでは、失礼します。

これで連絡は終了です。ゆっくり休んで体調を戻しましょう。病院などにいき、長引きそうであれば改めて連絡をしましょう。
でもね~、これだけでは完璧じゃないんですよ♪体調が戻って出社してからも大切なんです。

出社したら、きちんと挨拶

体調が戻って出社したら、上司や周りの人に急にお休みを頂いたお詫びをしましょう。

お詫びする女性

休みは自分の権利だとばかりに、知らん振りだと「実は仮病じゃないの・・・?」な~んてあらぬウワサになっちゃうかも知れませんよ。
あなたが急に休んだことで、誰かが代わりにフォローしてくれたかも知れません。
きちんとお礼と詫びを伝えることで、あなたの信頼はググ~~ンと上がります。

まとめ

いかがでしたか?

体調管理はきちんとしておくべきですが、どうしようもない時だってあります。

  1. 迷惑をかけることをお詫びして、丁重にお願いする
  2. きちんとお礼とお詫びをする

これを押さえていれば、社内の人間関係はギスギスしません。

礼儀と感謝がビジネスマナーの基本ですから、しっかり押さえてくださいね~

わかな

生活の中の気になるを追求しちゃうのが大好き。
そんな、オタク主婦です。

フォローする
生活
スポンサーリンク

関連記事・広告

フォローする
トレンドハンター

コメント

タイトルとURLをコピーしました