スポンサーリンク

災害見舞金は渡すタイミングがある!相場は?封筒や表書きはどうする?

災害状況

いきなり起こってしまうのが火災や自然災害。突然のことに驚き傷ついている方の気持ちを考えれば、なにか手助けをしてあげたい!そう思いますね。

そこで今回のテーマは、

災害のお見舞金の相場と渡すタイミング

について。

お見舞いといえば現金を考えてしまいがちですが、いきなりお金をお渡しするのはおすすめしません。その理由と渡すタイミングなどを合わせてお伝えします。

スポンサーリンク

いきなりお金をお渡しするのはNG

友人や親戚など、お付き合いのある方が災害にあったと知ったら、なにか力になりたい。すぐにでもお見舞金をさしあげたいと思ってしまいます。

ですが災害にあったばかりの頃は、現金よりも品物を贈ったほうが喜ばれることが多いようです。

その理由は、被災したばかりの頃は身の回りのものなど不足していることが多く、現金よりもすぐに役立つ生活物資が必要になっているからです。

最初にお渡しするなら下記のようなものが良いとされています。

  • 食料品
  • 日用雑貨
  • 医薬品
  • 衣類・下着等
  • 寝具

東日本大震災に、ボランティアで参加された方と話したときにこんな話を聞きました。
「親しい間柄であれば、生理用品など頼みにくいものを準備してあげるといいと思います。」

確かに、こういったプライバシーに触れるものは自分からは言い出しにくいものです。親しい間柄だからこそできる気遣いですね。
この他に、ご近所でしたら日々の買い物や通院などのお手伝いを申し出ることも喜ばれると思います。

それでは、つぎから金額の相場と表書きについて見ていきますね。

現金をお渡しするタイミングは、災害から少し時間が過ぎて相手の方が落ち着かれた頃を見計らってお渡ししましょう。

お見舞金の相場と封筒

災害のお見舞金の封筒の書き方は、災害の種類で違います。
のし・水引表書き名入れ
のし・水引なし


白い封筒か半紙・奉書紙
火災
火災御見舞
類焼で被害を受けた
類焼御見舞
台風や地震など
一般的には災害御見舞
震災御見舞
水害御見舞
台風御見舞
贈り主の名前

あまりにも大きな災害の場合は、「御見舞金」という書き方でとどめておいてもいいかもしれません。これも災害を思い出すのが辛いかもしれない相手への気遣いの一つになります。

お見舞金の相場

現金の相場は次のようになっています。

贈り先金額
両親1万~5万
兄弟1万~3万
親戚5千~1万
仕事関係5千~1万
友人・知人5千~1万
隣・近所3千~五千

最後に

親しい間柄であれば、気になるあまり高額を包んでしまいたくなりますね。

ですが、あまりに多く包んでしまうことでかえって相手が恐縮してしまい心の負担になることもあります。

お見舞金を包むことも大切ですが、お渡ししてそれっきりでは寂しいですね。その後も様子を気にかけて連絡をしてあげることが一番の御見舞になるのではないでしょうか。

生活
スポンサーリンク

関連記事・広告

わかなをフォローする
トレンドハンター

コメント