熱が出た!会社を休むなら何度が目安?

熱が出た

「やっぱり・・・熱がある」

身に覚えのあるダルさや、頭痛。嫌な予感を感じながら、体温計を見るとやっぱり熱が出ている。

そんなことありますね(^_^;)

頑張って仕事をしていたので、疲れがたまったのかもしれません。

さてさて、そこで思い悩むのはコレでしょ?

  • 「ダルいしなぁ、今日は休むかな。」
  • 「でも、これくらいの熱ならなんとかなるかも?」

うんうん、迷ってますね。その気持、よくわかりますよ(´・ω・`)
正直、絶対に身動きできないほどの高熱だったら迷いませんね。

でもね~。そこまでじゃない微妙な熱がある時はどうしましょうか?

特に新入社員のアナタは、簡単に「会社を休む」なんて連絡していいのか迷いますよね。

「自己管理のできない人」「サボりじゃないの?」
こんな風に思われたらどうしようヽ(´Д`;)ノアゥア…そんな不安を感じるは当然です。

そんなアナタにお伝えしたいのが、会社を休むか休まないかの判断をする目安です。

この判断を間違うと、会社でのアナタの評価はガタ落ちしちゃうかもしれませんよ(´・ω・`)

それに、「たいしたことないのに、休んじゃった・・・」なんて無駄な罪悪感を持つことになったら損でしょ?

きちんとした判断基準を持つことも社会人には必要なこと。

では、早速まいりましょう!

スポンサーリンク

何度あったら、熱がある状態なの?

まず、熱があるという基準として一番多く言われているのが、37.5度という境目です。

これ以下だと、熱とは言えないといった意見もチラホラ。

微熱

管理人も経験ありますが、37度程度だと最初はダルいなぁと思っていても、とりあえず仕事に行くと気にならないで一日が過ぎていたなんてことも多くありました。

とはいえ、熱に強い人や弱い人といった人それぞれの体質もありますし、平熱が35度台の人だとだと37度でも辛く感じるはず。

なので、普段から自分の平熱を知っておく必要があります。そして、熱が何度からだ休むといった単純な判断だけではなく、他にも大切なことあるので次からそれを詳しく見て行きましょう。

判断材料は熱の他にもあります

微熱だった時は、他の症状や会社の状況も合わせて考える必要があります。

  • 今日中にしなくてはいけない仕事はない?
  • 出社して、迷惑をかけることはない?

もしも、今日中に済ませる必要のある仕事だったら一度出社して、仕事をこなしてから早退させてもらう。あるいは、通院してから出社するといった方法が考えられます。

ただし微熱であっても、仕事に支障があるなら出社することはかえって迷惑になることもあります。

例えば、

  • くしゃみや咳が止まらない
  • 声が全く出ない

などなど。こんな状態で出社しても、外回りはもちろん電話に出ることもできませんね。これではフォローしてくれる周囲に迷惑をかけるだけです。

風を引いたサラリーマン

そんな時は、熱の高い低いに関わらず、休むほうがいいと思います。特に咳やくしゃみは、周りも気になって仕事に集中できませんから(´・ω・`)

スポンサーリンク
休む判断基準をまとめると、
  1. 高熱ではないが、動くのが辛い(基準は37.5度)
  2. くしゃみや咳など、人に不快を与える症状が治まらない
  3. 急ぎの仕事がない
これらのどれかに当てはまるとしたら、思い切って休んで早く治したほうがいいですよ。

長引くとかえって職場に迷惑をかける事になりますからね。

ただ平熱が低い人は、正直に熱を言っても「それくらで、休むなんて」と言われたり、言葉にされなくても心のなかで思われる可能性だってあります。

ここはウソも方便で、1度位プララスして38度にしちゃうのもいいかもしれません^^;

お休みの連絡マナーについては、別の記事でくわし~く紹介していますので参考になさってくださいね。

急に会社を休む!連絡方法とタイミングは?
急な体調不良や緊急事態などで、会社を休むことになった!そんな時こそビジネスマナーが問われます。失礼のない連絡方法と連絡のタイミングをご紹介します。

最後に

いかがでしたか?

熱があるから休みます~♪・・・・とシンプルに行かないのが社会人です。

いろんな状況判断をして、周囲に迷惑をかけないようすることが優先です。

普段からきちんとしていれば、困ったときはきっと誰かがフォローしてくれるはず。

必要なときは、しっかり休んで早く元気になってくださいね。

健康・病気
スポンサーリンク

関連記事・広告

フォローする
トレンドハンター

コメント