年賀状の処分で運気をアップ!タイミングと手軽な処分方法は?

最近では、断捨離してシンプルに生活したいと考える人も多くなってきていますね。

もちろん、管理人わかなもシンプルライフに憧れる一人です(*^^*)

ところで、断捨離といえば不要なものや使わないものを処分することが最初のスタート。

古い雑誌やあまり着ない洋服などは、やる気になれば処分しやすいもの。

でも、なんとなく処分するタイミングがわらなくて、しまいこんだままになりやすいのが年賀状。

最近は写真を使った年賀状も多いので、なんとなく処分しにくい気がします。

もしかして、あなたもそうじゃありませんか?

ですが、風水的にみると年賀状を溜め込みすぎるのは良くないので、サクッと処分するほうが良いとされています。

といっても、ただ処分すると後悔することになるかも。
そうならないために今回のテーマは、

年賀状の処分するタイミングと手軽な方法

についてです。

ぜひ最後まで読んで、わかなと一緒に運気UPを目指しましょう♪
スポンサーリンク

なぜ、年賀状をため込むと良くないの?

せっかく頂いた年賀状なのに、処分したほうがいいなんて冷たい感じがしますよね。

でも、風水的には次のような理由があるんです。

風水では、紙は「木」の気に属するため、古い紙をため込むと、「木」のもつ若さや発展運、仕事運に悪影響が出ると考えます。

 

日本実業出版社 李家幽竹(著)『運が良くなる 風水収納&整理術』23Pより引用

私はこれを知ったときに、発展運や仕事運に影響が出るってことは他にも大きな影響がありそうって思ったんですよ。
だって仕事運が下降するとお給料に影響が出ちゃう可能性がある。ということは金運が悪くなるかもって思いませんか?

金運が悪くなると、気持ちにも余裕がなくなって家庭内もギスギス・・・。すると、家族運も下降しちゃう(汗)

家庭がうまくいかないと、仕事にも影響がでてきて・・・。

ギャーーー!!これって負の無限ループになっちゃうのでは((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
せっかく頂いた年賀状で、運気を落としてしまっては本末転倒!年賀状を処分しよう!・・・と思ったら、年賀状を処分するにも大切な2つのポイントがあったんです。
  1. 年賀状を処分するタイミング
  2. 年賀状を処分する前の準備

つぎから、この2つについて詳しく見ていきますよ。

年賀状を処分するタイミングと注意点

身の回りを整理するというと、なんとなく年末の大掃除を思い出すかもしれませんね。

でも年賀状の処分は、大掃除まで待っていては遅すぎるんです。

調べてみると、年賀状の処分はその年の春分前が良いと言われています。

なぜ、春分まえか。それはこんな理由があるようですよ。

12星座の最初の星座である牡羊座に太陽が入る春分の日を、占星術では1年の始まりと考える

春分の日は、その年が本格的にスタートすると日で、新たな目標を定めたりスタートさせたりするのにとてもいい日といわれています。

つまり年末の大掃除と一緒で、春分前に整理してその年の良い運気をゲットしよう!ってことなんですね(*^^*)
理由がわかったところで、いよいよ年賀状の処分です。でも、いきなりゴミ箱にポイッなんてするとあとから困ることも。
そうならないために、年賀状を処分する前にやっておくことがありますよ。

それは、年賀状を送る宛名リストを作成すること。

これをうっかり忘れてしまうと、次の年の年賀状を作成するときの困ることになります。

今年の住所録があるからいいわ・・・なんて思うかもしれませんが、うっかりしがちなのが喪中はがきを頂いた方。

その方には、年賀状を出していませんよね。もしかすると住所録から漏れている可能性があります。

こういった失敗をなくすためにも、

  • 年賀状を年度ごとにまとめる
  • 年賀状を送る宛名リストを作成する

これだけは、忘れずにやっておきましょう。(*^^*)

準備が終わったら、いよいよ年賀状を処分しますよ~
スポンサーリンク

おすすめの処分方法

年賀状は個人情報が満載。住所や氏名はもちろん、ときには電話番号を書いている人もいますね。

あるいは、家族写真の年賀状だってあるでしょう。なので、処分するときもそういった点に注意して処分する必要があります。

個人情報保護スタンプ

名前や住所の部分にスタンプを押すだけなので、とっても簡単。

100円ショップでも購入できるので気軽に使えますよ。管理人の近所のショップには、スタンプタイプとローラータイプの2種類がありました。

個人情報保護スタンプ

スタンプタイプ


ローラータイプの個人情報保護スタンプ

ローラータイプ

どちらも便利ですが、管理人のおすすめはローラータイプのもの。スタンプは何回か押さないと、文字が見えてしまいましたが、ローラータイプは1回だけで写真のように文字が消えましたよ。

はさみ

ちょっと手間はかかりますが、ハサミで細かくきりましょう。

普通のハサミでもOKですが、もっと楽したいならこちらのハサミをおすすめしちゃいます。

使い方は普通のハサミと一緒。写真のようにすると、あっという間に細かく裁断できます。

シュレッダーばさみ
個人情報保護ハサミでカットする

こちらのハサミも100円ショップで購入できます♪少ない枚数ならこれで十分ですね。

個人情報保護のり

塗ると真っ黒になって、文字を消してくれるスティックタイプののり。

個人情報保護のり

塗るとこんなふうに真っ黒になっちゃいます。

ものすごくよく伸びるので、あまり力を入れすぎると早く減ってしまうので注意が必要かも。

なんとなんと、これも100円ショップで購入できますよ\(^o^)/

シュレッダー

一番楽なのが、この方法ですね(*^^*)

シュレッダーには、電動と手動のものがありますが、もちろん価格が安いのは手動タイプです。

でも、処分する枚数が多い方は、電動タイプの購入を検討するといいかもしれませんよ。クレジットカードの利用明細の処分など、日常でも活躍する機会はありますからね~

瞬間接着剤とガムテープ

瞬間接着剤もガムテープもこちらも100円ショップで購入できますね。

  1. 年賀状を何枚か重ねて、間に瞬間接着剤を流す
  2. 乾いたら、まとめてガムテープをまきつける
ね?簡単でしょう。

年賀状を処分する日にすること

年賀状を処分する日は、赤いお花を準備しましょう。

年賀状を処分するに日には、赤いお花を家の玄関かリビンクに飾ると、その年の人間関係が良好になり、また新しい出会いに恵まれやすくなります。

 

日本実業出版社 李家幽竹(著)『運が良くなる 風水収納&整理術』25Pより引用

これで、運気アップの準備はバッチリです!

さて、ここまでは年賀状を処分するタイミングと方法についてお伝えしてきました。

「でも、どうしても捨てたくない年賀状があるんだけど・・・・・」

うんうん、そんなあなたの心の声、ちゃんと聞こえてますよ。

学生時代からの大切な友達や、お世話になった方からの年賀状。運気が悪くなるから、簡単にポイッ・・・なんて出来ませんよね。
どうしても捨てたくない、そんな年賀状を保管する方法を次からお伝えしていきますよ。

捨てられない!そんな年賀状の保管方法は?

年賀状を処分すると言っても、自分にとって大切なものまで処分する必要はありません。

風水的に保管するのであれば、通気性の良いカゴなどにしまって日当たりの良い窓のそばに収納しておきましょう。

その他に、写真に撮ったりスキャナで読み込んで保存する方法もあります。

まとめ

年賀状を処分して運気アップする方法をお伝えしました。

まとめると

  1. 年賀状を処分する前に住所録を整理する
  2. 処分のタイミングはその年の春分前まで
  3. 処分の日は、玄関やリビングに赤い花を飾る
  4. 大切な年賀状は取っておく方法をえらび、整理する

100円ショップで手に入るグッズを利用すれば、費用もかからず手軽に安全に処分できますね。

すっきりして、新しいスタートをきりましょう(*^^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました