スポンサーリンク

これで解決!葬祭・喪中のマナー特集

大人になると、さけて通れないのが、「葬祭」です。

うっかりして、マナー違反をしていたらどうしよ~(´Д`;)ノアゥア…

そう考えると、不安でしょうがありませんよね。

そ・こ・で!今回は、

葬祭・喪中のマナー

についてまとめました。

ぜひ、最後までお読みください♪

スポンサーリンク

葬祭とはどんな意味?

冠婚葬祭って言葉を耳にしたことがあると思います。

これは、人が生まれてからなくなるまでの間に行われる行事全般を指しています。
なんとなーーく、四文字熟語的に使っていますが、
ちゃんとそれぞれの文字にちゃんと意味があるんです。
成人(元服)
婚礼
葬儀
先祖供養等

どれも大切ですが、特に葬祭は人生を終わられた方や、残されたご家族に敬意を表すために一層丁重に考えられる傾向にあります。

お香典について

お通夜も葬儀も参列する、あるいは遠方で参列できない等
いろんな事情があると思います。

そんな時、考えるのがお香典の渡し方。

お香典のマナー

さらに、最近では、
家族葬といった新しいスタイルの葬儀も増えています。

家族葬は、セレモニー的な要素を省き、
家族や身内だけで行う葬儀の形です。

こんな時に、お香典をどうしたらいいのか迷いますね。

そこで、お香典についてまとめちゃいましたよ(*^_^*)

初盆について

葬儀が終わってホッとしたと思ったら、いつの間にかお盆の時期がやってきます。

初盆は亡くなった方が初めて家に帰ってくるお盆なので、より丁寧に供養する習慣があります。

そんな時に、役に立つ記事はこちら。

喪中のマナー

喪中は、身を慎みひっそりと過ごすものとされています。

自分が喪中でも相手が喪中でも迷うのが、年末年始の過ごし方やご挨拶のこと。

おせち料理はやめるけど、年越しそばはどうする?
子供たちが楽しみにしているお年玉はダメなの?
寒中見舞いのマナーは??
などなど、アナタの困ったにぜひ役立てて下さい!

さいごに

迷いやすい葬祭のマナーについて、まとめてみました。

一番大切なのは気持です。
でも、形式が整っていたほうが気持も伝わりやすいものです。

お伝えしたことが、あなたの気持を伝えるお役に立ったら幸いです。

コメント