お中元やお歳暮 両親にも贈るのが大人のマナー?

お中元やお歳暮を包む風呂敷

結婚してからドドォーンと直面するのが、これまで親に任せっきりだったお付き合いのことですね。

たとえば両親・義両親へのお中元やお歳暮を贈るべきかどうか迷いませんか。

ママ友たちがどうしているのかリサーチしてみると、

「近所に住んでるし、しょっちゅう行ってるから何もしてない」
「いらないって言うからしてない」
「実家にはしてないけど、旦那の実家にはしてる」
「帰省の時に合わせて持っていく」

などなど、色々なパターンがありました。これじゃ、ますます混乱しますよね(;^_^A アセアセ

そこで、困ってるアナタをすこーしだけ人生の先輩である管理人のわかながお手伝いしますよ~。
今回のテーマは、

両親・義両親へのお中元・お歳暮マナー

です。

スポンサーリンク

お中元・お歳暮の意味は?

お中元やお歳暮で感謝の気持ちを表す

一般的に、お中元やお歳暮はお世話になったお礼の気持を伝えるなんて言われていますね。

ですが、驚くことに本来はお供え物だったんですよ。

「( ゚Д゚)ハァ?お供え物ってどういうこと?」

そうそう、気になりますよね。そこで、まずはお中元とお歳暮の意味について詳しくお伝えするのでまずは下をご覧ください☆彡
お中元の由来は?

お中元の由来は、中国から伝わってきました。
中国では三官信仰といって、天の神様を三元の日に祀る風習がありました。

三元の日とは、

  • 上元(1月)
  • 中元(7月)
  • 下元(10月)

それぞれの月の15日を言います。

そして、1月は天神様を、7月は慈悲神様を、10月は水官を祀りました。

このうちの慈悲神様が、お盆の行事と結びついて日本に伝わり、7月15日頃に仏様に供えるもの親戚や知り合いなどに贈る習慣ができました。こんな習慣が、江戸時代に庶民にも広まり現在のような形になったんです。

続いて、お歳暮の由来です。
お歳暮の由来は?

お歳暮は、御魂祭りが由来になっています。

正月に先祖の霊をお迎えするための行事でお供え物を、本家に届ける習慣がありました。

これが、お世話になった人への贈り物に変化していきました。

とまぁ、つまりはどちらもお供え物が変化したってわけなんですよ( ̄ー ̄)bグッ!

お中元・お歳暮の意味についてお伝えしたところで、次から、両親・義両親に贈るのが大人のマナーなのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

両親・義両親に贈るのが大人のマナー?

ここで、両親・義両親にお中元やお歳暮を贈ろうと思ったアナタに質問です。

「なぜ、両親・義両親に対して、贈ろうと思いましたか?」

ママ友
  • 結婚したら、贈るものだと言われたから
  • 自立した家庭としてそうするのが常識だから
  • いろいろお世話になっているから
などなど、いろんな理由があると思います。どれが正解なのか・・・・
答えは、どれも正解!なんです( ̄ー ̄)bグッ
お中元もお歳暮も、昔はお供え物でしたが、現在は感謝の気持を贈るものと言われていますよね。

なので、どなたに贈るかは>アナタの気持が一番大切なんです。

ただし、両親・義両親に贈る時は少し>気をつけたいポイントがありますよ。

それは周りとの調和と両家の習慣です。

両親・義両親が身内同士で、お中元やお歳暮を贈る習慣がなければ面倒だなと思われるかもしれません。
さらに、これからご主人の兄弟や親戚とは長い付き合いになるわけですよね。

ここで、最初のスタートから身内の調和を乱すと、

  • でしゃばり
  • 気が利かない

なんて厳しい評価がついちゃう可能性もありますΣ(゚д゚lll)ガーン

ショックを受ける女性

そんなことを避けるためにもまずはご主人と相談して今後、自分たち家族が両方の家とどんなふうにお付き合いをしていくのか決めましょう。

迷った時は兄弟や親戚がどうしているのかを確認して同じようにすると安心です(*^_^*)

ご主人が話し合いに協力的じゃなかったり、身内も贈らない人、贈る人とバラバラだとしたら、わかなの意見としては贈るほうをおすすめします。

その理由として、贈ってこなかったって思われるより贈っておいたほうが無難だからです( ̄ー ̄)ニヤリ

必要なければ、「来年からは、気を使わないでね」と連絡があるはずですから。

贈ると決めたら次に気になるのが「贈るとしたら、相場は?何がいいの?」ってことですね。

そこで、次から相場と選び方についてお伝えしますので参考にしてください。

贈るなら何が喜ばれる?相場はどれくらい?

一番気になるのが、金額の相場ですね。そこで、一般的な金額を表にしましたので下をご覧ください。

  • 親戚・知人・・・・・・・・・3,000円~4,000円
  • 仲人・上司・両親・・・・・・5,000円程度
  • 特にお世話になっている・・・5,000円~10,000円程度

お中元よりもお歳暮の金額が高くなる傾向にあります。

贈る時期や表書の書き方については、別の記事でくわしく書いたので合わせてお読み下さいね。

5分で解決!お中元とお歳暮の違いは?時期は?誰に贈ればいい?
知っているようで知らない、お中元とお歳暮について。違いや時期、誰に贈ればいいのか、そんな悩みをズバッと解消します。

贈るものを選ぶときに気をつけるポイントはこの2つ。

  • 両親・義両親の好みのもの
  • 高級感のあるもの
ここをを抑えると、失敗はかなり少なくなりますよ。

産地直送の食品や自分たちでは購入しないようなカニや海老、あるいはフルーツなどが特別感があって人気の傾向にあります。

特にカニは高級感があり、みんなで集まる年末には重宝されるお歳暮です。どうせならみんなでたっぷり食べられたらうれしいですねぇ(*´▽`*)

かにや海産物の厳選特産品専門店では、たっぷりの蟹をお得な値段で買うことができちゃいます。
お歳暮に迷ったら参考に覗いてみるといいですよ。



さいごに

今回は、両親・義両親に贈るお中元・お歳暮についてお伝えしました。

管理人宅では、両方の実家にお中元もお歳暮もしていません。贈っても遊びに行った帰りに持たされたりするので、最近はあえて贈らないことにしました。

とはいえ、なんにもしないのは嫌なので・・・・

みんなで食べられる、蟹や鍋セットをお取り寄せして、「おみやげだよ~。みんなで食べよう」って持って行っちゃうことにしています。

「まぁた、無駄遣いして」なんて声もしますが、ワイワイみんなで楽しむのが一番喜んでくれるんですよね(^^)。
わかな

生活の中の気になるを追求しちゃうのが大好き。
そんな、オタク主婦です。

フォローする
マナー・冠婚葬祭
スポンサーリンク

関連記事・広告

フォローする
トレンドハンター

コメント

タイトルとURLをコピーしました