年始の挨拶 取引先へはいつまでOK?

仕事始めといえば、取引先への年始の挨拶回りですね。

ご挨拶を交わして、今年も変わらないお付き合いをお願いする大切な仕事です。

ところで、気になってくるのが
年始の挨拶っていつまで使うことが出来るの?
1月中OKなわけないよね?

仕事始めの日に、全てのお取引先にご挨拶できればいいけど、そうはいかないのが現実。

  • いつまで年始の挨拶は使えるのか?
  • 挨拶の期間が過ぎたら、どうしたらいいの?

そこで、今回は年始の挨拶ついてお伝えします。

スポンサーリンク

年始の挨拶はいつまで使ってOK?

年始の挨拶は、松の内まで、使うとされています。

松の内とは、門松、しめ縄などお正月飾りを飾っておく期間のこと。
一般的には関東は1月7日関西は1月15日までとなっています。

挨拶回りは、なるべくこの時期まで済ませるといいですね(^^)

新年の挨拶をするビジネスマン

といっても、仕事始めの日から松の内までに、すべての取引先へ挨拶回りをすませることは難しい時もあるでしょう。

そんなときに、お役立ちのちょっとした抜け道があるんですよ。

次から、その抜け道についてお伝えしますね♪
スポンサーリンク

まずはメールでご挨拶を

本来なら、直接ご挨拶に伺うのが一番ですが、松の内を過ぎてしまう可能性がある!

そんな時は、まずメールでご挨拶をしておきます。

メールで挨拶をするビジネスマン

メールでの挨拶マナーについては、次の記事も合わせてご覧くださいね。

ビジネスメールで新年の挨拶!文例・書き方のポイント大紹介!
ビジネスメールで新年最初の挨拶をスマートにこなしませんか?送るタイミングと書き方のコツを紹介。例文を用意したのでご自由にお使い下さいね。

さらに、メールの最後の方に「◯◯日に改めてご挨拶に伺います。ご都合はいかがでしょうか?」、このような感じでアポイントをとっておくと好印象ですよ(*^_^*)

改めてお会いした時に、「先日は、メールで失礼いたしました。今後ともよろしくお願いいたします。」挨拶しておきます。

丁重な対応に、相手の好感度がググッと上がること間違いありません!

まとめ

年始の挨拶は、これからの一年をスタートする大切な区切りです。

  • なるべく松の内までに挨拶をすませる
  • 時期をはずしそうなら、メールを利用して挨拶をしておく
  • 後日、お会いした時に、改めて挨拶をする

このポイントを押さえれば、年始の挨拶マナーはもう大丈夫!

胸を張って、ご挨拶に伺いましょう☆彡

コメント