スポンサーリンク

家族葬のマナー!香典はどうする?弔電も遠慮するの?

「家族葬のマナーは普通の葬儀と違うの?」

新しい葬儀のスタイルとして、「家族葬」という言葉を耳にすることが多くなりました。

一般的な家族葬は、近親者だけで故人を見送るといった、親しい人だけで故人との別れをするお葬式になります。

弔問客の対応や準備といった遺族の負担も少なく、年々家族葬を望まれる人も多くなっているそうです。

とはいえ、まだまだ浸透していない家族葬なので「家族葬で行います」と連絡を頂くと、こちらが戸惑ってしまうこともありますよね。

とくに、故人や遺族から自分の家に対して、お香典を頂いた経験があったりすると
お香典はどうするの?
弔問も遠慮する?
などなど、わからないことだらけです。

そこで今回は、これから増えていくであろう家族葬のマナーについてお伝えします。

スポンサーリンク

家族葬とは、どんなお葬式なの?

家族葬とは、どういったお葬式なんでしょうか。
基本のスタイルとして、同居の家族及び近親者だけで行う小さな葬儀のことです。

家族で見送る

家族葬同居の家族のみ、あるいは3親等以内(配偶者・父母・祖母・曾祖父・兄弟・子・孫)で行う小規模の葬儀

とはいえ明確なルールがあるわけではないので、故人や遺族の考え方によってその形は変わります。

お香典を遠慮したり弔問や弔電を全てお断りすることもあれば、そこまで堅苦しい考えをしないケースもあるわけです。
一般的に、家族葬として共通してるのは次の点です。

それは、儀礼的な弔問等を遠慮するお葬式という点です。

同じ会社だった、近所だった、同級生だったから・・・といった世の中での儀礼的なお付き合を省いているのです。

参列できるのは身内だけ?

「お世話になったから」
「とても親しくしていた方だから」

このような理由で、最後のお別れに行きたい。そういった気持ちになることもありますね。
最後のお別れをしたい・・・あなたの気持ちはよくわかります。

ただ、その時に少し考えてほしいことがあるんです。

それは、故人やご遺族が「なぜ、家族葬を選んだのか」といったこと。

家族葬を選ぶ理由として、次のようなものがあります。

  • 故人が身内だけのひっそりとした葬儀をのぞんでいた。
  • 身内だけで静かに見送りたい。
  • 遺族が高齢で儀礼的なことを簡素化したい

このような理由を考えると、無理に押しかけることは、かえって故人やご遺族のお気持ちに反することになる可能性もあります。

私個人の考えですが、家族葬を選ばれたからということは弔問やお香典を遠慮したという意思表示と理解して、お気持ちを尊重してさしあげることが一番だと考えてます。
スポンサーリンク

家族葬では香典や弔電も控えるもの?

家族葬の主旨はわかったし、身内でない自分は参列を遠慮するということも理解できたけど、

  • 「香典を頂いている」
  • 「会社の決まり事がある」

そんな時はどうしたら良いのか迷いますよね。

家族葬の基本からすると、弔電や香典は控えるものです。

自分がもらっているからといった貴方の事情は、故人やご遺族には関係ありませんので気をつけましょう。

香典を渡す女性

それでも、どうしてもお渡ししたいといった気持ちがある時は、まず遺族にあなたの気持をお伝えして判断していただきましょう。

会社関係の時も、相手に事情をお話して相手の判断に任せます。

どちらの時も遺族の方に決めて頂くことが大切です。

まとめ

いかがでしたか?

家族葬はルールが明確でないところが多くありますが、基本は次の2つ。

  • 身内以外は、参列も香典も遠慮する
  • 自分の気持ちがすまないときは、遺族に相談させていただく
そして、一番大切なマナーは故人・遺族の意思を尊重することです。

コメント