スポンサーリンク

還暦は何歳?お祝いの時期はいつ?

還暦の祝いをみんなでする

親族や両親など、還暦が近い身内がいると、いつお祝いしようかなんて話題が出てきますね。

還暦という言葉は耳したことがあると思いますが、
いざ、お祝いしようと思うと気になるのがこの2つ。

  • 還暦はいくつで祝うの?
  • お祝いはいつしたらいいの?

遅くても困るし、早過ぎたら
「年寄りじゃない!」
なんて機嫌を損ねちゃうかも?

アレコレ悩んじゃいますよね(^_^;)

そこで、今回は、

還暦の年齡とお祝いの時期

についてお伝えしたいと思います♪

このページを最後まで読んで頂ければ、
うっかり間違えてお祝しちゃって、

「まだ、そんな年じゃないヽ(`Д´#)ノ」
「どうせ、忘れてたくせに・・・・(´・ω・`)」
なんて言われてしまう失敗をする心配はなくなります!

ではでは、さっそくまいりましょう☆彡

スポンサーリンク

還暦は何歳?由来はあるの?

まずは気になる還暦の年齡ですが、
還暦は60歳となっています。

なぜ60歳なのか、ちゃーーんと理由があるんですよ。

中国から伝わった、

十干十二支(じっかんじゅうにし)

が元になっているんです。

十二支は12種類
子・丑・寅・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥
十干は10種類
甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸

これを順番に組み合わせると、ちょうど60種類になるそうです。

生まれてから、
十干十二支(じっかんじゅうにし)が一周りして、最初に戻ってくる歳のことで、それがちょうど60歳なんです( ̄ー ̄)bグッ!

もう一度、スタート地点に戻るってことなんですよ。

なので、新たな第二の人生をスタートをお祝いをしましょうってわけなんです(*^_^*)

ところで、60歳で祝うと言っても、満年齢と数え年では、全然考え方が違います。

どちらでお祝いすればいいのか、困りますよね~

次からは、このことについてくわしく見ていきましょう。

還暦祝は数え年?満年齢?どちらが正しいの?

「還暦のお祝いは60歳です」言っても、
数え年と満年齢では、大きく違ってきます。

考える男女

そこで、数え年と満年齢の違いについてみてみましょう。

現在は、満年齢が一般的に使われていますが、以前は数え歳が主に使用されていました。

いつから変わったのかというと、
1950年(昭和25年)1月1日施行に「年齢のとなえ方に関する法律」 が、
それまでの数え年から満年齢に変更するために制定されました。

この法律により、年齡といえば満年齢を言うようになったんです。

では、数え歳と満年齢の違いを比較してみましょう。

満年齢
生まれた年を1歳と数えるので、誕生日といった考え方はありません。一斉に元旦に年を加算します
満年齢
生まれた年から次の誕生日を迎える前日までを、0歳と数えて誕生日ごとに年を加えていく方式のことです。

還暦を祝うのは、

  • 数え年なら「61歳」
  • 満年齡なら「60歳の年」

になりますね。

スポンサーリンク

還暦のお祝いの時期はいつ?

これまでは数え年でお祝いしていたことを考えると、お正月明けなどに行うのが本来の形に近いのかもしれません。

昔は、お正月から節分(立春)の頃までにお祝いを済ませるのが一般的だったようです。

祝い膳

ちなみに、管理人の父は2月生まれなので、
ちょうど、正月明けの時期にピッタリでしたから、あまり悩まなくてすみました(*^_^*)

とはいえ、最近では、満年齢を基準とする人が多くなり、お誕生日の前後にお祝いをすることが多くなっています。

人によっては、定年を迎える時期とも重なるので、こういったタイミングで合わせてお祝いするとケースもあるようです。

家族や親戚なども集まりやすいことも、
理由の一つみたいですよ( ̄ー ̄)bグッ!

みんなで祝いう

なるべく大勢でお祝いするのもプレゼントの一つと考えると、集まりやすい時期にお祝いにするのも一つの方法ですよね~。

管理人も、父の誕生日にお祝いをしました。

日程を決めるにしてもお正月明けだと、いつにする??なんて打ち合わせも必要です。

誕生日なら事前にわかっているので、みんなが予定を立てやすいといったメリットもありますよ(*^_^*)

まとめ

今回は、還暦の年齡とお祝いの時期についてお伝えしました。

これまでお伝えしたことをまとめると、

  • 還暦は満年齢で60歳の年・数え年で61歳でお祝いする
  • 基本は、お正月から立春の頃にお祝いを済ませる
  • 最近では、満年齢を基準にするので、誕生日など集まりやすい日のお祝いが一般的になっている

みんなが集まりやすい時期を選んで、お祝いしてあげることがきっと一番喜ばれると思いますよ。

ぜひ、素敵な日にしてくださいね☆彡

コメント