初盆の香典 金額の相場は?表書きはどう書く?

「初盆に招かれた!」
お盆のしきたりや、風習は地方によって違います。
・・・・が、大人として、基本的なことは知っておいたほうがいいですね。

初盆に招かれて、一番気になるのって、
お金のことじゃありませんか?

スポンサーリンク



じつは、管理人も初盆に招かれたとき、
なーんにも知らなくて、とっても不安でした。

常識はずれの金額で、常識のない人なんて、
コッソリ言われるんじゃないか。
・・・なんて思ったりしました(;^_^A アセアセ
(え、考えすぎ??・・・だって、心配だったんですよ)

このブログに来てくださったアナタも、
イロイロ心配に思っているんですよね。

その気持は、良くわかります。

とくに、お金に関係することは、とってもデリケートで、
人間関係を左右する可能性もありますから。

でも、もう心配いりません。

今回は、

初盆のお香典の相場と表書きについて

ばっちり、お伝えします!

ではでは、まいりましょう~(`・ω・´)ゞ

初盆とは?

まずは、あまり耳慣れない、初盆についてお伝えしますね。

初盆とは、亡くなった人が初めて家に帰ってくるお盆のことです。

言い方は、地方によって様々で、
新盆(にいぼん・しんぼん・あらぼん)」などとも言われてます。

葬儀の時の花

初盆の時は、とくに丁重に供養するのが一般的で、
親戚や知人などを招き、 法要が行われます。

じつは、お盆の前に亡くなったすべての人が、
その年に初盆を迎えるわけじゃないんですよね。

仏教では、亡くなってから49日の間は、
まだ成仏していないとされ、
49日が過ぎて、ようやく成仏したとされてます。

初盆の時期について、もっと知りたい方は、
↓↓で、くわしくお伝えしているので、合わせてお読みくださいね。

スポンサーリンク

初盆の香典の相場は?

香典の金額の相場は、一般的に
3,000円から10,000円程度となっています。

もし、兄弟や親戚などと一緒に参加するのであれば、
事前に相談すると、足並みが揃っていいですよ。

基本の表書きは次のようになります。

表書き
  • 品物をお供えするときは「御供」
  • 現金のときは「御佛前」「御供物料」

香典袋は、白黒あるいは黄白の水引で結び切りの物になります。

水引の色は、どちらでも大丈夫ですが、
地域によって違うものなので、確認すると安心です。

香典を差し出す男性

初盆のお供え物は、果物や故人が好きだったものを用意します。

ただ、好きだった食べ物などは重なることもあるので、
ちょっと、注意が必要かもしれません。

じつは、管理人の祖父の初盆の時に、
好きだったどら焼きが重なってしまい
毎日、家族でどら焼きを食べ続ける事になったんですよ(;^_^A アセアセ

こんなこともあるので、傷みやすいものを避けるなど、
ご遺族への心遣いをしてあげるといいと思いますよ。

オススメなのは、 つぎのようなものです。

線香・ろうそく・抹香・日持ちのするお菓子

重なっても困らないものがいいと思います。

まとめ

今回は、初盆の香典と表書きについてお伝えしました。
なれないことで、緊張すると思います。

故人を偲び、みんなで供養する気持が一番大切ですね。


スポンサーリンク

関連記事・スポンサーリンク



コメントを残す