安産祈願 初穂料の相場は? のし袋の種類と書き方は?

安産祈願は、シッカリやらないとね!
そう思ってる貴方、感心です!しっかり者ですね。

もしかして、初めての赤ちゃんですか?
おめでとうございます!楽しみですね☆彡

ところで、
「お参りに行くなんて初詣だけだったし。
安産祈願のお金のマナーはどうなってるの?」

なんて安産祈願の準備に迷っていませんか?

でも、ご安心ください(゜∇^d) !!

あなたより、ちょ~っとだけ人生を長く生きてる管理人わかなが、
安産祈願の初穂料の困り事を一挙にまとめました。
(チョット長生き?ってツッコミはなしでお願いします~
(^^ゞ))

スポンサーリンク



安産祈願のお金の相場ってどれくらい?

まずは一番気になる金額のお話からしますね。

安産祈願を考える妊婦さん

一般的に安産祈願の初穂料の金額の相場は、
5千円から1万円
と言われています。

最近では、金額がはっきり提示されている場合もあるので
お参りの前に問い合わせをするといいですよ。

・・・でもね、問い合わせをしても次のような返事だと困ってしまうことがあります。

  • お気持ちでどうぞ
  • 5千円からとなっております
  • なんだか、スッキリしない返事で余計に迷ってしまいませんか?(;一ω一||)

    じつは、この2つは似ているようで全く違う意味があるんですよ。

    お気持ちでどうぞと言われた時は、相場を参考に準備すればOKです。

    でも◯◯円からと言われた時は、
    お参り先の安産祈願の最低の基準額 が、
    その金額というなんです。

    つまり、「5,000円から」と言われたら、最低限5,000円は準備する必要があるってことなんです( ̄ー ̄)bグッ!

    それ以上の金額を用意するかどうかは自由です。

    お参り先によっては金額の違いで、
    授与品(お守りや御札等)の品数が
    違ってくることもあります。

    合わせて確認しておくと安心ですね♪

    安産祈願のお金についてわかったところで
    次はお金の包み方や表書きについて見ていきましょう。

    スポンサーリンク

    どんな封筒に包んでもいいの?

    安産祈願のお金を包むために用意する封筒は、

    • 水引(紅白蝶結び)
    • 白い封筒

    のどちらかです。

    表書きは次のように書きます。

    上段
    初穂料
    または御初穂料
    下段
    フルネームで夫婦連名
    または姓のみ

    安産祈願ののし
    安産祈願ののし連名

    書く時はボールペンでもいいですが、筆ペンのほうが見た目もよく、書きやすいのでオススメです(^^)

    その他のポイントとして、次のことがあります。

    • 初穂料のお金は新札で
    • 金額がはっきりしている時は、封をしないほうがいい

    個人的な意見ですが、赤ちゃんの最初の行事ですから新札のほうが気持ちいいと思います☆彡

    お参り先によっては受付の時に封筒を開けて、金額を確認されることもあります。
    なので、きっちり封をすると開く手間がかかるので封は軽くしておくほうが無難です。

    最後に

    安産祈願の初穂料についてお伝えしました。

    最近では
    「安産祈願◯◯円・七五三参り△△円・厄除け祈願◆◆円・・・」
    と、デカデカと表示され、現金を添えて申し込み用紙に記入するだけでOK
    というところも増えてきました。

    のし袋を準備していっても、受付で「袋から出してください」と言われる時もあります。

    せっかく用意したのに、ムダになった(;_;)
    なんて、がっかりですね。

    そんなことを避けるために、お参り先が近所であれば行かれた方に様子を聞いてみたり、
    事前に、お参り先に問い合わせてみるとムダになりません。

    私も安産祈願の時は
    電話で問い合わせましたが、親切に教えて下さいましたよ。

    問い合わせをした時に、あまり良い対応でなかったとしたら・・・

    それこそ、大切な安産祈願ですもの、
    そちらとはご縁がなかったんだってことで、
    別のお参り先にレッツゴーです。

    だって、せっかくの安産祈願が、
    不愉快な気持ちで過ごすことにならなくて、
    ラッキー ってことですから。

    無事なご出産をお祈りしてますね(^O^)/

    安産祈願の記事をまとめてあります。よかったら合わせてお読みください。

    ↓ ↓ ↓


    スポンサーリンク

    関連記事・スポンサーリンク



    コメントを残す