あげるのが当然!?お盆玉とは?相場はいくら?

「お母さん、今年はお盆玉ちょうだいね~(・∀・)」
「は・・・?」
お、お盆玉・・・?それってなに?

なにやら、お友達から新しい知識を仕入れてきた娘。

きけば、お正月のお年玉と同じように、
お盆に貰えるのがお盆玉といったものらしい。

母、初耳なんですけど?

それって、お友達にからかわれてるんじゃないの?
そう思いつつ、よく知りもしないで、
お友達を悪く言うも、抵抗があったので調べてみることに。

すると、ありましたよ、お盆玉

一体いつから、こんな習慣ができたの?
私が知らなかっただけ?
親戚の子にあげてないけど・・・。

もしかしたら、今までマナーに欠ける行動をしていたの?Σ(゚д゚lll)ガーン

考えれば考えるほど、
知らないうちに恥をかいていないか心配になります。

この記事を読んでいるアナタも
同じような疑問をもっているんですよね?

そこで、

  • お盆玉は渡すのが常識?
  • お盆玉の由来はどこから?
  • 相場はいくらくなの?

について、徹底的に行っちゃいますよ。

最後まで読めば、アナタの不安も疑問も
スッキリ解消されます(*^_^*)

スポンサーリンク



お盆玉ってなんなの?

お盆に親戚が集まったり、帰省した時に、
お小遣いを頂いたことがありませんか?

最近、言われている「お盆玉」は、
そのお小遣いのことなんですよね。

それだったら、私も小さい頃は頂いていたし、
甥っ子にあげることもありました。

お小遣いをもらって喜ぶ子供

でも、「お盆玉」なんて呼び方はしていませんし、
聞いたこともなかったんですよね。

それに、お年玉と違って、必ずあげるみたいな、
習慣はなかったと思います。

じつは、お盆玉というネーミングは、
ある企業から出たもののようですよ。

マルアイという紙製品や包装用品の製造販売をしている会社が、
2010年に夏の風物詩をデザインしたぽち袋を販売したんです。

お盆玉」は、
この会社の造語で、商標登録されています。

つまり、お盆玉は企業戦略だったわけですね。

その後、ゆうちょ銀行が、夏の新習慣として、
お盆玉袋の販売したことで、一気にメジャーになったようです。

「なぁ~んだ、じゃ、特に由来なんてないのね」

いえいえ、ところがそうでもないんですよ( ̄ー ̄)ニヤリ

ちゃんとお年玉と同じように、言われがありました。

つぎから、お盆玉の由来についてお伝えします。

スポンサーリンク

お盆玉の由来を簡単に

お盆玉の由来は、江戸時代までさかのぼります。

江戸時代、東北地方では、奉公人に、
衣類や下駄などを渡す風習があったそうです。

丁稚さん

今のボーナスみたいなものでしょうか(*^_^*)

その後、昭和初期になると、
それが子供や孫へのお小遣いといったふうに、
変化していったんです。

一部の地域では、これを「盆玉」と呼んでいて、
昔からの風習なんです。

そして、先ほどお伝えしたお盆玉袋の
発売により、知名度が上がったってわけです。

お盆玉の相場はいくら?

さてさて、気になるお盆玉の相場ですが、
じつは、お盆玉自体がメジャーのなって日も浅いので、
コレがマナーです!

という決まりが明確じゃないんですよ(^_^;)

管理人みたいに知らない人だって居るくらいですからね。

渡す時の相場の目安としては、お年玉より少なめが一般的のようです。

お年玉の相場を載せておくので、参考にお使い下さい。

[table “” not found /]

お盆玉を渡すのが常識?

新常識?と思ってしまいそうになりますが、
私個人の考えとしては、お住まいの地域にお盆玉の習慣がなければ、
こちらから出さなくていいいと思いますね。

とはいえ、親戚が集まってお小遣いを頂くなんて
機会があるようでしたら、
お盆玉袋を用意しておくのも、スマートな方法ですね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、夏の新常識になりつつある
「お盆玉」についてお伝えしました。

子供としては、お小遣いが増えるチャンスで
嬉しいでしょうけど、
あげる立場としては、あまり広まってほしくないのが
本音ですよね~(´・ω・`)


スポンサーリンク

関連記事・スポンサーリンク



コメントを残す