お雛様を飾るなら 雨水の日?意味は?2019年はいつ?

なぜ雨水の日にお雛様をかざるといいの?
年が明けて少したつと、女の子がいる家では、
いつお雛様を出そうかとソワソワしてきませんか?

可愛い子供に、幸せになってほしい、
そんな思いがいっぱい詰まったお雛様です。

やっぱり飾り始める日にだって
こだわりますよね~(*^_^*)

ところで、お雛様は雨水の日に飾り始めるといい
聞きますが、どんな理由なんでしょう?

本当にそうなの?
由来は何?

あなたの「気になる」は、わたしの「気になる」♪

ではでは、ご一緒にレッツ・スタディーターイム☆彡

スポンサーリンク

雨水はどんな日?2019年(平成31年)はいつ?

お雛様を飾るのに良い日とされている「雨水」ですが、
そもそも雨水とは、なんの日なんでしょうか。

雨水は、2月19日頃から啓蟄(けいちつ)の前までの期間で、
2019年は2月19日(火)から3月6日(水)です。

期間の初日を雨水の日としていて、2019年は2月19日になります。

この日から、雪が雨に変わり春に向かっていく節目とされているんですよ。

きれいな水の流れ

これから春になっていくよ~って、お知らせの日なんですね(^^)

なので、昔は、雨水をさかいに、農作業の準備をはじめたりしたんですよ。

お雛様を飾ると良いと言われるのは、
この日に飾ると、ズバリ!

良縁に恵まれると、
言われているからなんです(〃∇〃)

やっぱり女の子は、すてきな旦那様と幸せになって欲しいですからね。

ただ、2月19日の雨水の日ですが、六曜は先負(せんぶ)となっていて大安ではないですね。
静かに待つのが良い日と言われています。
でも、おもしろことに午前中は駄目なんですが、午後からは「吉」とされているんです。
気になるようでしたら、午後から飾るのも一つの方法だと思います(*^^*)

スポンサーリンク

なぜ、雨水に良縁?

といっても、なぜ雨水と良縁が関係があるんでしょう?

理由は諸説あるようですが、
有名なものとして、
由来は、日本神話から来ているようです。

詳しく見てみると、
雨水から雪が雨に変わり、春に向かっていくので、
農作業の準備などが始まります。

この時期から、草木も芽吹き、雪解け水が川に流れ始めます。

じつは、水は命の源であるとされ、母と考えられていたんです。

なので、水の神様は、子宝の神様とされていたり、
安産の神様として崇められている地域もありますね。

おかなを優しくなぜるママ

このような理由から、お雛様を雨水に飾ると
良縁に恵まれると言われるようになったようです。

他には、新緑が芽吹くように良い縁が芽吹くといった説もありますよ。

最後に

いかがでしたか?

生命の源である、水の神にあやかって、雨水にひな人形を飾ると良縁に恵まれる

可愛い子供が幸せであるように願う気持ちの
現れなんですね(^^)

とはいえ、仕事があったり、都合があったりで、
雨水の日に飾ることが出来ないこともありますよね。

そんな時は、雨水でなきゃって、こだわるより、
ご家庭の都合に合わせて、楽しむ気持 で飾るのが一番大切ですよ☆彡

年中行事
スポンサーリンク

関連記事・広告

フォローする
トレンドハンター

コメント

  1. トオルッペ より:

    うわっ!一日遅れた〜(T ^ T)
    今日飾ります!
    新緑が芽吹くように良い縁が芽吹く。素敵なフレーズです。ありがとうございました。

    • わかな わかな より:

      トオルッペさん

      こんにちは、わかなです。
      我が家も今年は19日になってしまいました^_^
      素敵ないわれのある雨水ですけど、
      それぞれのお家のタイミングがありますから。
      楽しい節句をお過ごしくださいね~♪