土用の丑の日!夏だけじゃない?年に何回もある?

土用の丑の日といえば、「うなぎと熱い夏」のイメージですが、
じつは、年に何回もあるって知ってますか?

スーパーのチラシやコンビニの店内チラシに、
土用の丑の日」「うなぎ
なんて、文字が並ぶと、
夏だなぁって思いませんか?

うちの子どもは、
土用といえば「うなぎを食べる日」と
思い込んでいるようです(;^_^A アセアセ

こんなふうに、すっかり定着している、
土用の丑の日ですが、
じつは、夏だけじゃなくて、
一年に何回もあるんですって。

土用の丑の日が何回もあるということは、
その回数分「うなぎ」を食べるのがホントなの?

そんなことしたら、破産する~ヽ(´Д`;)ノアゥア…

だってね~、うなぎって高級魚でしょ?
そうそう、気軽に食べられるもんじゃないし。

とはいえ、ホントのところはどうなんでしょ?
気になりますよね。

そこで、土用の丑の日が何回あるのか、
毎回うなぎを食べるものなのか、
家計をかけて、いろいろ調べました。

ちょっとした知識の満足を、アナタにも
おすそ分けしちゃいます♪

ではで、さっそくまいりましょう!

レッツスタディーターイム

スポンサーリンク

2018年の土用の丑の日はいつ?

まずは、気になる土用ですが、
なんとなんと、春・夏・秋・冬それぞれにあるんですよ(^^)

いや~。てっきり、夏だけだと思っていました。

2018年を例にすると、

2018年土用の丑の日

  • 冬 1月21日(日)、2月22日(金)
  • 春 4月27日(金)
  • 夏 7月20日(金)、8月1日(水)
  • 秋 10月24日(水)、11月5日(月)

この中では夏の土用が一番有名ですよね。

ところで、上の表をみてアレって思いませんでした?

冬・夏、秋の土用の丑の日が、それぞれ2回ありますよね。

なんで、2回あるかというと、
土用の丑の日のサイクルに
答えがありました。

このサイクルについて、
次から、くわしくみていきましょう( ̄ー ̄)bグッ!

土用の丑の日のサイクル?答えはコレ

まず、土用について説明しますね。

土用とは、季節が変わる前の約18日間の事です。
ちょっと、下をごらんください。

  • 立春の前の約18日間
    (立春2月(3~5)頃)
  • 立夏の前の約18日間
    (立夏5月(4~6)頃)
  • 立秋の前の約18日間
    (立秋8月(6~8)頃)
  • 立冬の前の約18日間
    (立冬11月(6~8)頃)

年によって、季節の変わる日がずれるので約18日となります。

なので、土用は年間約72日間あることになります。

季節の変わり目

「四季の移り変わりなら、
土用の丑の日って、年に4回じゃないの?」

その、疑問はもっともです。

じつは、その秘密は「丑の日」にありました。

それでは、つづいて丑の日についてみていきましょう。

これは、十二支の中の丑(牛)のことです。

突然ですが、安産祈願は戌の日って言いますよね。

いきなり安産祈願の話しで驚かれたと思いますが、
じつは、丑の日を説明をわかりやすくするために安産祈願を例にさせて頂きます。

下の戌の日カレンダーをご覧ください。
月に2~3回、戌の日があります。

2018年戌の日カレンダー

2018年戌の日カレンダー
1月6日(土)赤口18日(木)先勝30日(火)先勝
2月11(日)先勝23日(金)友引
3月7日(水)友引19日(月)仏滅31日(土)仏滅
4月12日(木)仏滅24日(火)大安
5月6日(日)大安18日(金)先勝30日(水)先勝
6月11日(月)先勝23日(土)友引
7月5日(木)友引17日(火)仏滅29日(日)仏滅
8月10日(金)仏滅22日(水)赤口
9月3日(月)赤口15日(土)先勝27日(木)先勝
10月9日(火)先負21日(日)先負
11月2日(金)先負14日(水)仏滅26(月)仏滅
12月8日(土)赤口20日(木)赤口

なぜ何度も戌の日があるのかというと、理由は十二支が順番に日に割り振られているいるからなんです。

これと同じように丑の日も月に数回あるわけなんですよ。

・・・そして、土用の期間と丑の日が重なった時が、
土用の丑の日になるんですね~。

なので、1つの土用の期間に
丑の日が2回って場合もあるんですよ。

土用の丑の日はうなぎじゃなくてもOK?

さてさて、土用の丑の日が
年に何回もあるとわかったところで、
気になるのが「うなぎ

土用の丑の日はうなぎ?

土用の丑の日のたびにうなぎを食べる必要はあるのか?

気になる答えは・・・

ありません!

は~、よかった(;^_^A アセアセ

じつは、この土用の丑の日に「う」のつく食べ物を
食べると、病気にならないと言われてきたんです。

なので、「」なら
「うどん」でも「梅干し」でもOKなんですね~(*´艸`*)

うどんでもうなぎでも同じ

さいごに

いかがでしたか?

今回は、土用の丑の日について、
お伝えしました。

毎回は無理だけど、
やっぱり、年に1度位は贅沢に美味しいうなぎを食べたいですね~。

年中行事
スポンサーリンク

関連記事・広告

フォローする
トレンドハンター

コメント