小学生の読書感想文!親子で出来る簡単な書き方とは?

LINEで送る
Pocket


「はぁ、今年も読書感想文が残ってる」

すごーいため息ですが、もしかしてお子さんの宿題で困ってますか?

読書感想文が苦手な子供って、多いみたいですね。

子供が原稿用紙を前にして、何時間たっても書くことができなくて、
半べそをかいちゃうなんてことも・・・・

私にも覚えがありますが、親の方は
「だから早くしなさいって言ったじゃない」
なんて、横でイライラしたりして(;´▽`A“

今は中学生になった娘も、小学生の頃は読書感想文が嫌いで最後まで残っていました。

結局お休みの最後の方になって、親子で必死になって仕上げていましたね。

なので、あなたがため息をつく気持は良くわかりますよ~!

でも、ある簡単な方法を試してから
もう読書感想文の宿題でイライラする事はなくなりました。

そこで今回は、お困りのあなたのために

読書感想文をサクッと仕上げる書き方

をシェアしちゃいます!

折角の夏休みなのにイライラ怒ってばかりだと、お子さんも可哀想だし親だって辛くなります。

この方法を使ってサクッと読書感想文の宿題を終わらせましょう(*^^*)

スポンサーリンク


読書感想文をスムーズに書くためには?

読書感想文を書くために、必要なのが感想文を書くためのメモを作ることです。

「うちの子に、そんなの無理!」
「本を読んでも、ちっとも内容がわかってないし」

そうそう、そうなんです!

簡単に読書感想文のメモを作ることができれば、苦労してませんよね~~(;´▽`A“

大人でもそうですが、興味のない本を読んでいると文字を追うだけで精一杯になってしまいます。

内容なんて、ちっとも頭に入ってきませんよねぇ。

子供だって一緒です。

特に普段読書する習慣のない子は、本を読むことだけで一生懸命なんですよ。

そして、

  • つまらない
  • 面倒だ
  • 読書なんて嫌い

こんな気持ちで一杯になってしまって、イメージを膨らませて本の世界に入ることができません。

こんな状態で、感想文を書きなさいと言われても無理に決まってます。

そこで、大人の出番です!

ちゃんと内容を理解するサポートをしてあげればいいんです。

といっても、ちっとも難しいことはありませんから、安心してくださいね。

子供がワクワク楽しみながらできる、とっても簡単な方法です(*´▽`*)

具体的な方法を次から詳しく説明しますね。

スポンサーリンク


子供がしっかり本を読む方法とは?

読書感想文を書くためには、しっかり本の内容をわかってもらわないといけません。

といっても読書感想文を書くために、必要なポイントだけわかってもらえばわけです。

そこで本を読み始める前に、ぜひ言ってほしい魔法の一言があるんです(・ω・)b

その言葉とは、
「あとで、本の中からクイズを出すからね~(*^^*)」

どういうことかと言いますと、お子さんが本を読み終わったあとで親がインタビュー形式で質問をするんです。

この質問の内容こそが、読書感想文を書くための材料になるわけです( ̄ー ̄)ニヤリ

ここで気をつけて欲しいのが、間違っても、
「ちゃんと読んだか確認するからね!」
なんて言わないでくださいね。

とたんに、子供がやる気をなくしちゃいますから(;^ω^A

あくまで楽しんで本を読んでもらうことが目的ですからね。

質問する内容は感想文が書ける内容にします。

一例をあげますね。

  • どんなお話だったか
    →書き出しの部分になる
  • 誰が登場したか
    →登場人物の理解
  • どんなことがあったのか
    →ここが子供の印象に残ったところ
  • あったことに対して、自分はどう思ったか
    →感想文の中心になる部分
  • 自分だったらどうする?
    →まとめの部分

子供が読み終わったら、いよいよクイズタイムです♪
↓ ↓ ↓


質問者の写真
第一問!どんなお話だった?

解答者の写真
お友達とお買い物に行った

質問者の写真
正解!すごいね!では 第二問!
買い物に行った子の名前は?

解答者の写真
太郎と、花子と・・・たかし!


子供の答えをメモすることで
立派な感想文用のメモが仕上がるってわけです。

なれないうちは、大人がメモしてあげるとスムーズに進みます。

文字を書かせようとすると、全然ダメでも、
おしゃべりをさせると、驚くほどたくさんのことを話してくれるので、ぜひやってみてくださいね。

クイズを出すという一言で、一気に子供の集中力が増すんです(*^^*)

さらにやる気にさせる一言は、
「全問正解だったら、ご褒美あるよ~」

例えば、

  • ゲームの時間を1時間だけ延長する
  • お夕飯を好きなものにしてあげる

などなど、お子さんが喜ぶものがあると思います。

ちなみに我が家は、ハーゲンダッツのアイスが定番でした♪

そして、全問正解(答えてもらう)が目的なので、わからなければカンニングOKにしてください。

カンニング=本を見直すので、
これで、しっかりと内容がわかるようになりますよ。

最後に

小学生の読書感想文の書き方についてお伝えしました。

どうせ、お手伝いが必要なら、子供が楽しくできる方法で宿題を終わらせるほうが親にとってもラクですよ(*´▽`*)

さらに、質問するためには親も同じ本を読む必要があるので、
お互いに感じたことを話すことで子供の理解が深まります。

ぜひ、やってみてくださいね。


スポンサーリンク

関連記事・スポンサーリンク



コメントを残す