お詫びの品物の渡し方!許してもらえるタイミングはいつ?

LINEで送る
Pocket


「や、やってしまった・・・」

仕事でミスをしてしまい、お詫びに伺うなんてことになると、
これ以上失敗しないようにと緊張しますね(^_^;)

気持ちはわかりますが、少しリラックスしたほうが上手くいきますよ。

ところで、お詫びの品物の渡し方は大丈夫ですか?

「そういえば、お詫びの品物って
どのタイミングで渡すの?Σ(゚д゚lll)ガーン」

じつはお詫びするための訪問で、
持参したお詫びの品物を渡すタイミングを間違えると、

「なんて失礼なやつ・・・」
「これでは許せん!!・・・怒」

なんてことになり、
謝罪を受け入れてもらえないこともあるんですヽ(´Д`;)ノアゥア…

「えーー!!ど、どうしよう・・・」

ご安心下さい!

今回は、お詫びに行くアナタを応援するために

お詫びの品物の渡し方

について、きっちりお伝えします。

お詫びの訪問マナーは、普通の訪問マナーとは、
異なるところがあります。

その違いをしっかり覚えておくと
ビジネス以外でも役に立ちますよ( ̄ー ̄)bグッ!

スポンサーリンク


お詫びの訪問マナー

お詫びの訪問マナーで一番大切なのは、
この3つです。

  1. 最初にお詫びの言葉を伝える
    →相手が複数でも役職などで差を付けない
  2. 相手の不満や言い分をきちんと聞く
    →言い訳をしない
  3. タイミングを見てお詫びの品物をお渡しする
    →最初に渡そうとするのはNG

それぞれの理由について順番に説明しますね。

最初にお詫びを伝える

「お詫びの気持ちをわかってもらうために、
品物はすぐに渡したいのに!」

こう考えてしまうあなたの気持ち、とってもわかります!

お詫びの気持ちを伝えたくて
焦ってしまうんですよね(;^_^A アセアセ

普通の訪問ならOKなんですが、
残念ながら、お詫びの訪問ではNGなんです。

なぜなら相手は何らかの事情で、

  • 不快
  • 怒り

といったモヤモヤした気持ちを感じているはずです。

そんな状態のところに、いきなりお詫びの品を出されても、

  • 物がほしいわけじゃない!
  • これでごまかすつもり?

なんて、余計に気分を害してしまうことがあります。

相手が求めているのは、
起こってしまったことへの誠意ある対応です。

なので一番最初にしなくてはいけないのは、
お詫びの言葉を伝えることです。

 「この度は、ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。」

などの謝罪を伝え、深く頭を下げます。

相手の方が何人いらしても、
役職などで差をつけることなく、
どなたにも同じように謝罪します。

たとえ相手があなたより若くても、
キャリアが浅くてもです。

肩書で差をつけるような態度は、
あなたの信頼をますます損なうことになるので、
注意しましょう。

相手の話をしっかり聞く

丁重にお詫びを伝えたら、
次に相手の話をしっかりと聞きます。

この時は言い訳をせずに、
先方の不満や言い分を、
相手の気が済むまでお聞きします。

お詫びに行くための目的は、
先方の言い分をしっかり聞くことにあります。

時間がかかるかもしれませんが、
相手の気持ちが落ち着くまで、
しっかりと聞くことが大切です。

まずは最初が肝心です。
落ち着いて対応しましょう( ̄ー ̄)bグッ!

それでは次から、
相手の気分を害さずにお詫びの品物を渡すタイミング
についてお伝えします。

お詫びの品物を渡すタイミングは?

お詫びの品物を渡すタイミングは
たった1つです。

それは、
相手が謝罪を受け入れてくれた時
です。

  • 「今回はもういいです」
  • 「わかりました」
  • 「次回から注意して下さい」

などの相手が謝罪を受け入れてくれたと
わかる答えを頂いた上で、
初めてお詫びの品を渡して下さい。

と言っても黙って差し出すわけには行きませんよね(^_^;)
なんらかの言葉を添える必要があります。

じつは、この言葉が大切なポイントなんです。

そのポイントとは、
お渡しする前に改めてお詫びをお伝えすることです。

  1. 謝罪の言葉
    →「この度はご迷惑をお掛けして、誠に申し訳ございませんでした」
  2. 添える言葉
    「心ばかりではございますが、どうぞお納め下さい」
    「気持ちには足りませんが、どうぞお納め下さい」

お詫びに行くということは、
謝罪があったうえで、初めて品物がある
ということです。

あくまでもお詫びが優先なのを
最後まで忘れないで下さいね。

お詫びの品をお渡しするときも、
きちんとマナーにそって渡します。

品物を渡すときのマナーについては、↓で詳しく書いたので参考にして下さい。

スポンサーリンク


相手が見えなくなるまで気を抜かない

お詫びを受け入れてもらってホッとしてしまうと、
一気に気が抜けてしまうことがあります。

許していただけたと安心して、
「それでは失礼します」
なんて、あっさり帰ってしまってはいけません( ̄ー ̄)bグッ!

ほっとするあまり気が抜けてしまうのはわかります。

とはいえ、あまりにあっさりし過ぎてしまうと、
「反省していないのにポーズだけで
謝りに来たのではないか」

といった不信感を持たれてしまいますヽ(´Д`;)ノアゥア…

相手の会社を出るときに改めて
「本当に申し訳ございませんでした」
と、しっかり頭を下げて丁重にお詫びを伝えましょう。

最後をきちんと締めることで
あなたの誠意がしっかり伝わります。

新入社員の頃、よく面倒を見てくださった
先輩が失敗談を話してくれました。

発注ミスで、取引先に迷惑をかけて謝りに行った時のこと。

何とか許していただけて、ホッとして気が抜けて
退出するときに、いつもの癖で、
「どうもありがとうございました~」
と言ってしまったそうです。

幸い、先方の方は苦笑するだけで済んだそうですが、
「いま思い出しても冷や汗がでるよ。
一歩間違えば取引停止だったかもしれない。

と、苦笑いしていました。

許して頂いたあとが本当に気を引き締めるポイントです。

うっかりミスに気をつけてくださいね。

まとめ

お詫びの品物の渡し方についてお伝えしました。

お伝えしたことをまとめると

  • 最初にお詫びを伝える
  • きちんと相手の言い分を聞く
  • 謝罪を受け入れていただいてから
    品物をお渡しする
  • 最後まで気を抜かない

お詫びの品の渡し方一つで、
謝罪を受け入れてもらえないこともあります。

と言っても、品物を渡す事ばかりに気を取られて、
肝心なお詫びがおろそかにならないようにして下さい。

大切なのは、きちんと謝罪すること。

あなたの誠意が伝わるようにお祈りしています!がんばって下さいね!


スポンサーリンク

関連記事・スポンサーリンク



2件のコメント

  • たま

    参考になりました

    • わかな わかな

      たまさま

      こんばんは、コメントありがとうございます(*´-`*)

コメントを残す