トラブルにならないママ友の付き合い方は!?4つのコツを大紹介!

LINEで送る
Pocket


「新入学・新入園」あるいは、「お稽古」などなど。
子供が少し大きくなると、いろんなキッカケで
新しいママたちとの出会いがあります。

子供の環境の変化にともなって、
親の交友関係、とくにママの交友関係って、
かなり影響をうけるんですよね(;^_^A アセアセ

特に、新入園や入学は、
子供もママも不安でいっぱい。
トラブルにならないで上手くやっていけるかしら(´・ω・`)

うんうん、管理人にも覚えがあります。

子供の入園からスタートして、
ビックリするようなママに出会ったり、
素敵だなぁって思うママと知り合ったり。
山あり谷ありの経験をしてきました。

そんな中で、管理人が体得したのが、
ママ友づきあいの
トラブルを避ける4つのポイント

これでなんとか、
今まで大きなトラブルなしで、
乗り切ってきました(;^_^A アセアセ

そこで、不安いっぱいなアナタに、
管理人の実体験に基づいた、
ママ友づき合いのトラブルを避ける、
トラブルを避ける4つのポイント」を
ドドォーーンとプレゼントしちゃいます!

備えあれば憂いなし(`・ω・´)ゞ

この記事を読み終わった頃には、
きっと、不安も解消されるはず。

では、さっそくまいりましょう~

スポンサーリンク


ママ友と友達は違うもの

ママ友との出会いって、子供を通してが基本です。

いろんな出会い方がありますが、
次のパターンで知り合うことが多いですね~

ママ友との出会いは
  • 園への送り迎えの時間が一緒
  • PTA役員になった
  • 子供同士が仲良し
  • 子供の習い事で知り合う

最初は、挨拶を交わす程度の間柄が、
時間が経つにつれて、親しい関係になってきます。

会う回数が多くなるにつれて
しだいに挨拶だけから、
子育てのコトや買い物のことなどに
発展していきます。

例えば、

「もう、この子ったら、人参が苦手で」
「そうそう、うちもなのよね~」

こんな風に、共通の話題で盛り上がるうちに、
だんだん、誤解をしちゃうことがあるんですよ。

誤解って・・・?

ママ友は、子供がいてのママ友なんです。

そこを忘れると、お付き合いのブレが出てしまい、
トラブルになる可能性があるんです。

わかりやすく説明すると、
アナタが友達だと思っても、相手にとっては、
アナタ=ママ&子供のセット
のお付き合いかもしれません。

子供たち

チョット考えてみてくださいね。

会社で、同じ部署だった時は、
それなりにお付き合があったけど、
異動や退職後にお付き合いを続けた人
どれくらいいますか?

つまりは、そういうことなんです。

ママ友となると、
長い時は、幼稚園(保育園)から中学校までと、
お付き合いの期間が長くなるケースがあります。

人によっては、高校も一緒というケースだって
あり得ます。

すると、お互いに相手との距離感が
掴めなくなる事があります。

少しひいたお付き合いが、第一のポイントです。

ママ友は、子供が同じ園や学校に行っている限り、
会わないわけにいかないものです。

うっかり、立ち入りすぎたり、
立ち入られすぎたりで、気まずくなっては、
あとあと、面倒なことになります(´・ω・`)

なので、
ママ友=友達ではない
コレぐらいの気持で接すると、
調度よいバランスになりますよ。

ママ友のバランス

ここまで、ママ友の基本をお伝えしましたが、
いよいよ、次からは気になる、
お付き合いのコツをくわしく見ていきましょう!

口は災いのもとを心がける

いよいよ、ココからは、
ママ友とのお付き合いのコツ
お伝えします。

なんといっても気をつけるポイントは、
」です。

ママ友とのおしゃべりは楽しい話も多いですが、
うっかりで、災いのもとにならないように、注意が必要です。

ママ友とのおしゃべりで失敗しやすいのは、

  1. 人のうわさ話
  2. 子育てやしつけの方針について

大体のトラブルがこの2つから、
スタートしているようです。

その理由を、次から、くわしく見ていきましょう。

 icon-check-square 1.人のうわさ話

トラブルの一番の原因となりやすいのが、
うわさ話です。

じつは、悪口さえ言わなければ、大丈夫といった、
単純な話じゃないんですね(;^_^A アセアセ

悪口だけでなく、ちょっとした事でも
他人に事を話すのは控えます。

例えば、

  • Aさん、GWはハワイに行くんですって
  • Bくんは、◯◯塾に通ってるんだって

こんなふうに悪口じゃなくても、

本人がいない
本人が話題にしない
そんな時は、アナタから話題にするのは避けましょう。

おしゃべりな人」「他人のウワサ話が好きな人」なんて、
誤解をされることもあるんですよねΣ(゚д゚lll)ガーン

それに、自分のことを、勝手に話題にされるのを
嫌う人もいますので気をつけます。

もちろん、悪口は絶対に言わないようにします。

私のママ友のケースですが、
「そうなんだ~」って相槌を打っただけで、
同意したから、仲間よねって思われて、
あやうくトラブルになりかけたケースもあります(´・ω・`)

こんな雰囲気になりそうな時は、
用事があるからといって、サッっと
その場を離れるのが一番です( ̄ー ̄)bグッ!

あとから、アナタのことを
とやかく言うかも知れませんが、
逆にそんな人とお付き合をしても
いいことはありませんよ。

そっとフェードアウトすることも視野に入れましょう。

 icon-check-square 2.子育てやしつけの方針について

自分の考えとは違う、しつけの方針のママもいます。

それを否定したり、批判したりするのは、
お互いに不快になります。

こんなことありました

幼稚園に入ったばかりの頃、
うちの子は絵本をよく読んでいました。

小さい時から本が大好きで、
園には自宅にない本がたくさんあったので、
嬉しかったみたいです。

あるママさんが、
「娘ちゃん、本ばっかり読んでガリ勉みたいね~
お家にも本がいっぱいあるって言ってたし。
将来は東大でも行かせるの?」

我が家では、
本は好きなだけ読ませてあげようと
考えていたので、コツコツと買い揃えていました。

そのママさんは、冗談のつもりだったんでしょうけど、
すごく、不快な気分になりました。

もし、すごく親しいママさんだったら、
「そうね~、そのつもりよ」って
笑い話に出来たかもしれませんね。

こんなふうに、相手との距離感を間違えると、
知らないうちに、不愉快な思いを
させているかもしれないので注意が必要です。

相手との距離を感じるのは、
なかなか、むずかしい事なので、
口出ししないのが一番だと思います。

詮索されても上手にかわすコツ

あまり親しくないのに、
あれこれ聞いてくるママさんもいます。

例えば、

  • ご主人のお勤め先は?
  • ご実家はどこ?
  • ご両親は何してる?
  • 習い事の月謝はいくら?
  • 食費はどれくらい?
  • GWは、どこに行くの?
  • この前のお休み、車を見かけたけど、
    どこに行ったの?

などなど。

え--?まさか。大げさに言ってるだけでしょ~

いえいえ、これ、ぜーーんぶ、
私が聞かれたことです。

自分の中で、答えてもいいと思っているなら、
気にしないでいいのですが・・・・。

ただ、このタイプの人に答えたことは、
他のママにも筒抜け
だと思ってくださいね(;^_^A アセアセ

聞かれると、
「答えないと雰囲気が悪くなるかも・・。」
なんて、嫌でも答えなきゃいけないと
思いがちです。

でもね~、答えたくないことは、
無理に答える必要はありませんよ(^^)

サラリと、「そういう話は苦手なの」と、
流すのが一番です。

そこで、とやかく言うのなら、
お付き合いを控える目安になります。

スポンサーリンク

無理にお付き合いをしない

トラブルをさける、一番効果的は方法は、
無理なお付き合いをしないことです。

例えば、
「今日、ランチしない?」
なんて誘われて、
用事があったのに、無理に参加しちゃった。

なんてことは、しないほうがいいです。

最初から、自分のペースを守ることが、
トラブルを避けるポイントです。

最初から、無理な時は断ると、
相手も、あなたのことを、
そういう人だと、思ってくれるので、
後々楽です。

断るときも、
「残念だけど・・・」
「また誘ってね」
など、柔らかく断ると角が立ちません。

用事はないけど、気乗りしない
そんなことだってありますよね。

それだって、立派な理由ですけど、
言えませんよね(;^_^A アセアセ

そんな時は、
「体調が悪い」
が一番です。

偏頭痛がする、風邪気味でだるいなど、
後から、ばったり買い物先で会っても、
「良くなったんだねー」
で、気まずくならない理由がオススメです(・ω<)

最初は、無理して付き合っていても、
いずれ負担になり、断り始めると、
「冷たい」
「急に態度が変わった」
なんて、言われちゃいますので、
無理はやめましょう( ̄ー ̄)bグッ!

一気にお伝えしたので、
もう一度ポイントを
わかりやすくまとめてみますね。

  1. 急に距離を縮めようとしない
  2. 口は災いのもと、控えめが一番
  3. 詮索されても、無理に答える必要はない
  4. 無理に相手に合わせない

この4つが上手に付き合うコツです。

じっくり相手との相性を見るつもりで、
あせらずに、控えめにお付き合いしていくといいですよ。

ぜひやってみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ママ友とのお付き合いについて
お伝えしました。/p>

「めんどう~~(´・ω・`)」
そんな声が聞こえそうです^^;

そうです、人間関係を作るのって、
面倒なものです。

でもね、ママ友だって、いつしか
ママがとれて、友達になるケースだって
大いにあるんですよ。

私も、子供抜きのお付き合をしている
もとママ友がいます。
もう、ママはとれて友達なんですよ。

例えば、
「お茶しない?」
なんて誘っても、誘われても、
お互いに、
「今日は、気分が乗らないからパスしちゃう」
ってサッパリ言えちゃう仲です。

用事どころか、
気分」ですからね~(;^_^A アセアセ

そうなるまで、4年位かかったかなぁ。

そんなこともあるので、肩の力を抜いて
リラックスして過ごしてくださいね☆彡


スポンサーリンク

コメントを残す