下駄(草履)が擦れて痛い!対策と履き方のコツを動画で紹介!

LINEで送る
Pocket


着物を着ると、気分までシャキっとして、
姿勢まで良くなっちゃいませんか?

卒業式や入学式、夏の花火大会にお正月の晴れ着、
などなど。

季節ごとに楽しめる着物ですが、
普段履き慣れていない下駄や草履で
足が痛くなってしまって、

せっかくのイベントが楽しめないヽ(´Д`;)ノアゥア…

なんて、悲しいこともありますね~

そこで、今回お伝えするのは、

下駄(草履)の擦れ対策と履き方

についてです!

今回は、よりわかりやすーーくするために、
動画でお伝えしちゃいます♪

このページを最後まで読めば、もう安心!
足の痛みを気にすることなくイベントを楽しめます☆彡

スポンサーリンク


下駄で痛くならないカギは花緒(鼻緒)にあり!

夏に浴衣で花火を見る、日本ならではの風情豊かな行事ですね

でも、ここで必ず困っちゃうのが、下駄による靴擦れ・・・。

下駄も草履も基本の作りな同じです

それに、下駄は素足で履くものですから、
ダメージもかなりのモノになりますよね~。

下駄で足を痛くしないためは、下準備が大切なんですよ( ̄ー ̄)bグッ!

じつは、今年、娘が急に、
「友達と浴衣で花火大会に行く!」
と言い出しまして・・・。

しかも言い出したのが当日の午前中Σ(゚д゚lll)ガーン

下駄は去年のは小さくて履けないので、慌てて買ってきたんですよ!

当然、履き慣らしている暇なんてありません。

そこで、使ったのがこの方法です。

手順は、簡単な3ステップ!

  1. 花緒の前壺(親指と人差し指の間にくる部分)を上にググッと引っ張ります
  2. 花緒を左右に引っ張って広げます
  3. 花緒が柔らかくなるまで、モミモミします

では、動画をご覧ください。

下駄を履く前に、下駄の花緒を、ある程度伸ばして、
柔らかくしておくのがポイントなんですよ。

これで、ググーーと下駄で足を痛めるリスクが減りましたよ~!!

でもね、これだけじゃぁ、まだまだ、不足なんです( ̄ー ̄)ニヤリ

確かに、足が痛くなる可能性は低くなりましたが、
もっと低くするコツがあるんです!

そこで次からは、さらに足を傷めないコツをくわしくお伝えします。

下駄(草履)は履き方がポイント!

下駄や草履で最初に痛くなる場所はといえば、
足の親指と人差し指の間が多いと思います。

だってね~、この場所って普段は、
直接、何かが触れるところじゃないですよね~

皮膚だって柔らかいし・・・・・

そんな場所に、いきなり花緒(鼻緒)が当たって、
摩擦が起きたら、当然、擦れて痛くなりますよね。

となると、解決方法は、超簡単!

ズバリ!

花緒(鼻緒)が指の間に当たらないように履けばいいんですよ( ̄ー ̄)bグッ!

  1. 花緒の前壺(親指と人差し指の間にくる部分)に指の股が触れるまで入れない
  2. 花緒を指でつまむ感じで軽く引っ掛ける(浅く履く)

動画で見たほうがわかりやすいと思いますので、
ご覧ください。

たったこれだけのことで、
「指の間が痛い!!」
なんて、悲劇は避けられますよ~。

さらに痛みを防ぐ技は?

お伝えした2つの方法でも、痛みを予防できますが、
さらに、裏技をプラスしておけば安心ですよ。

さらに足を守るために
  • 足の指に間に石鹸を塗る
  • 歩くときは、前に重心をかけるように注意
    (イメージはつま先立ちで)
  • 念の為にバンドエイドを持っていく

靴擦れは、摩擦で起こるので、滑りを良くするために、
石鹸を塗っておくことで、摩擦を軽減できます♪

下駄や草履はズックと違い、前に重心をかけて歩く履物です。
ズックとおなじ感覚で履いていると、かかとが痛くなっちゃいますヽ(´Д`;)ノアゥア…

そして、備えあれば憂いなし!
少しでも痛いと思ったら、
早めにバンドエイドで処置すれば、
ひどくなるのを防げますよ。

まとめ

いかがでしたか?

娘は、この方法で足を痛めることなく、
(バンドエイドも使わずに)
無事に、花火大会を楽しんできました。

とっても簡単な方法ですので、ぜひ、おためし下さいね。


スポンサーリンク

関連記事・スポンサーリンク



コメントを残す