バナナの保存方法 夏に最適な方法はコレ!

LINEで送る
Pocket


栄養バランスもよく、ダイエットや便秘解消など、
あらゆる場面で登場するバナナ。

じつは、むくみの解消にとても効果があるんです。

安くてお手軽なバナナですが、
傷みやすく保存しにくいのが難点です。

少し青みがかかっているものを、選んできても、
暑い時期は、あっという間に、フニャっとしちゃう。

フニャっとしたバナナを持て余している貴方に、
教えちゃいます。
バナナを上手に、保存する方法を大紹介!

スポンサーリンク


バナナの保存方法の基礎

バナナの保存について調べてみると、
風通しの良い場所で、常温保存が基本。

ただし、25度以上になると、傷みやすいので
早く食べましょう。とのこと。

えっと・・・最近は、25度なんて、
夏場じゃありえない気温なんですけど?

突っ込みたいけど、とりあえず、
基本の保存方法をご紹介します。

吊るして保存

バナナスタンドやS字フックなどで、
吊るす方法が一般的に知られています。

メリット

そのまま置いておくと、接している面から
傷んでくるので、吊るすと長持ちします。

デメリット

暑い時期は、思った以上に熟すのが早く、
気がついたら、吊るしたところから、
重みで皮がむけて、落ちていたなんてことも。

冷凍保存

基本の冷凍保存は、次の通り

  1. バナナの皮をむく
  2. 1本つづラップで包む
  3. 保存袋に入れて冷凍する

ラップで1本づつ包むのが面倒なら、
そのまま保存袋に入れてもOK。

メリット

痛みがなく、長持ち。
a025
シェイクや、スムージーなど、
ひんやりドリンクが、手軽に作れる。

デメリット

自然解凍しても、べシャッとなるので、
そのまま食べられない。
冷たいのが苦手な人、冷えやすい人には、向かない。

あまり冷たいのが嫌で、自然解凍したバナナを
食べてみましたが、私はダメでした。

なんていうか、バナナじゃない・・・みたいな。

個人の趣味なので、気になる方は、
一度チャレンジしてみると良いかと思います。

以上が、メジャーな保存方法です。

スポンサーリンク

オススメは冷蔵保存

手軽にできるのが、冷蔵庫での保存 です。

冷蔵庫

え?冷凍保存はわかるけど、
バナナって冷やしちゃダメなんでしょう?

よく聞きますよね、バナナは暑い国の食べ物だから、
冷やしたら駄目になるって。

それは、正解なんです。
バナナを冷蔵庫で保存すると、
確かに、皮は黒くなっちゃうんです。

けれど、中身は大丈夫なんですよ。

保存の仕方はとっても簡単。

  1. バナナを1本づつラップつつむ(皮はむきません)
  2. 野菜庫で保存

冷えすぎを防ぐなら、新聞紙で包んで、
ビニール袋に入れてから野菜庫へ。

少しは、黒くなりにくいですが、
冷蔵庫の温度によっても違います。

この方法だと、常温で食べることも出来ます。

バナナは自分で熟そうとするので、
冷やしてやることで、この働きを弱めます。

なので、逆に、あまり青いものを冷蔵しちゃうと
美味しくないので、注意が必要です。

まとめ

上手に保存して、いつもでもおいしいバナナで
美容と健康をゲットしましょう!

暑い時期とはいえ、冷たいものを摂り過ぎると、
体調を崩しやすくなります。

また、夏の冷え性の原因ともなるので、
気をつけてくださいね。


スポンサーリンク

コメントを残す