夏こそ注意!温めるから冷える?その対策 NGかも?

LINEで送る
Pocket


「冷房で冷えるから、シッカリ対策しないと!」
うんうん、それは大事ですよ(*^^*)
夏の冷えは、そのまま冬の冷えに繋がっちゃうこともあるからね。

夏にシッカリ対策しておくことが肝心ですよ( ̄ー ̄)bグッ!

ところで、どんな対策してるの?

「暑いからこそ、お風呂にはいるのよ!」
そうそう、それって大事よ。

「あっつーいお風呂で一気に身体を温めるのよ。これで冷えも取れるわ」

え?え?

「あとは洋服よ。
きっちり、上着を着て絶対に脱がないから!」

ちょ、ちょっと待って--!!
そ、その対策、マズイですよヽ(´Д`;)ノアゥア…

「え~、なんでよ。バッチリ温めるてるのに(-_-メ)」

ま、まぁ確かに、温めてはいますよね。(;^_^A アセアセ

あのですね、冷え対策は、ともかく温めればOK!・・・じゃないんですよ。

ハッキリ言っちゃうと、間違った対策は、
かえって冷えを酷くすることだってあるんです。

「え--!し、知らなかった!」

しかーし!ご心配無用!
管理人にお任せください。

冷えと、戦って○○年!
(年がバレるので、この辺はオフレコでお願いします^^;)

そしてついに、冷えを克服してすごした年月が
冷えていた年月を上回った、奇跡の勇者! それが私です。

そんな管理人の夏の冷え対策を
冷えでお困りのアナタに、特別にお伝えしちゃいます(*´艸`*)

では、早速まいりましょう!

スポンサーリンク


温めればいいは、大きな間違い

「冷えたら温める。これが一番よね」

確かに、そう思う気持ちもわかりますけど、
冷え対策の根本は、冷やさないことなんですよ。

つまり、最初から
冷えないように工夫すること
が大事なんです。

そう言っても、ガンガン冷房の効いたオフィス。
こんな環境で、「冷やさない」なんて無理な話ですよね。

「そうそう!だから、あつーいお風呂で温めなきゃ!」

だ、だから、ちょっと待って下さいね。
温める方向を間違えると、かえって冷えちゃうんですったら。

その理由を次から詳しく見て行きましょう。

 icon-check-square 熱いお風呂で温まる

冷えた身体に、熱いお風呂
グーーっと温まる気がするし、疲れも取れそう(≧∇≦)/

でも、残念ながらNGです。

「ええ--!どうして?」

お風呂に入ることは、とっても良いことだし、冷え対策にも効果的です。

ただし、お湯の温度が問題なんです。

お湯の温度が42度の熱いお湯だと、
脈拍も上がり、汗も出るので、一気に身体は温まります。

ただし、それは表面の温度だけが上がっているだけなんです。

そして、汗を出すために毛穴が目一杯開いているので、
湯冷め 」しやすくなっちゃうんです。

そうすると、肝心の体の内側は冷えたまま、
そこに湯冷めのダブルパンチで、貴方の身体は、
冷え街道を、まっしぐらに突き進むことになるんですよΣ(゚д゚lll)ガーン

こんなことにならないように、
ちゃんとした入浴をしましょうね。

 icon-smile-o オススメの入浴方法は?

お風呂に入るポイントは?
  • お湯の温度は38度から40度が目安
  • ゆっくり10分以上浸かる

温めの温度で、ゆっくり入浴することで、冷えていた体の内部から
じっくりと温めてくれるので、冷え対策に効果的ですよ☆彡

ゆっくお風呂に入る女性

平日は忙しくて、ゆっくりお風呂に入るなんて無理!

温めでゆっくりお風呂にはいるのがいいのは、わかったけど、
そんな時間がないヽ(´Д`;)ノアゥア…

私も仕事をしているので、よーくわかります。

温めのお風呂に、ユックリなんて、
時間がないと無理ですよね。

そんな時におすすめな方法は、上がる時に足先や手先に水をかけることです。

シャワーから出る水

こうすることで、毛穴がキュッとしまって、
体内の温度を下がらないようにするんですよ( ̄ー ̄)bグッ!

これで、湯冷めを防いでポカポカをキープしちゃいましょ!

そして、週末など時間がある時に、じっくり温めて
体を労ってあげます。

ここまでは、冷えた身体を温める方法をお伝えしました。
次からは、冷やさない方法をご紹介しますね。

スポンサーリンク

冷え防ぐなら、部分保温が大切です

冷え対策は、冷やさないようにすることが一番!
だから、しっかり上着を着ておかなきゃ」

といっても、猛暑の中、厚着で大汗かいてたら、
その汗で、体が冷えて逆効果ですよ(;^_^A アセアセ

暑くて倒れそうなくま

夏でも温めておくと良いポイントは、たった3つなんです。

お腹・首・足、この3箇所を保温するだけで、冷え対策の効果は抜群です。

手軽な冷え対策
  • 首もとをスカーフでガードする
  • お腹は、薄手の腹巻きや吸湿性の良い肌着を着用する
  • 足元はパンツスタイルでガード
  • 制服がスカートなら、ブランケットを使う

それと、デスクの引き出しに必ず常備して欲しいのが
使い捨てカイロです。

ホッカイロ

「え--!夏場に不必要でしょう?」

確かに、毎日は必要ないと思います。
でもね~ご紹介したような冷え対策をしていても、
体調によって、冷えてしまうことがあるんですよΣ(゚д゚lll)ガーン

特に気にして欲しいのは、お腹です。

化粧室に行った時に、手のひらでお腹を触って
冷たいと感じたら、危険信号です。

すぐにカイロをお腹に貼って保温しましょう。
こうすることで、本格的な冷えを防止できるので、
ぜひ、カイロは常備しておいてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

冷え対策というと、温めることばかりを意識しがちですが、
冷やさないこと&温めることのバランスが大切なんですよ(*^^*)

暑い夏こそ、上手に冷えを防いで過ごすと、
その年の冬は、グーーンと楽に過ごせますから。

ぜひやってみてくださいね!☆彡


スポンサーリンク

コメントを残す