生理痛がひどい! 中学生でも痛み止めの薬は飲める?

LINEで送る
Pocket


「生理痛がひどくて辛い!!薬もいらない!もう、生理なんて、こなくていい!!」
アナタもこんな風に、思ったことありませんか?

じつは娘が中学生になった途端に、急に、こんなことを言い出したんです。

小学校の時はなんともなかったのに、
中学生になった途端に、ひどい生理痛で、
「お腹が痛い・・・動けない」
「気持ちが悪い、痛いよ~~」
なんて、訴えるようになったんです。

おまけに、頑張って登校しても、生理痛がひどくて、
保健室で休ませてもらうなんてことも、増えてきて・・・・。

とうとう、学校を休む日まで出てきちゃいましたΣ(゚д゚lll)ガーン

きっと、アナタも生理痛がつらくて、どうしようもなくて、
ココに来てくれたんですね。

わかりますよ~
生理痛って、本当にどうようもない痛みですから。

痛み止めだって、勝手に飲んでいいのか不安になりますね。

そこで、今回は、

中学生の生理痛と痛み止め

について、お伝えします。

さらに娘が実体験して、生理痛をやわらげた方法を、
アナタにも特別にお伝えします☆彡

ぜひ、最後まで読んで、参考にして下さい!

スポンサーリンク


中学生でも痛み止めは使える?

「すごく痛むんだけどヽ(´Д`;)ノアゥア…薬は飲んでいいのかな?」

我慢できない生理痛の時に、迷うのが、痛み止めのことですね。

生理痛で痛み止めを使うことについては、
生理は病気じゃないから、我慢した方がいい
なんて意見もありますが・・・。

でもあまりに痛いと、学校生活にだって影響があって困りますありますよね~

生理痛が痛くて動けない中学生

娘のあまりの痛がりように、
中学生なのに、こんなに生理痛がひどないんて、
・・・もしかして病気!?

なんて、心配になって産婦人科に連れて行こうとしたんですが、
本人がどうしても、病院はヤダと言いはるし( ´Д`)=3

おまけに薬嫌いで、市販の痛み止めも、飲みたがりません。

でもね、管理人としても、中学生なのに痛み止めなんて・・・、
と、飲ませるのに不安がありました。

そこで、管理人の、かかりつけの産婦人科の先生に聞いてみたところ、
「つらい思いをして生活に支障があるなら、
月の1日~2日くらい、痛み止めを飲んでも心配ない
といった、返事でした。

となると、個人差はありますが、あまりにも辛いなら、
痛み止めを使うのもひとつの方法ということですね。

でも、今まで痛み止めの薬を飲んだことがないと、
どんなものを飲んでいいのかわからないですよね~(;^_^A アセアセ

なので、つぎから、痛み止めを選ぶ時のポイントについてお伝えしますね。

痛み止めを選ぶ時の注意点

じつは、中学生の場合、痛み止めなら、なんでもOkってわけじゃないんですよ。

市販の痛み止めは、
15歳未満は、使用できないものがほとんどです。

その理由は、子供が使用できない成分が含まれているからなんです。

中学生が使用できない、市販の代表的な痛み止めは、

 注意!!15歳未満は使用できない痛み止め
  • バファリン
  • ロキソンS
  • ノーシン

などがあります。

家にあったから、なんて適当に飲むのは、絶対に止めてくださいね!

この他にも15歳未満は使用できない痛み止めがあるので、
箱や説明書をきちんと読んでから、服用してください。

15歳未満でも使用できる、市販の代表的な痛み止めは、

  • ノーシンピュア
  • 小児用バファリン

などがあります。

こちらも、きちんと説明書を読んでから服用しましょうね。

だだね~、親の立場から言わせてもらうと、
痛み止めが欲しい時は、一言相談してもらえる
嬉しいな。

黙って飲んだりされると、
つらい思いをしていることに気がつかなくて、
病院に行くタイミングを逃したり、
痛みが悪化して、どんどん飲む量が増えて大変なことになってた!
なんて心配もありますから。

それに、どんな成分が入っているのかなど、
いろいろ気になるしね~(;^_^A アセアセ

なので、相談してから飲むようにしてほしいなと思います。

痛み止めも、病院で処方してもらえるので、
市販の痛み止めを飲むのが心配だったら、
一度、通院してみるといいと思いますよ♪

女医さんが居らっしゃる病院も多いから、
ぜひ、お母さんに相談してみてくださいね。

あれれ?なんだか、不安そうですね。
まだ、心配なことがあるのかな?

「じつは、できるなら、薬はあまり使いたくないの・・・」

ん~、それもそうですよね。
痛み止めを飲まずにすむんだったら、
それが一番ですから(*^_^*)

そんなアナタのために、つぎから、娘がためして、
生理痛がやわらいだ方法をお伝えしますね。

とっても簡単な方法なので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク


痛みをやわらげるには?

あまりにひどい時は、上手に痛み止めを利用するとして、
その他にも痛みをやわらげる方法があります。

管理人の娘は、たった3つの簡単な方法をためして、
痛みがグーーンとやわらぎました!

なので、病院にも行かなかったし、
痛み止めも使うことがありませんでした。

その方法とは、
生理が始まる一週間ほど前から、終わるまでの間だけ、次のことに注意します。

生理痛をやわらげる方法
  • 冷たいもの・スナック菓子などは控える
    →血行が悪くなるの避けるため
  • 豆乳(200mL)を毎日1本飲む
    →豆乳に含まれるイソフラボンは
    エストロゲン(女性ホルモン)と
    同じ働きをするので、生理痛をやわらげる
  • なるべく肉食をやめて和食中心にする
    →肉はプロスタグランジン
    (痛みを感じやすくさせる成分)を
    過剰分泌させる原因になる

たったコレだけのことです。

娘の体質には、この方法が合ったようで、
随分楽になり、保健室に行くとこも、
学校を休むこともなくなりました

本当は、普段からスナック菓子をやめたり、
肉を減らせばいいんでしょうけど、
そう簡単にはいきませんよね(^_^;)

体質に合う合わないはありますが、
出来そうなことから、ためしてみてくださいね。

この他に、

  • 規則正しい生活
  • 適度な運度
  • 体を冷やさない

などといった、普段の生活習慣を、
整えることも効果があるので、
少しずつ、取り入れてみて下さい。

ところで生理の悩みは
一つだけとは限りませんよね~。
そこで、気になる生理の症状についてまとめました。
ぜひぜひ合わせて読んでくださいね。

まとめ

今回は、生理痛についてお伝えしました。

お伝えしたことをまとめると

  • 市販の薬は、年齡によって使えないことがあるので、
    きちんと確認する
  • 普段から生活習慣に気をつける

ぜひ、参考にして、生理痛をやわらげて、
勉強に部活動に、学校生活を楽しんでくださいね!


スポンサーリンク

関連記事・スポンサーリンク



2件のコメント

  • ひぃちゃん

    大変参考になりました!
    中1の娘も経血が多く、痛みもあるので、参考にします!
    ありがとうございました☺

    • わかな

      ひぃちゃんさん

      コメントありがとうございました。
      子供がつらがっていると
      本当に切ないですよね。

      少しでもお役に立てれば嬉しいです。
      娘さんが少しでも楽になるように
      お祈りしています!