コーヒーの香り 効果の違いは?正反対ってどいうこと?

LINEで送る
Pocket


「突然ですが、コーヒーは飲みますか?」
もちろん、管理人はよく飲みます。
こうやってブログの記事を書いているときも
横にはコーヒーカップがあります(*´艸`*)

コーヒーと言えば、香りも魅力の一つですね。
ふわっと漂うあの香りに癒やされますね。

香りにもいろんな効果があるって
言われていますが・・・

例えば、
「今日は残業だ!よし、コーヒー飲んで気合入れるか!」
なんて時と、
「う~~ん、疲れた。コーヒー飲んで休憩するか~」
なんて時では、求めていることは全く正反対。

どちらもコーヒーなのに、変だと思いませんか?

あなたの「気になる」は、わたしの「気になる」♪
ではでは、レッツ・スタディーターイム!

スポンサーリンク


コーヒーの効果はどんなものがある?

コーヒーには、いろんな効果・効能があると言われていますね。

よく言われるコーヒーの効果
  • ダイエット効果
  • 脳の活性化
  • むくみ解消
  • シミ予防効果
  • リラックス効果

ざっと並べるだけでも、これだけあります。
どれも美容と健康に良さそうな効果ですよね~

でも、ちょっと不思議なことに気が付きませんか?

よ~く見てみると、
脳の活性化
リラックス効果
これって、全く正反対ですよね。

シャキッとするのか、リラックスするのか、どっちなの?ヽ(´Д`;)ノアゥア…

さらに、コーヒーの効果は、香りにも同じように、
リラックス作用と脳の活性化の作用が
あると言われています。

いったいなにが起こっているのでしょうか?

コーヒーの香りはどこから?

コーヒー豆は、焙煎(ばんせいん)、
つまり乾煎り(からいり)をしないと、
あの独特の香りはしません。

コーヒー豆

そして、コーヒー豆の種類はもちろんのこと、
焙煎の仕方によって、香りも味も全く違うものになります。

さらに、珈琲の香りは一つの成分で作られているのではなく、
少なくとも800種類の香り成分があり、その香りが作られているんですよ。

もうお気づきかもしれませんが、
正反対の効果の正体は、焙煎の仕方と豆の種類の違いなんです。

スポンサーリンク

豆の種類によってどんな違いがあるの?

有名な実験によると、リラクックスしている時に
出現するアルファー波が一番多く見みられたのは、
グアテマラとブルーマウンテン。

さらに、深煎りのほうがリラックス効果が高いといった
実験結果も発表されています。

ドリップコーヒー

逆に、マンデリンやハワイコナでは、
リラックス効果は、ほとんど見ることが出来なかったそうです。

ところが、頭の回転を高める実験では、
マンデリンの効果が高かったそうです。

つまり、一口にコーヒーと言っても、
求める効果によって、飲み分ける必要があるって
ことになるんですね^^;

私は、これを知ったとき、即効でマンデリンを買ってきました。
だって、頭の回転が良くなるんですよ(*´艸`*)

コーヒーを変えるだけで、効率が上がるなら、
やらなきゃ損ですからね~。

まとめ

いかがでしたか?
コーヒーって奥が深いですね~。

これから、
「今日はリラックスしたいからブルーマウンテン」
「よし、頑張るからマンデリン!」
そう思ってコーヒーを淹れるだけで、効果が高まりそうじゃありませんか?( ̄ー ̄)bグッ!

ぜひ、あたなのコーヒータイムにためしてくださいね☆彡


スポンサーリンク

コメントを残す