結婚式招待状の返信 恥をかかない連名での返事マナー!

LINEで送る
Pocket


結婚式の招待状が届くと、 こちらまで幸せな気持ちになりますね。
けれど、同時に、失礼な対応をしないようにしなきゃって、
不安になってしまうのが、結婚式のマナー。

特に招待状の返信は、気を使うポイントです。

  • 招待状への返信はこれでいいの?
  • 連名で招待されたらどう書くの?

せっかくのお祝い事です、相手に不快な思いをさせないように、
しっかりと返信のルールを押えましょう。

スポンサーリンク


結婚式の招待状 返信の書き方の基本

基本のマナー 

招待状を頂いたら、遅くても2~3日以内には
返信はがきを出すようにします。

表書き

宛先は、「行」を2線の縦線あるいは、斜線で消します。
そして、横に「」を書き足します。

招待状の返信の書き方
結婚式の招待状への返信の書き方

間違っても、☓を書いたり、黒く塗りつぶすのはやめましょう。

おめでたいことなので、「寿」の文字を使って消すと、
より、お祝いの気持ちが伝わります。

裏面

出席、欠席どちらの時も、
基本の書き方は変わりません。

結婚式の招待状の返信裏面
結婚式の招待状の返信の書き方裏面

 icon-arrow-circle-right 出席の時
」「欠席」「御芳」を消し、出席に丸をします。
 icon-arrow-circle-right 欠席の時
」「欠席」「御芳」を消し、欠席に丸をします。

どちらの時も、お祝いの言葉を添えます。
また、事故や葬儀などと重なった場合は、
はっきりした欠席の理由をかかないのが、
礼儀です。

「どうしても外せない用事がございます」
などのように、やんわりと書きます。

  • 誠に残念ですが
  • ぜひ出席させて頂きたかったのですが

などように、出席したい気持ちはあるけれど、
やむを得ずといったことが、
伝わるような言葉を添えると、なおいいです。

スポンサーリンク

夫婦連名で招待されている時の返信の仕方

夫婦で招待された時

夫婦連名で招待された時は、
返信には、ちょっと注意が必要です。

ポイントは「出席者の人数 」がハッキリわかることです。

出席する

 icon-arrow-circle-right 2人で出席の時
基本の書き方にそって、出席に丸をつけます。
氏名は、夫、妻の両方を書きます。
さらに、お祝いの言葉を書くときに、
2人で出席させていただきます」「夫婦で出席させていただきます」などの、
出席の人数が、ハッキリ伝わるようにします。

 icon-arrow-circle-right どちらか片方のみ出席の時
基本の書き方にそって、出席に丸をつけます。
氏名は、出席する人の名前を書きます。

お祝いの言葉を書くときに、

「○○(欠席者)」は所用ため、「△△(出席者)」のみで
出席させていただきます。

などと、記載します。

招待者の方で、席次表にお二人の名前を入れたいなどの、
都合があるかも知れないので、妻の名前や参加する人数
わかりやすいように、配慮します。

まとめ

お祝いの気持ちは、返信をする時から、スタートしています。

返信はがきを受け取った時の、相手の顔を思うかべて、
準備がスムーズに進むように、配慮してあげれば、
きっと気持ちは伝わります。


スポンサーリンク

コメントを残す