年末の挨拶 ビジネスメール 送るタイミングと押さえるポイントは?

LINEで送る
Pocket


できるビジネスマンはメールを活用すべき
近頃、虚礼廃止や経費削減なんて理由で、
挨拶回りや社外への年賀状を取りやめにする企業も
沢山あるとか。

けど、現場で働く人にとっては、
今後のためにも、相手とのコミュニケーションは
絶対に必要ですよね。

こんな時こそ、メールを活用するチャンス!

年賀状より負担も少なく、
相手に返信の気遣いをさせなくてすみます。

スポンサーリンク


タイミングはクリスマス前後がオススメ

職種にもよるけど、仕事納めは
28日前後のところは多いはず。

クリスマスが終わると、いよいよ年末に向けて
ラスストスパートがかかります。

慌ただしくなる前の、12月25日頃が
送るタイミングとしてはオススメ。

クリスマスが終わると、いよいよ年末って
気分になりますからね^^

あまり早いと、マヌケな感じだし、
遅すぎると、

  • 仕事に追われてた
  • メールBOXが一杯だった
  • 交代制の休暇のためお休みに入ってた

こんな理由で、
気付かなかった、見てなかった ・・・
なんて悲しいことになりかねません!

スポンサーリンク

押さえるポイントは親密さ

年賀状より手軽な分、
どうやって書いたらいいのか
失礼にならないの?

確かに、悩むところですね。

メールは、1対1のやりとりだから、
相手との共通の内容に絞ったほうが
気持ちが伝わりやすいはず。

押さえるポイントは、こんなふうになります。

  • 件名を明確に
  • 相手個人の名前を入れる
  • 具体的なお礼を入れる
  • メールでの略式の挨拶のお詫びをする
  • 休業期間のお知らせ
  • 初日営業日・営業開始時間のお知らせ
  • 結びのあいさつをする

例文を用意したので、カスタマイズして
ご自由にお使い下さいね。

件名:本年は大変お世話になりました。

株式会社◯◯
△△部◯◯◯◯様

☓☓株式会社の△△です。
本年は大変お世話になりましてありがとうございました。

◯◯様のおかげで、つつがなく業務をすすめることができました。

☓☓企画の際には、◯◯様には、いろいろと教えていただき、
心より感謝しております。

来年は、さらにお役に立てますよう努めますので、
引き続きご指導くださいますようお願い致します。

メールで失礼ながら、年末年始のご挨拶とさせていただきます。

なお、弊社の年末年始の休業期間は下記のとおりです。

  • 12月◯日~1月◯日
  • 新年は1月◯日 9時30分から営業いたします。

どうぞ、良いお年をお迎えくださいませ。
来年もよろしくお願い致します。

——————————————–
☓☓株式会社
◎◎部
△△△△

まとめ

あまり堅苦しくなく、
サラッと読んでもらえるのが一番。

これなら、相手も返信に困りません。

挨拶が済んだら、年末に向けて、
いよいよラストスパート!

スッキリして新年をむかえましょう(*^^)v


スポンサーリンク

コメントを残す