ノックの回数とその意味とは?新社会人必見のマナー講座!

LINEで送る
Pocket


「ノックの回数と意味 決まりはあるの?」
就職が決まって、いよいよ新社会人!
おめでとうございます。
これから、頑張ってくださいね(*^_^*)

ところで、もう新生活の準備はOKですか?

「手帳?バッチリ!スーツも買ったよ~」
「スマホ新調しちゃったぁ~」

うんうん、なるほど~。
でも、チョット忘れてることありませんか?

社会人として、必要なマナーは大丈夫?

新生活がスタートする前に、
もう一度確認しておくと安心ですよ。

というのも、社会人になったら知っておいて当然だろうと、
思われてることって、結構あるものなんです。

ところが、意外と、基本的マナーを知らないままに、
社会人になってしまう人が多いんですよね~。

逆に、マナーが身についていると、
先輩や上司から、
「新人なのに、しっかりしてる!」
「見どころあるな」
と、最初から好印象を持ってもらえる可能性が大ですよ(*^_^*)

そう言っても、何から確認すればいいのか、
こまりますよね。

そこで、今回は、基本中の基本!
必要なシーンが多いのに、ちゃんと教えてもらう機会がなくて、
迷ってしまいがちな、
ノックの回数
について、お伝えします(`・ω・´)ゞ

私が使ってる、シーン別で、使い分け出来ちゃうコツも
コッソリお伝えしますね☆彡

スポンサーリンク


ノックをする意味は?

ノックとは、簡単に言っちゃえば、ドアを叩くことです。

では、何のためにするかといえば、
主に次の2つのためですよね。

  1. 相手の在室を確認する
  2. 入室の許可を求める

だったら、回数なんて関係ないと思いませんか?

乱暴に言っちゃえば、音を出して相手に気づいてもらえれば
なんらかのリアクションがあるはず(^_^;)

考えるビジネスマン

あえて、ノックの回数に拘る理由って何でしょうか?
次から詳しく見て行きましょう!

ノックの回数と意味はどこから来ている?

ノックをするためのドアは、海外から伝わったものです。

日本の昔の部屋は、障子や襖で仕切られていたため、
そもそもノックをする習慣が、ありません。

なので、ノックの回数も、グローバルに、
プロトコールマナー(国際標準マナー)
定められているものが、
ビジネスではスタンダードとされています。

 icon-check-square プロトコールマナーとは?

ところでプロトコールって聞きなれない言葉ですよね。

「外交儀礼」「国際儀礼」と訳されますが、どんなものかと言いますと、
皇室や王室など、国際的な社交の場や公式な場で適用されるルールのことですね。

つまり、公式の場での基本のルールが世界共通で決まってるという事です。

プロトコールマナーでの正式なノックの回数と意味
  • 2回・・・トイレ用
  • 3回・・・家族・友人・恋人等の親しい間柄
  • 4回・・・正式な場所

だだし、ビジネスマナーでは、3回に省略することが出来るとされています。

理由としては、次のように言われています。

ノックに慣れていない日本人は、4回だとしつこく感じる

なので、ビジネスシーンでは、3回が一般的なんです。
ある意味ローカルルールなんですね~^^;

スポンサーリンク

相手によって使い分けるのがビジネスマナー

ビジネスシーンでは3回に省略できるとなっていますが、
相手によって使い分けるといいですね。

普段は、日本のビジネスルールに合わせて3回ノックで、
次のようなシーンの時は、4回ノックと使い分けるといいですよ。

使い分けするパターン
  • 海外からのお客様に会う。
  • 海外出張に出かける。
  • とってもビジネスマナーに精通した方に会う。

こんなふうに、使い分けがスマートだと、
出来る人」と一目置かれる可能性大ですよ( ̄ー ̄)bグッ!

「でもいざとなると、緊張しちゃってヽ(´Д`;)ノアゥア…」

うんうん、わかる、わかる。

じゃぁ、次にちょっとしたコツを教えちゃいますね。

使い分けを忘れないコツは?

ではでは、早速、忘れないようにするためのコツを
2つお伝えしますね。

まずは、1つ目は次の言葉を覚えてください。

正式なノックは運命の扉を開く

ナンノコッチャ・・・( ゚Д゚)ハァ?

これだけだと、わけがわかりませんよねぇ~(;^_^A アセアセ

答えは、ベートーベンの「運命」です。

あの、
ジャジャジャジャーン
のリズムでノックするのが正式と覚えれば、まず間違えませんよ~(≧∇≦)/

指揮者

2つ目は、新入社員の頃に面倒を見てくださった、
先輩が使ってた方法です。

普段から、ノックを4回にします。

え~~!うるさいから嫌われるんでしょ?Σ(゚Д゚)」

確かに、「トントントントン」って立て続けだと、
うるさいし、しつこく感じるでしょうね。

なので、
「トントン・トントン」
と2回叩いて、軽く間を置いて次の2回を叩く

こうすると相手に不快感を与えずに4回ノックができちゃいます。

まとめると、

  1. いざという時は、運命のリズムでノックする
  2. 最初から4回ノックを身につける

こんな簡単なコツで、これからノックの回数で迷うことはありません。
ぜひ、使ってみてくださいね☆彡

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ビジネスマナーの基本、ノックの回数についてお伝えしました。
あなたの新生活にお役に立てれば、超Happy!です。

誰でも、最初は緊張するもの、
大きく深呼吸して、ファイトです(≧∇≦)/


スポンサーリンク

2件のコメント

  • 匿名

    本件、興味をもって英語で検索してみたのですが、ノック回数の事など書いてあるページはありませんでした。かたや日本語のページは山のように出てくる。
    推測でしかないですが、誰かの勘違い(あるいは悪意)から広まったただの噂では?

    • わかな

      コメントを頂き、ありがとうございます。

      この記事は、私が自分でマナーの研修を受けたり、
      マナーの本を読んで、調べたりしたことを元に書いています。

      最近では、「世界一受けたい授業」でも
      ノックの回数について放映がありましたが、
      ノックが外国から入ってきたという点で、
      日本人が、より正確にと気にしている面もあるかもしれません。

      おっしゃるように、海外では、
      あまり知られていないマナーなのかもしれません。

      とても貴重なコメントを頂き、ありがとうございました。

コメントを残す