赤ちゃんの温泉デビュー!これで完璧 マナー・持ち物チェック

LINEで送る
Pocket


いよいよ明日は、温泉に出発!
「予約もバッチリだし、楽しみだわ(*^^*)」

赤ちゃんと温泉、いよいよ明日なんですね。
もう、準備は、バッチリですか?

「オムツにミルクでしょ~、
着替えもOK( ̄ー ̄)bグッ!」

えっと・・・言いにくいのですが、
ちょっと準備が足りないかも・・・^^;

「え--!なんでよ~ヽ(`Д´#)ノ」
前回の
温泉旅行に行きたい!赤ちゃんが入れるのはいつから?
で、温泉を選ぶ時のポイントについて、
お伝えしました。

ですが、それだけで、準備バッチリ!
とは言えないんですよ~(^_^;)

なので、今回は、
赤ちゃんの温泉デビュー第2弾!

  • 持って行って欲しいグッズ
  • 赤ちゃんと温泉に入るマナー
  • について、徹底的にお伝えします!

    スポンサーリンク


    まずは持ち物チェックから

    大人だけの旅行だったら、
    なるべく、荷物を軽くすることを優先します。

    でも、赤ちゃんと一緒の旅行は、チョット違います。

    例えば、
    赤ちゃんのボディーシャンプーなどは、
    家で使っているものを持って行くと、
    安心です。

    「でも、宿に赤ちゃん用のがあるって
    聞いてるし」

    うんうん。
    確かに、最近では、
    赤ちゃんと旅行する人が増えているので、
    宿にも用意があるかもしれません。

    でも、初めての温泉と、
    普段と違うベビーシャンプー。
    これでは、刺激が強すぎる心配があります。

    もし、肌トラブルが起きても、
    原因が、
    温泉の成分なのか、シャンプーなのか、
    わかりませんよね・・・(´・ω・`)

    となると、次回の旅行にも差し支えるし、
    心配で、楽しむどころじゃなくなります。

    なので、ベビーシャンプーは、
    普段から使い慣れている物を持参します。

    そして、次に必要なのがバスタオル

    フワフワのバスタオル

    「( ゚Д゚)ハァ?、宿にあるでしょ」

    確かにそうですが、
    バスタオルを1枚余分に持っていると、
    何かと助かるんですよ。

    例えば、脱衣所のベビーベッドのタオルが、
    湿っていたりすることもあります

    そんな時に、自分のバスタオルを使えば、
    安心でしょ?

    あるいは、ベビーベッドに先客がいたら
    床にバスタオルを引いて赤ちゃんを
    おすわりさせることも出来ます。

    使わなくて済むかもしれませんが、
    備えあれば憂いなしですよ(*^_^*)

    そして、入浴後のスキンケア用品もお忘れなく。
    普段と違うお湯に入っているので、
    お手入れはちゃんとしてあげましょう。

    忘れないで欲しいのが水分です。

    宿に赤ちゃん用の飲み物が売っているとは、
    限りません。

    入浴後は、もちろん必要ですし、
    宿内は、空調で乾燥しやすくなっているので、
    水分補給をこまめにしてあげるためにも、
    飲み物は余分に用意します。

    まとめると、

    • ベビーシャンプー・ボディーシャンプー
    • バスタオル(厚手の物がオススメ)
    • スキンケア用品
    • 赤ちゃん用の飲み物

    最低限、これだけは、必ず準備しましょう。

    では、いよいよ温泉デビューです。

    次からは、温泉に入るマナーについて
    お伝えしていきます(`・ω・´)ゞ

    スポンサーリンク
    
    

    温泉に入るマナーと注意することは?

    最初から、厳しい話になりますが、
    誰もが、
    赤ちゃんを歓迎しているわけじゃない
    ということを知っておいてください。

    お客さんは、他にもいます。

    赤ちゃんを温泉に入れること、
    特に大浴場での入浴は、人によって
    マナー違反と思っている人もいます。

    怒っている女性

    その理由を詳しく見てみると、

    歓迎されない理由は?
    • オムツをしてる子は、いつおもらしをするかわからない
    • 泣いたりすると、ゆっくり温泉を楽しめない

    確かに、温泉に来るのは、
    のんびりしたい人がほとんどでしょう。

    赤ちゃんの排泄に、ハラハラしたり、
    お風呂場に鳴き声が響くのでは、
    不快になっても仕方ないですね。

    「心が狭い!ヽ(`Д´#)ノ」

    なんて、怒っても仕方ありません。

    相手には、相手の気持があります。
    そういった人も居ることを理解して、
    ここは、ママが賢く行動しましょう。

    入浴の時間は、あまり人気のない、
    空いている時間を選びます。

    空いている時間に、ササッと入れてあげれば、
    ママも余計なストレスを感じなくてすみます。

    そして、入浴するタイミングですが、
    排泄直後がオススメです。

    オムツが濡れているということは、
    しばらくは大丈夫のサインですからね(*^_^*)

    大浴場に入ったら、
    まずは、赤ちゃんとママも、身体を洗います。

    とくに、オムツがあたっていた箇所は、念入りに洗います。

    それから、滑らないように気をつけて、
    お湯に浸かります。

    ┐(´д`)┌ヤレヤレ・・・ゆっくりできる

    と、言いたいところですが、
    赤ちゃんに長風呂は禁物です。
    のぼせちゃったら大変ですからね。

    少し浸かればもう十分です。
    出る時に、かけ湯をして
    温泉の成分が、肌に残らないようにします

    まとめると、

    • 人の少ない時間を選ぶ
    • 排泄後がベストタイミング
    • しっかり体を洗う
    • 入浴は短時間で

    「え--!
    全然、ゆっくりしてないΣ(゚д゚lll)ガーン」

    ですよね~。わかります(^_^;)
    これは、あくまで、
    赤ちゃんの温泉デビューのためのことです

    ママは、パパに赤ちゃんをお願いして、
    後からゆっくり入ってくださいね(*´艸`*)

    パパに赤ちゃんをお願いする

    まとめ

    いかがでしたか?
    赤ちゃんの温泉デビュー第2弾をお届けしました。

    アレヤコレヤ、大変でしたね(^_^;)

    温泉デビューが終わったら、
    ぜひママもゆっくり温泉につかって、
    日頃の疲れを癒してくださいね☆彡


    スポンサーリンク

    コメントを残す