温泉旅行に行きたい!赤ちゃんが入れるのはいつから?

LINEで送る
Pocket


「毎日、赤ちゃんのお世話で忙しい~。
たまにはゆっくりしたいな~」

うんうん、わかります。
赤ちゃんはとっても可愛いけど、
たまには、ママだってゆっくりしたいですね。

「そうなの!でね、今度、家族で温泉に行きたいねって話してるの。」

オオッ、それはいいですね!楽しんできてくださいね。

「でも・・・・」

あれれ~?どうしました?なにか困ったことでも?

「赤ちゃんって、いつごろから温泉に入れるのかな?
「温泉って普通のお湯じゃないし・・・」
「どんな温泉なら大丈夫?」

ふむふむ、なるほど。

まとめると、

  • 赤ちゃんの温泉デビューはいつがいいのか
  • どんな温泉を選んだらいいのか

で、迷ってるんですね。

せっかく、温泉に行っても、アレコレ不安だらけだと、
ママもちっとも楽しめませんよね。

そんな不安を解消するために、
今回は、赤ちゃんの温泉デビューについて、
バッチリお伝えします!

スポンサーリンク


赤ちゃんの温泉デビューはいつが最適?

赤ちゃんと温泉♪と思っても、まず気になるのが、
赤ちゃんは、温泉に入れるの?
ってことですよね。

月齢で考えると、
新生児は、家のお風呂だって、
大人とは別だから、温泉に入れるわけがありません。

とすると、
生後3ヶ月から5ヵ月以降の赤ちゃんが、
温泉に入れるかどうかが問題ですね。

赤ちゃんとママ

この頃になると、パパやママも、
すこし外出や遠出をしてもいいかな?
と思い始める頃です。

じつは、温泉には、
何歳からならOKといった
細かい決まりはありません。

温泉の町では、
自宅も温泉がひいてあって、
生まれた時から温泉なんて、
話もあるくらいです。

ただ、お風呂に入るとを考えるなら、
やっぱり首が座って落ちついてくる、
6ヵ月を過ぎた頃に、デビューする赤ちゃんが多いですね。

というのも、この頃になると、
ママもお世話に慣れてきて、余裕がでてくるし、
赤ちゃんも、1日のリズムが出来てくるので、
旅行の計画が立てやすくなって来るからです。

その他にも、

  • おすわりが出来る
  • トイレの間隔が開いてくる

といった事が挙げられます。

確かに、抱っこしたままだと、
ママは身体をあらったり、
髪を洗ったりが大変です。

大浴場で、いきなりおもらしをされても
大慌てですから(;^_^A アセアセ

月齢の目安はわかったところで、
気になるのが、
赤ちゃんと温泉に行くなら、
どんな温泉を選ぶのかってことですね。

次から、温泉を選ぶポイントを
くわしく見ていきましょう。

温泉を選ぶポイントは低刺激!その理由は?

まず、気をつけるのは温泉の質です。

「大丈夫!硫黄は避けるから」
えっと、そうじゃないんです(^_^;)

もちろん、
硫黄のようにニオイが強いのも
良くないですけどね。

赤ちゃんがビックリして、
大泣きしても大変ですから。

その他に、
ピリピリした刺激のある、
酸性・アルカリ性の強い温泉も
やめておきましょう。

赤ちゃんの肌は、デリケートです。
成分が強すぎると、肌トラブルになる可能性もありますヽ(´Д`;)ノアゥア…

温泉の泉質については、
温泉選びの常識!泉質で効能に違いがあるの?
を参考にしてください。

それはダメですをする女性

さらに、まだ避けた方がいい「刺激」があります。

「温泉の質の他に、まだあるの?」

もちろんです!
それは、「温度 」なんですよ。

赤ちゃんは、熱いお湯も苦手なので、

温泉も温めの温度がオススメです。

さらに、温泉に確認することですが・・・・

「え-!まだ注意があるのΣ(・∀・;)」

はい、ありますよぉ~( ̄ー ̄)ニヤリ
これを忘れると、かなり悲惨ですから。

どんどん、続けてまいりましょう!

スポンサーリンク

事前確認は、絶対に必要!確認するのはコレ!

まずは、温泉の質と温度 は、絶対に確認します。

そして、一番重要なのは、
赤ちゃんの入浴がOKな施設かです。

「なんで、わざわざ確認するの?」

じつは、
オムツのとれていない赤ちゃん
あるいは、小さな子の入浴を
お断りしている施設もあるんですね。

せっかく、温泉デビューって
張り切ったのに、着いてから、
赤ちゃんは、入浴できないと言われると
ガッカリですよね(T_T)

「パパがちゃんと確認しないから!」
「予約したのは、ママじゃないか!」

怒っている

なんて・・・
最悪、温泉で夫婦げんかに
発展しかねません(;^_^A アセアセ

なので、事前にシッカリ確認します。
その時に、脱衣所にベビーベッド
あるか確認しておくと、安心ですよ。

ベビーベッドがあると、
ママも落ち着いて、赤ちゃんの世話や
身支度ができます。

可能なら貸切風呂があれば、
一番いいですね。

ゆったり入れますから(*´艸`*)

まとめると

温泉を選ぶポイント
  1. 硫黄や酸性・アルカリ性の強い温泉は避ける
  2. 温度はぬるめ
  3. 赤ちゃんの入浴が許可されている
    (ベビー用の設備がある)
  4. 貸切風呂があればベター

最低限、これだけはチェックします。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、
赤ちゃんの温泉デビューについて、
温泉を選ぶポイントからご紹介しました。

持って行くと良いグッズと、
赤ちゃんと温泉に入る時の注意点については、
赤ちゃんの温泉デビュー!これで完璧 マナー・持ち物チェック
をお読みください。


スポンサーリンク

コメントを残す