「鯉のぼり」の歌詞と意味 いらかの波は どんな波?

LINEで送る
Pocket


「いらかの波って、なんの波?」
「いらかの波と~♪」
青空が広がってくると、管理人は、
ついついこの歌を口ずさんじゃうんですよね~

なんだかノリが良くなって、
嫌いな家事もチョット捗るような気がします(ノ´∀`*)

なぁ~~んて、ノリノリの母に爆弾を投げつけるのが、
うちの子の特技。

「お母さん、田舎の波ってなんの波?」

( ゚Д゚)ハァ?

「今歌ってたでしょ、田舎の波って」

えっと、田舎の波?もしかして、聞き間違えたのかな?
いらかの波なんですけど・・・

いらかって何 ?どうして、いらかの波なの?」

で、でた!Σ(・∀・;)
娘の「どうして」が・・・

これが出たら最後、納得するまでしつこいんですよね。

でも、「いらか」って、なんのことでしょう?
なんだか、気になりますよね~

スポンサーリンク


鯉のぼりの歌詞

管理人が歌っていたのは、「いらかの波と~」から始まる、
文部省唱歌の「鯉のぼり」の歌です。

最近は、「屋根より高い~」の方が
馴染みがあるかもしれませんね。

 icon-check-circle  鯉のぼり 歌詞

作曲:弘田龍太郎 作詞:不詳

  1. 甍(いらか)の波と 雲の波
    重なる波の 中空(なかぞら)を
    橘(たちばな)かおる 朝風に
    高く泳ぐや 鯉のぼり
  2. 開ける広き 其の口に
    舟をも呑(の)まん 様(さま)見えて
    ゆたかに振(ふる)う 尾鰭(おひれ)には
    物に動ぜぬ 姿あり
  3. 百瀬(ももせ)の滝を 登りなば
    忽(たちま)ち竜に なりぬべき
    わが身に似よや 男子(おのこご)と
    空に躍るや 鯉のぼり

意味の分からない単語が並んでいますね~(@_@)

スポンサーリンク

歌詞の意味は?

まずは、意味の分からない単語を調べなきゃということで、
抜き出したのがコレ

意味は?
甍(いらか)の波
甍(いらか)は、瓦ぶきの屋根の頂上部分を指します。
瓦の重なりを波に見立てている。

雲の波
雲の重なりを波に見立てている。

中空
甍の波と雲の波、この2つの間の大空。

橘かおる
橘はミカン科の常緑樹で、日本に古くから野生してました。
5~6月頃に白い花が咲きます。
この花の香る中、鯉のぼりが泳いでる。

子供でもわかりやすく訳すと、こんな感じになりました。
(日本語なのに訳すって・・・・(;^_^A アセアセ)

 icon-check-circle 鯉のぼりをわかりやすく訳すと
  1. 瓦の屋根と 雲との間の大空を
    橘(たちばな)の花の香りがする 朝の風をうけて
    高く泳いでいる 鯉のぼり
  2. 大きく開いた口は 
    船さえも 飲み込んでしまいそうに見える
    堂々と大きく揺れる尾びれは、
    何事にも動じない 姿がある
  3. 大きな滝をのぼれば 竜にかわった
    「そのような私のように育つのですよ。男子よ」
    そう言っているかのように 空に躍っている 鯉のぼり

・・・と、まぁこんな感じでしょうか。
管理人なりの解釈で、ザックリと訳してあります。

まとめ

甍(いらか)の波は、瓦の波だったとわかりました♪

元気が出るメロディーなので、気に入っているのですが、
深い意味があったんですね。

男の子がいたら、絶対に親子で歌ってたと思います(*^_^*)


スポンサーリンク

コメントを残す