七夕はいつからいつまで飾る?間違えると願いは叶わない?

LINEで送る
Pocket


7月7日といえば七夕です。
幼稚園や保育園、家で飾る方もいる
とっても身近なイベントです。

ところで、
「七夕は、いつからいつまで飾ってますか?」

家の近所の幼稚園や保育園だと、
2~5日くらい前から7日ぐらいまで飾っていましたね。

全国各地の七夕祭りなどでは、
場所によって、もっと長い期間、飾るところもあるとか。

ところがです、
飾る日を間違えると、願いが叶わない
って話をきいたんですよΣ(゚д゚lll)ガーン

え、飾るのは7日じゃないの?

可愛い子供が、夢いっぱいに書いたお願いごとが、
ムダになっているかも。
これって、かなり気になりますよね~

このブログに来てくださったアナタも、
きっと同じように疑問を持っているんですよね?

そこで今回は、
七夕はいつからいつまで飾るのか
について、お伝えしますヽ(=´▽`=)ノ

この記事を最後まで読めば、もう悩むことはありません!

では、気合を入れてまいりましょう☆彡

スポンサーリンク


今の七夕は、日本のオリジナル?

七夕は、奈良時代に中国から伝わったものです。

ただし、日本の七夕は、伝わった形そのままではなく、
日本独自の神事と合わさった形になっていると
言われています。

笹飾り

どのような神事かというと、
棚機(たなばた)といった行事がこれにあたります。

棚機(たなばた)とは

「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれる、
選ばれた乙女が、水辺の機屋(はたや)にこもり、
神様の着物を織り上げ、神様にさささげ、秋の豊作を願い、
穢れを祓ってもらう行事

この神事は、お盆を迎える準備の一つで、
7月7日の夜に行われていました。

これにたいして、中国では
「乞巧奠」(きっこうでん)という行事があります。

これは、7月7日に、織姫にあやかって、
裁縫や、はた織りが上手になるように
星に願う日とされています。

この2つが合わさって、現在の七夕になったと
言われているんですよ。

スポンサーリンク

飾る日を間違えると願いが叶わない?

七夕といえば7月7日の夜ですよね。

ところで、この7日についてですが、

  • 7月6日から7日にかけて
  • 7月7日から8日にかけて

の2つのパターンが有りますよね。

どちらが正式だだと思いますか?

正式な7月7日の夜とは、

6日の夜から7日かけてのことだったんです!!

ビックリする女の子

なので、七夕飾りは、
6日飾って、7日中に片付けるのが正式なんですよ~^^;

管理人は、7日から8日にかけて飾ってました。

ということは、お願いを聞いてくれる人も居ないのに、
お願いしてたわけですヽ(´Д`;)ノアゥア…

これじゃぁ、願いことが叶うはずないですね(ヽ´ω`)

あまりの衝撃に、
これまでのことが吹っ飛んじゃった方のために、
まとめると、

七夕を飾る期間
  • 七夕を飾るのは7月6日から7日まで
  • 7日中には片付けること

となります。

でも、ご近所はみんな7日から飾っているのに・・・・
なんて気持もしますよね~。

大丈夫ですよ。

7日中に片付ければ問題ないので、
6日から飾って、7日の夜にコソッと片付ければOKです( ̄ー ̄)ニヤリ

まとめ

いかがでしたか?

今回は、七夕を飾る期間についてお伝えしました。

娘が幼稚園の七夕に書いた願いは、
「滑り台になりたい」でした。

ある意味、叶わなくてよかったですが(;^_^A アセアセ

今年は、ぜひ6日から飾って、願い事を叶えてもらいましょう(*´艸`*)


スポンサーリンク

コメントを残す