子供に伝えたい!七夕飾りの意味と由来

LINEで送る
Pocket


七夕といえば、短冊を思い浮かべるけど、
他にもいろんな飾りつけをしますよね。

じつは、七夕飾りにも、
ちゃんとした意味があるんですよ~。

初めて知ったので、意気揚々と子供に話してみると、
ぜーんぜん興味を示してくれません(´・ω・`)

子供が小さいうちに伝えておきたかったと、
後悔しました。

それくらに、とっても大切な意味がありました。

そこで今回は、
まだまだ、可愛い・素直なお子さんをお持ちの
パパとママのために、
七夕飾りの意味と由来についてお伝えします。

織姫と彦星のお話だけでなく、
飾りの意味をお子さんに伝えながら、
楽しい時間を過ごしてもらいたい。

そんな管理人の願いを込めて、はりきって参ります(`・ω・´)ゞ

スポンサーリンク


七夕の七つ飾りとは?

七夕飾りもいろいろありますが、
一番最初に思い浮かべるのば、短冊ですね。

その他に、どんなものがあったか覚えていますか?

七つ飾り

短冊・折り鶴・屑籠・紙衣・巾着・投網・吹き流し

以上が、「七つ飾り」と呼ばれる、基本的な飾りです。

この他に、キラキラ光る星をつけたり、
織姫と彦星を飾ったりすることもあります。

では、それぞれの飾りの意味を
くわしくみていきましょう。

七夕飾り

 icon-check-square 短冊

七夕飾りといえば、短冊ですね。
これがなくちゃ始まらない!ってものです。

願い事が叶い、字が上手になるように
といった意味があります。

ところで、七夕の歌に、「五色の短冊」といった歌詞がありますが、
色にもちゃんと意味があります。

これは、中国の陰陽五行説からきているものです。

それぞれの色が、人として大切とされる、
五常の得にあてはめられています。

  • 青・仁(人を愛して思いやる心)
  • 白・義(正義の心)
  • 赤・礼(礼節・敬意の心)
  • 黄・信(信頼の心)
  • 黒・智(正しい判断力・知識と経験)

どれも、人として大切にするべきものですね。

 icon-check-square 千羽鶴

家族みんなで、元気で長生きできるように
といった願いが込められています。

その家の最年長者の歳の数だけ折るといった
風習があります。

 icon-check-square 屑籠

屑籠は、整理整頓と物を大事にするといった意味があります。

 icon-check-square 紙衣

裁縫が上達するように願う意味があります。

あわせて、子供が丈夫に育つように、
厄を引き受ける身代わりの形代の意味があります。

 icon-check-square 巾着

巾着は、財布として使われていました。
富と願い、節約と貯蓄の心を養う意味があります。

 icon-check-square 投網

豊漁祈願と、食べ物に不自由しないようにといった意味があります。

あわせて、その年の幸運を集めるといった意味もあります。

 icon-check-square 吹き流し

織姫のように機織(はたおり)が上手になるように
といった願いが込められています。

ここまで、「七つ飾り」と呼ばれる、
基本的な飾りの意味についてお伝えしました。

この他に、地域によって様々な飾り付けがされています。

つぎからは、それについてご紹介します。

スポンサーリンク

他にはどんな飾りがあるの?

七夕飾りを作る子供

 icon-check-square ちょうちん

ちょうちんには、いくつか意味があるようです。

  1. 短冊を明るく照らして、
    願い事を見てもらいやすくする。
  2. 織姫と彦星を照らしてあげる。
  3. 心を明るく照らす。

お子さんに伝えるとしたら、どれにしますか?

管理人だったら、迷いつつ
いつも明るい子で居てほしいから
3番にしちゃうかな(*´艸`*)

 icon-check-square 織姫・彦星

これは、恋愛成就の意味があるそうですよ~(^^)

まぁ、一年に一回しか会えないけど、
織姫と彦星は夫婦なんですから、
ある意味、恋愛成就ですね^^;

子供に伝えるとしたら、「お友達と仲良く」でしょうか。

 icon-check-square 野菜

野菜は、豊作を願って飾るとされています。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、七夕飾りの意味と由来についてお伝えしました。

改めて意味を知ると、
技術の上達や健康・生活の安定といった、
とても日常に密着した由来ばかりでした。

クリスマスのプレゼントをお願いするように、
「◯◯が欲しい」とか「可愛くなりたい」なんて、
お願いできるのは、平和で豊な証拠なんですよね。

お子さんに由来と意味と伝えてあげて、
感謝する気持を教えてあげられたら素敵ですね。


スポンサーリンク

コメントを残す