七夕の行事食はそうめん!由来は?病気にならないって本当?

LINEで送る
Pocket


「七夕には何を食べる?」
七夕の行事食は「そうめん」なんですよ。
そこで、今回は、七夕の行事食そうめんの由来をご紹介します。

管理人宅では、夏だし、そうめんは、
手軽だし( ̄ー ̄)ニヤリ

・・・なんて、軽いノリでしたが。

ちょっと調べてみると、あらビックリ!

  • 夏だから
  • 手軽だから

それだけなんて、トンデモナイ。
とても歴史ある由来があるじゃありませんか。

「( ゚Д゚)ハァ? そうめんの由来なんて、何の役に立つわけ?」

そう思ったそこのアナタ、ちょっと考えてみてくださいな。

「すっごーい、物知りなんだ!」
なんて、お子さんから尊敬の眼差しで見つめられるチャーンス!

ぜひ、素直なうちに、
ちゃんとした由来を教えてあげてくださいね☆彡

我が家の娘は、大きくなりすぎて、もう手遅れなので・・・(´・ω・`)

さてさて、気を取り直して、さっそくまいりましょう!

スポンサーリンク


七夕の行事食はそうめん!でも行事食って何なの?

七夕の行事食が、「そうめん」だということは、
意外に知らない人が多いんですよね。

もちろん、管理人も知りませんでした^^;

それに、「行事食」なんて言葉、普段は使いませんよね。

行事食とは、簡単にいえば、
特別な時に食べるお料理のことです。

日本では、季節ごとに行事があったり、
お祝いごとがあったりしますね。

例えば、

  • お正月の「おせち料理」
  • 端午の節句の「柏餅」

などなど。

お正月の行事食はおせち料理

そんな時に食べる、食べ物のことです。

七夕の行事食が「そうめん」なんですよ。

七夕にそうめんを食べると病気にならない
言われています。

それには、ちゃんとした由来があるんですよ(^^)

次から、七夕の行事食がそうめんになった由来を
わかりやすくお伝えしますね。

そうめんを食べると病気にならない?

七夕とそうめんの関わりの歴史は古く、
はるか平安時代までさかのぼります。

平安時代の女性

927年に延喜式という、
宮中の作法と儀式を記した法典が作らました。

この延喜式の中で、
七夕にそうめんをお供え物にする事が書かれています。

つまり、一千年以上も前に、
七夕には「そうめん」と
決まっていたってことなんですね~

でも、その時代は「そうめん」という言葉はありませでした。

中国から、そうめんの原型と言われる、
索餅(さくべい)」が伝わっていて、
それが、長い歴史の中で変化して、
そうめんになったという説があります。

そして、索餅(さくべい)には、ある伝説があり、
これが病気にならないと言われているルーツになります。

索餅(さくべい)の伝説とは?
古代中国で、帝の子供が7月7日に亡くなりました。
この子が、鬼になってしまい、病を流行らせるようになりました。
そこで、その子が大好きだった索餅(さくべい)を
お供えしたところ、病の流行が治まりました。

この伝説にあやかり、七夕の日にそうめんを食べると、
病気にならないと言われているんですよ( ̄ー ̄)bグッ!

じつは、七夕のルーツも中国から伝わったものが、
日本の神事と合わさって、現在のような、
独自の形になっているんですよ。

七夕の由来については、下の記事でくわしく書いたので
合わせてお読み下さい。

 icon-angle-double-right 七夕はいつからいつまで飾る?間違えると願いは叶わない?

スポンサーリンク

この他に、
そうめんは「(やく)」が終わった食べ物だから、
食べると病気にならないって説もあります。

その理由は、そうめんの製法にありました。

そうめんは寒い冬に作られます。
でも、市場に出回るのは、梅雨明けから夏にかけてになります。

そうめんは作られてから、出回るまでの間まで冬を越して熟成します。
そうすると、コシや風味が良くなるんですね。

この現象のことを「厄(やく)」と呼んでいます。

そこから、そうめんは「厄」が終わっている食べ物だから、
厄(病気)にならないと言われているんですって( ̄ー ̄)bグッ!

七夕の行事食はそうめん

いろいろな説がありますが、管理人は「厄」の話が、
げんを担いでいて、なんだか日本人らしくて、
気に入ってます(^^)

まとめ

いかがでしたか?

七夕の行事食についてお伝えしました。

夏になると、
登場する機会がふえる「そうめん」ですが、
七夕の日に食べると、別の意味を持つなんて、奥深いですね~

今年の七夕は、ぜひそうめんを食べながら、
家族に由来を話してあげれば、尊敬されることまちがいなし!ですよ(*´艸`*)


スポンサーリンク

コメントを残す