七五三が11月15日の由来とは?3歳・5歳・7歳で祝う意味は?

LINEで送る
Pocket


「七五三をお祝いとは、そもそも何をお祝いしているの?」

昔から子供の成長を祝う行事が七五三だと言われています。
でも、ちょっと考えると不思議な事が多い行事だと思いませんか?

例えば、

  • 3歳・5歳・7歳で祝うのはどんな意味があるのか
  • 11月15日にお祝いする理由はなんなのか

このブログに来てくださったアナタも、
きっと気になってらっしゃるんですね。

そこで今回は

七五三の由来と意味

について、徹底的にお伝えしちゃいますよ!

このページを最後までお読みいただければ、
アナタの気持ちも秋の空のようにスッキリするはずです(´▽`v)

スポンサーリンク


七五三の起源はいつ?

七五三の起源は古く、平安時代になります。

もともとは宮中の行事で
3歳・5歳・7歳の節目に神社にお参りし
無事に成長した報告と、これから先の幸福と長寿を願う行事でした。

七五三を祝う女の子

昔は、子供の死亡率が高く、
7歳までは人でなく神の子とされていました。

そして、子供が7歳になってようやく人になったことをお祝いしたんです。

その後、江戸時代になり関東を中心に広まりました。

でも、その当時は、
七五三といった言葉は使われていなかったんです( ̄ー ̄)bグッ!

七五三という言葉が使われるようになったのは、
明治時代からで、その頃に今のような形が定着しました。

さてさて・・・ここで気になることが出てきませんか?

人になったお祝いなら7歳だけで十分だと思いますが・・・・。
なぜ、何回もお祝いするのか不思議ですよね~。

そして、なぜ節目の年が、
3歳・5歳・7歳
なのかということも気になります。

七五三を祝う年齢の数字をよーーく見ると
なにか気づきませんか?

そう!全て奇数なんです!

この数字にも意味があり、
日本では奇数を陽数、偶数を陰数といい、
奇数のほうが縁起の良い数とされています。

さらに、

ただ七五三のお祝いといっても
じつは、それぞれの年齢で祝う意味がまったく違うんです( ̄ー ̄)bグッ!

そこでつぎから、年齢ごとに違うお祝いの意味について
見ていきましょう。

3歳・5歳・7歳で祝う意味が違う?

一般的に七五三を祝う年齢は、次のように言われています。

  • 男の子・・・3歳・5歳
  • 女の子・・・3歳・7歳

ちょっと詳しく説明してみますね!

3歳(男女)

3歳のお祝いは髪置(かみおき)の儀が由来とされています。

髪置きの儀とは

昔の赤ちゃんは男女関係なく、みんな髪の毛を剃っていました。
髪の毛が病気の原因になると考えられていたからです。

3歳になって、初めて髪の毛を伸ばし始める習慣がありました。

これをお祝いするのが髪置きの儀です。

髪を伸ばし始めるということは、
赤ちゃんから幼児になった
つまり無事に成長したということなんです。

そして、
髪が白髪になるまで長生きするように
との意味を込めて、頭に白い綿の帽子や白粉をかぶせ、
櫛(くし)でとかしたといわれています。

5歳(男)

5歳のお祝いは袴着(はかまぎ)の儀が由来とされています。

袴着の儀とは

初めて袴をつける儀式のこと。

現在、これは男の子だけのお祝いですが、
平安時代には、身分の高い公家の男女ともにこの儀式が行われていました。

袴(はかま)といえば、武士の正装ですね。
それを身につけることで、一人の男として認められる儀式でした。

袴(はかま)をつけて碁盤(ごばん)の上に立ち、
四方を拝礼した後に(吉方)に向かって勢いよく飛び降ります。

これは、

  • 人生や勝負の運を自分で開いていける
  • 自立した大人になるように

といった願いが込められています。

7歳(女)

7歳のお祝いは帯解き(おびとき)の儀が由来とされています。

帯解きの儀とは

今までつけていた着物の紐を取り、大人と同じ幅の広い正式な帯を締める儀式のこと。
幅の広い帯を締めることで魂をしっかり体の中にとどめ、
身を持ち崩さないように(だらしない生活をしないように)願いが込められています。

女性ならではの、品性としつけの意味があったんですね。

そして当時は、これらの行事の全ては、
親が行うのではなく親代わりの大人がとりおこなったんです。

  • 髪置親(かみおきおや)
    主に長寿の人が行った
  • 袴親(はかまおや)・冠親(かんむりおや
    袴着の行事で袴の腰を結ぶ人を「袴親」
    冠をかぶせる人を「冠親」
    特に冠親はその子の生涯にわたる後見人・保証人ともなるので、
    地位や人徳・信望のある人物が選ばれた
  • 帯親(おびおや)
    初めて結ぶ帯を贈り、その帯を結ぶ役目を行う
    母親代わりになれる女性が行った

それぞれの節目で、
だんだんと社会への仲間入りを果たし、
それと同時に、
親以外に子供を見守ってくれる大人が増えていく

そう考えると、子供の将来を考えたとても重要な行事だったわけですね。

ここまで、それぞれの年齢で違うお祝いの意味をみてきました。
つぎからは、なぜ11月15日が七五三なのか、
その理由についてお伝えします!

スポンサーリンク

11月15日が七五三の理由は?

七五三は11月15日となっていますが、
この日にお祝いする理由は諸説あります。
その中で代表的な2つをご紹介します。

  1. 鬼宿日(きしゅくにち)で祝い事に最適であるとされているから
  2. 5代将軍 徳川綱吉が息子の徳松の健康を願ったのが始まり
鬼宿日とは?
お釈迦様が生まれたのが鬼宿日だったから、
おめでたい日であるという説が非常に有力。
この他に、鬼が宿(家)にいる日とされ
鬼が出歩かないから吉日とも言われます。

私の娘は、3歳と7歳で七五三をしましたが、
写真館で写真を取り、神社にお参りするといった超現代風の七五三でした。

  • 着物にする?洋服にする?
  • 親は何を着よう?
  • 内祝いはどんなものがいい?

なんて、本当に慌ただしかったことを思い出します。

その時に、七五三の本来の意味を知っていたら
もっと大切に一日を過ごせたはずだと少し後悔しています(^_^;)

すべてをきちんとすることは難しいと思いますが、
意味を知っているだけで、心持ちが変わると思いますよ。

おわりに

七五三の由来と意味についてお伝えしました。

七五三で一番大事なのは
家族みんなで心から成長を喜ぶことですね。

華美な服装や高価な贈り物といった形式にとらわれないで、
みんなが笑顔でお祝いすれば最高の一日になるはず。

納得できるお祝いで、良い一日を過ごされるようにお祈りしています(*^_^*)

七五三の困りごとを解消するための特集です( ̄ー ̄)bグッ!
合わせてお読みくださいね♪
七五三のまとめ!祝う年齢から初穂料の包み方まで大紹介

スポンサーリンク

コメントを残す