初詣のおみくじ 結ぶ?持って帰る?どっちが正しいの?

LINEで送る
Pocket


初詣に行ったら、おみくじをひかなくちゃ!

一年の運勢を確かめる定番の行事。
良い運勢でありますように!

・・・・・いざ開いたら、あんまり良くない(-“-)
なんだか、気分悪んですけど!

ところで、あまり良くないおみくじは、
枝に結ぶと大丈夫って聞いたことあるんですよね。

見れば、アチラコチラに結ばれているおみくじ。
全部、良くないおみくじってこと?

まさかねぇ~。だったら大吉なんて
入ってないってことになるじゃない(^_^;)

でも、なんでこんなにたくさんのおみくじが、結ばれているの?

スポンサーリンク


おみくじを結ぶのはなぜ?

おみくじを結ぶのは、神仏とのご縁を結ぶためだと言われています。

木々の成長にあやかり、良き気が実を結ぶように、
木の枝のおみくじを結んでいました。

逆に、悪いおみくじは、利き手と反対側の手を使い、
片手だけで結ぶと、困難な行いを達成したので、
凶が吉に転じるといった説もあります。

良いおみくじと、悪いおみくじでは、
結び方も、結ぶ意味も違ってくるんですね~。

結ぶ場所はルールを守って

本来なら、木に結ぶものですが、木々を痛めたり、
景観を損なうといった理由から、最近では、ほとんどの神社仏閣で、
おみくじ結び所を設けて、おみくじを結ぶ場所を決めています。

枝に結ばれたおみくじ

木に結ばないとダメだから」なんて、
自分勝手な都合で、ルールを守らないなんて、本末転倒です。

ちゃんとルールを守りましょう。

スポンサーリンク

おみくじは神様からのメッセージ

良いおみくじをひくと、嬉しくなり
悪いおみくじだと、ガッカリ・・・。

あなたも身に覚えがありませんか?

でも、それもその場限りで、
次の日には、きれいサッパリ忘れたりしがち。

本当は、良くても悪くても神様からのメッセージ。
ちょっと心の隅っこに置いておくといいですね。

じつは、おみくじは持ち帰ってはダメ といった
ルールはないんです。

おみくじを持つ女性

良くても悪くても、自分が持っていたいと思えば、
持ち帰ることもOKなんですって。

ただし、おみくじはお守りとおなじように、
財布の中やカバンにいれて丁重に扱います。

時々、読み返して自分の戒めにするといいそうです。

持ち帰ったおみくじは、
自分で、「このおみくじはもういいな」と思う時期がきたら、
神社仏閣へお返しします。

くれぐれもゴミ箱へなんて事は、ダメですからね!

まとめ

何気なく結んでいたおみくじですが、ちゃんと意味があって
結ぶものでした(^^)

良くても悪くても、頂いたメッセージを大切にして、
感謝して一年を過ごすことも目標にできたら素敵ですね~☆彡


スポンサーリンク

コメントを残す