5分でわかる!お盆とお彼岸の違いは?

LINEで送る
Pocket


「お彼岸だからお墓参りに行かなきゃね~」
なんて話していると、娘から爆弾発言が飛び出しました。
「お盆とお彼岸て何がちがうの?」
・・・え?何が違うと言われても・・・Σ(・∀・;)

管理人の娘は、まれに、
鋭いツッコミをしますが、
今回は、かなりハードルの高いツッコミです。

お題は、
お盆とお彼岸の違い
で、ございます。

うう~ん、中々に味わい深いお題です。

こういった年中行事って、ずっとそうだからで、
曖昧になりやすいものですよね。

管理人も、何気なく過ごしてきましたが、
ココは、親のプライドにかけて、
この勝負受けて立ちましょう!
(・・え?誰も勝負してない?そこは、スルーでお願いします^^;)

今回お伝えするのは、
お盆とお彼岸の違い
についてです。

この記事を最後まで読めば、
アナタは立派な知識人になっていますよ。

知っているのと知らないでは大違い!
それでは、大人の常識と威厳のために、
気合を入れてまいりましょう(`・ω・´)ゞ

スポンサーリンク


お盆とお彼岸を比較してみる

一般的に、お盆もお彼岸もご先祖様を敬う行事だと
言われています。

お墓参りをする女の子

でもこれだけじゃ、お彼岸とお盆の違いなんて、
全然わかりませんよね~(;^_^A アセアセ

そこで、まずは、一番わかりやすい、

  • お盆とお彼岸の期間
  • ご先祖様について

この2つについて、比較をしてみました。

  お盆 お彼岸
時期 8月13日~16日
(地域によって7月15日前後のところも)
年2回(春・秋)
春分の日・秋分の日を中日として
前後3日を含めた7日間
ご先祖様 家に帰ってこられる 家には帰ってこない

これだけでも、大きな違いがありますね。

一般的に、
お盆が3日間なのに対して、
お彼岸は7日間もあります。

さらに、年に2回あり、
圧倒的に、お彼岸の期間が多いことになりますね。

ここで気になるのが、ご先祖様です。

なぜか、期間の長いお彼岸には帰ってこず、
短いお盆の時期に、帰って来ているといった、
不思議な事が起こっています。

ちょっと考えてみてください。

自分がどこかに旅行に行くなら、
ゆっくり過ごしたくありませんか?

しかも、ご先祖様は、自分の家に帰ってきてるんですよ。
ますます、ゆっくりしたいはずですよね。

困っている女性

なんだか、ココにお盆とお彼岸の違いが
隠されているような気がしませんか?( ̄ー ̄)ニヤリ

そこで、次からはお盆とお彼岸について
もう少しくわしくお伝えします。

スポンサーリンク


お盆とお彼岸 それぞれの由来は?

お盆とお彼岸の違いを知るためには、
まず、それぞれの由来についてご紹介します。

 icon-check-square お盆とは?

お盆は、ご先祖様を、あの世からお迎えして、
供養して、その後送り火を焚いて帰っていただきます。

お盆の灯籠

ご先祖様を供養するための行事です。

 icon-check-square お彼岸とは

彼岸(ひがん)とは、向こう岸と言った意味で、
この世の反対側、つまり仏教で言う、
迷いない悟りを開いた世界のことなんです。

そして、春分の日と秋分の日は、
春分と秋分は太陽が真西に沈むことから、
もっとも彼岸(西方浄土)に近づける日とされます。

そこで、この期間は、
自分自身の修行として、善い行いをし、
今の暮らしがあるのは、ご先祖様のおかげである、
と感謝して過ごす期間なんですね。

つまり、ここがお盆とお彼岸の大きな違いです。

お盆が、ご先祖様の供養のためにあるのに対して、
お彼岸は、現世に生きている私達が、
自分自身の修行の行うため行事でもあるんです。

ここまで、お伝えしたことを、
改めてまとめてみました。

  お盆 お彼岸
時期 8月13日~16日
(地域によって7月15日前後のところも)
年2回(春・秋)
春分の日・秋分の日を中日として
前後3日を含めた7日間
ご先祖様 家に帰ってこられる 家には帰ってこない
意味 ご先祖様を供養する ご先祖様に感謝してご供養し
さらに自分自身も西方浄土行くために修行する

まとめ

いかがでしたか?
今回は、お盆とお彼岸の違いについてお伝えしました。

大きな違いは、

  • お盆・・・ご先祖様のため
  • お彼岸・・自分自身の修行のため

でしたね。

なんで、何回もあるんだろうって思っていましたが、
深い意味があったんです。

これからは、ご先祖を敬い大切に過ごしたいですね。


スポンサーリンク

関連記事・スポンサーリンク



2件のコメント

  • 田中裕子

    有り難うございました。良くわかりました。

    • わかな わかな

      田中様

      コメントありがとうございます。
      お役に立てて嬉しいです。

コメントを残す