敬老の日 赤ちゃんから贈る!世界にたった一つのプレゼントとは?

LINEで送る
Pocket


「孫は可愛い。もう無条件だ!」
はい、これはウチの父の言葉です。
厳格な父だったんですが、孫は特別みたいです。(^_^;)

敬老の日が近づくと、
「両親・義父母にプレゼントしないとだめよね」
なんて、迷いませんか?

特に、子供が生まれると、
「いよいよ敬老の日デビュー!だわ」
と、思わず、力が入ったりしてね(*´艸`*)

でも、
敬老の日 お祝いするなら何歳から?子供からもするもの?で紹介しましたが、
娘や息子からの敬老の日は、人によって歓迎されてないようです。

孫からなら、OKなんですって。

「え--!!そんなの無理よ」

ですよね。まだおしゃべりも出来ない小さな赤ちゃんからの、
プレゼントなんて、絶対に無理ですよ。

なので、スッパリ諦めましょう!
・・・・なんて言いませんよ。

わざわざ、このブログに来てくださったってことは、
なんとか、敬老の日にプレゼントをしたいって
思っているんですよね?

おまかせ下さい!
赤ちゃんを主役にして
敬老の日のプレゼントしちゃいましょ(≧∇≦)/

今回は、
赤ちゃんと一緒する敬老の日のプレゼント
について、お伝えします。

さらに、プレゼントを特別にする方法もコッソリ教えちゃいます。

この記事を最後まで読めば、アナタの悩みは、
どこかに行っちゃいますよ(*^_^*)

では、心の準備はいいですか?まいりますよ~☆彡

スポンサーリンク


オススメは手作りのプレゼント

赤ちゃんを主役にして、敬老の日のプレゼントを贈るなら、
やっぱり手作りがオススメです。

というもの、赤ちゃんが誕生すると、
両親としては、これからちゃんと育てていけるのかなって、
心配してるものなんですよ。

可愛い赤ちゃん

子供が誕生してからのことですが、
父母の誕生日や、父の日・母の日の贈り物をするたびに、
「こんなにお金を使わなくていいのに。
これから、娘ちゃんにお金がかかるんだから、貯金しないと。」

なんて、いつも心配ばかりしてくれたんですよね。
初孫で可愛い分、未熟な親が心配だったんでしょう(^_^;)

そんな両親の気持を考えると、赤ちゃんが自分でお祝いできないうちは、
手作りの物が、気兼ねなく受け取ってもらえると思います。

「え--!手作りなんて無理Σ(・∀・;)」
「それじゃ、赤ちゃんが主役にならないじゃない!」

いえいえ、心配ご無用です( ̄ー ̄)ニヤリ

自慢じゃありませんが、管理人は超不器用です。

どれくらい不器用かといえば、
ちゃーんとしつけ糸をした布が、
縫い終わったら、ズレてできあがっているという、
イリュージョンが特技の不器用さです(^m^;)

次から、そんな管理人でも、ちゃんと作ることが出来る、
超簡単な、手作りグッズをお伝えしますので、
ご安心ください( ̄ー ̄)bグッ!

赤ちゃんと一緒の写真に一工夫

では、さっそく赤ちゃんと一緒に作りましょう♪

準備するもの
  • 赤ちゃんの写真
    (1枚でも、ご両親と一緒のものがあるとGoodです)
  • マスキングテープ
    (100円ショップにもあります)
  • 両面テープ
  • スクラップ帳

もうお分かりですね☆彡

そうなんです、赤ちゃんの写真をマスキングテープで、
デコレーションしてプレゼントしちゃうってわけです( ̄ー ̄)bグッ!

「どうやってデコしたらいいのか、わからないヽ(´Д`;)ノアゥア…」

そんな方は、下の動画を参考にしてみると、
イメージが湧きますよ。

切って並べるだけで、簡単にキュートな仕上がりになります♪

管理人も、やってみるまで、
不器用だし、センスもないし・・・
なんて心配してたんですよ。

ところが、いざやってみると、
カラフルなマスキングテープに助けられて、
我ながら、いい感じに仕上がったんです(*´艸`*)

曲がっていても、ギザギザになっていても、
それが可愛く見えちゃうから、マスキングテープって、
すごく便利なグッズですよ。

ぜひ、やってみてくださいね。

スポンサーリンク

プレゼントをさらに特別にする方法は?

せっかく作ったプレゼント、
もっと喜んでもらうためのコツがあります。

それは、一緒の時間を過ごすことです。

例えば、ちょっとだけ高めのスイーツを買って、
赤ちゃんと一緒に訪ねて、お茶の時間を過ごす。

プレゼントにスイーツ

コレだけで、ググーンと特別感が増すんですよね。

管理人は、「また、気を使って・・・」
なんて言われても、
「違うよーー。自分が食べたかったから、便乗しただけ」
って、言い返してました。

だって、半分は本当ですから。

こんな時でもないと、お取り寄せの高級スイーツなんて
買えませんからね~( ̄ー ̄)ニヤリ

すると、苦笑しながらも、受け入れてくれましたよ。

あとから母がコッソリ教えてくれましたが、
父が、プレゼントしたアルバムを持った娘の写真を、
携帯の待ち受け画像にしてたんです(*^_^*)

こういった時間が、一番の贈り物だと思います。

まとめ

いかがでしたか?

赤ちゃんからの敬老の日のプレゼント
についてお伝えしました。

少し大きくなると、クッキーを作ったり、
メッセージを書いたりして、子供なりのプレゼントが
出来るようになります。

それまでは、元気に成長している姿と、一緒に過ごす時間が、
両親にとって、一番のプレゼントになりますよ☆彡


スポンサーリンク

コメントを残す