恵方巻きの由来は?なんで あの食べ方なの?

LINEで送る
Pocket


豆まきと並んで、すっかりお馴染みになった恵方巻き
恵方巻きを食べると、縁起がいいって言うけど、
メジャーになったのって、
つい最近のような気がするんだけど。

そもそも恵方巻きってなんなの(・・?

だいたいなんで、巻きずしを食べるわけぇ~?
考えると、気になる・気になる・・・・

モニョッた、そこのアナタ!
さぁ、ご一緒にスッキリターイム(*^^)v

スポンサーリンク


巻きずしは縁起物

別に、美味しいいだけなら、
なんでもOKってわけじゃない。

ちゃんと意味があって太巻き を食べてるんですよ。

太巻きを食べる理由は、次のものが代表的。

  • 太巻きを、逃げた鬼の忘れた金棒に見立てて、鬼退治した
  • 豊臣秀吉の家臣・堀尾吉晴が偶々節分の前日に、
     海苔巻きのような物を食べてから出陣して、大勝利を収めた
  • 太巻きは、「巻く」から「福を巻き込む」
          「切らずに食べる」ことから「縁を切らない」といった縁起担ぎ
  • バレンタインデーと同じ、商業ベースのノリ
  • 諸説様々ですねぇ~。

    最近は、商業ベースのノリが強いですし、
    みんな、それを承知で楽しんでるって雰囲気もありますよね。

    もちろん、私もその一人ですけど^^;

    巻きずしの具だって、縁起を担いでる?

    具の決まりは、コレって決まりはないんです。
    だだ、7種類の具材を使うのが、基本のルール。

    この数字は、縁起よく七福神 にちなんでいます。

    よく使われているのが、次の7種類。

    • かんぴょう
    • キュウリ(レタス・かいわれ)
    • シイタケ煮
    • 伊達巻(だし巻・厚焼き卵)
    • ウナギ(アナゴ)
    • 桜でんぶ(おぼろ)

    この他に、海鮮巻きやヘルシーに野菜巻きなんてのも
    登場してますね(^^)

    毎年、変わった具材を食べるのを楽しみにしてたけど、
    具材の数にも意味があったですね。

    恵方巻きの出身地はどこ?

    恵方巻きの出身地は、関西地方なんですって。

    節分の夜にその年の恵方に向かって無言で、
    願い事を思い浮かべながら太巻きを丸かじり
    (丸かぶり)するのが習わしとされています。

    ところで、恵方巻きって呼ばれて
    全国展開するのようになったのは
    つい最近なんですよ。

    それまでは、大阪周辺の一部の地域の風習で、
    「巻きずし」「丸かぶり寿司」などと呼ばれていたんです。

    恵方巻きの名付け親は?

    「恵方巻き」の名付け親は、なんとセブン-イレブンなんですね

    1998年(平成10年)に、全国発売するために
    採用された商品名が、すっかり定着したんです。

    さすが、商魂たくましいですよね。

    スポンサーリンク
    
    

    恵方巻きを食べるお作法

    恵方巻きといえば、あの独特の食べ方が、
    ゲーム感覚で面白いですね。

    やっぱり、関西出身だから、
    面白くて、なんぼやぁなんでしょうか(^O^)

    あの、食べ方にもちゃんと意味があって、
    福を招くお作法になってます。

    よく言われているのが、この3つ。

    恵方巻きのお作法
  • その年の恵方を向いて食べる。
  • 切らずに丸ごと食べる
  • 無言で食べきる
  • 恵方については、
    節分の恵方巻き 2016年はどの方角を向いて食べる?で、
    詳しく書いたので、ぜひ、お読みください。

    切らずに、丸かぶりするのは、
    神様に刃物を向けるなんて、言語道断!
    失礼だって意味ですって。

    (かじるのは、いいのかって話ですけど(^_^;))

    他には、縁を切らないって意味があるとか。

    こっちのほうが、自然な感じがしますよね。

    無言で食べるのは、食べている間に、
    お祈りをするからとか、口を開くと
    福が逃げるから・・なんて言われています。

    とはいえ、毎年、あの恵方巻きの大きさは、
    ちょっと辛いものがありませんか?

    いつも、口いっぱいに頬張っては、
    オエッって涙目になりつつ
    頑張って食べきってます。

    横では、娘が、同じように涙目になりつつ、
    頑張ってるんですが、それが、面白い顔になっていて、
    かなり、笑いを誘うので、
    無言で食べるのは、かなり、大変です。

    同じような人、沢山いるんじゃないかな~

    ところで、昔は、もっと小さくて
    口に合わせた大きさに、作っていたとか

    海苔と具材を消費して欲しくて
    大きくなったんでしょうか?

    だとしたら、やっぱり商魂たくましいなぁ。


    スポンサーリンク

    コメントを残す