土用の丑の日 2017年はいつ?由来を簡単に説明!

LINEで送る
Pocket


土用の丑の日といえば、うなぎ!

土用の丑の日といえば、
もうすっかり、夏の風物詩ですよね。

毎年、スーパーだけでなく、
コンビニでも力の入った宣伝が
展開されています(;^_^A アセアセ

ところで、この日にうなぎを食べるらしいと思っていても、
理由は知らない人いませんか~?

じつは、管理人がそうだったんですよね。

とりあえず、
「高いけど、みんな食べてるみたいだし、
うなぎを買わなきゃ」

そんな感じで、頑張って買っていました。
(うなぎ、嫌いじゃないので・・・(*´艸`*))

  • なんで、うなぎ?
  • なにか由来があるの?

これを知っていたら、
ちょっと学がある人っぽいカモ。

そーんな、クダラナイ理由で
うなぎ事情を調べてみました。

気になってるアナタにシェアしちゃいますよ。

これであなたも、物知り仲間♪

さっそくまいりましょう!

スポンサーリンク


2017年は 土用の丑の日はいつ?

まずは、2017年の土用の丑の日は
いつなのかを知らないと話になりません。

ところで、土用の丑の日は、
夏と思い込んでいませんか?

じつは、土用の丑の日は、1日だけじゃないんですよ~。

2017年土用の丑の日
  • 冬 1月26日(木)
  • 春 4月20日(木)、5月2日(火)
  • 夏 7月25日(火)、8月6日(日)
  • 秋 10月29日(日)

なんと、年に6回もあります。

このうち、有名なのが夏の土用の丑の日です。

うなぎを食べましょう~~って
宣伝がバンバン流れるのもこの時期です

うな重

土用は、季節の変わり目にある期間のことで、
この期間と丑の日が重なった日が、
土用の丑の日になるんですよ。

なぜ、土用の丑の日が年に6日もあるのかは、
下の記事で、くわしく説明しているので、
合わせてお読み下さい。

土用の丑の日!夏だけじゃない?年に何回もある?

なぜ、夏土用だけ「うなぎ」を食べるのか、
由来について、次からくわしく見ていきましょう。

なぜうなぎ?由来はコレ

夏バテにうなぎを食べるといい、
そんな風習は、奈良時代にさかのぼるようです。

有名な歌人、大伴家持が、
すっかり夏痩せをしてしまった、
吉田石麻呂にたいして、
「夏痩せにはうなぎがよいですよ」といった
意味の歌を歌ったという説があります。

そんな古くから、うなぎの栄養価について、
知られていたなんて、驚きですよね!

でもね~、じつは、
うなぎが定着するようになった
きっかけについては、
これより有力な説があります

平賀源内を知ってますか?

なんだか、
聞いたことがあるような・・・?

そうそう、教科書にも出てきますが、
エレキテルの平賀源内です。

日本のダ・ヴィンチなんて、言われていますよね。

で、そのダ・ヴィンチが、
うなぎとどんな関係があるの?

何を隠そう、土用の丑の日のうなぎは、
彼が仕掛けたという説があるんですよ。

源内さんの、馴染みのうなぎ屋さんが、
夏場はうなぎが売れなくて、
困って、源内さんに相談しました。

まぁ、うなぎは10~12月の冬ですからね。

あえて、夏に食べなくてもいいって
風潮だったんでしょうか。

すると源内さんは、
本日、土用丑の日」と書いた看板を張り出しました。

途端に、商売繁盛したので、
他のうなぎ屋さんも真似し始めたとうい説です。

うなぎ屋さん

でもね~、ただ看板に書いただけで、
うなぎが売れるなんて、
ちょっと不思議ですよね?

商売繁盛の原因は、どうやら、
ある風習にあるようです。

その風習について、次から見ていきましょう。

スポンサーリンク


うなぎだけが正解じゃない?正解はこれ!

土用の丑の日といえば、「うなぎ」が、
現代の常識になりつつありますね。

ところが、昔は違っていたんですよね。

じつは、丑の日に「」のつくものを食べると、
病気にならないとうい言い伝えがあったんです。

源内さんの看板が、この「う」の言い伝えに、
ばっちり当てはまったので、商売繁盛に
繋がったと考えられているんですよ。

もし、本当にそうだとしたら、
すごいキャッチコピーですよね^^;

やっぱり天才は目の付け所がちがう

さすが、天才といったところでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、
土用の丑の日の「うなぎ」の由来について
お伝えしました。

「う」がつくなら、
うどんでも、梅干しでもOKなんですけど・・・。

大手を振って、贅沢できる風習になっているんだから、
せっかくなら、おいしいうなぎを食べたいですよね(*´艸`*)

お財布は夏痩せしちゃいますけどねΣ(゚д゚lll)ガーン


スポンサーリンク

関連記事・スポンサーリンク



コメントを残す