クリスマスイブとクリスマスの違いは? 知って得する豆知識

LINEで送る
Pocket


日本の冬の定番となった、クリスマス
ケーキを選んだり、プレゼントを買ったり。
ワクワクするイベントなのは、間違いありません。

ところが、そんなワクワク気分をかき消すような
難問をぶつけられちゃいました。

それは、クリスマスも近いある日のこと。
「今年はサンタさん、何くれるのかなぁ」
「いい子にしてないと、何にもくれないかもね~」
なんて、クリスマスも近いある日の会話。

どこでもある内容でしょ?

なんでクリスマスはイブがあるの?
「え・・、昔から決まってるからでしょ?」
「誰が決めたの?ね~、どうして?」

・・・・あぁ。始まった、このこだわりが出たら、
納得するまで、責められる。

ハイハイ、わかりました!
クリスマスとクリスマスイブの違いですね。

スポンサーリンク


どうして、クリスマスとクリスマスイブがあるの?

日本では、

  • 12月24日(クリスマスイブ)
  • 12月25日(クリスマス)

これが、一般的に定着しています。
デートをしたり、パーティーをしたりするのも、
24日が多いですね。

25日がイエスキリストの誕生日だから、
お祝いするのがクリスマスって聞いたことないですか?

じつは、25日じゃなかったなんて説もあり、
実際、わかってないのが本当なんですって。

ま、ココらはお祭り騒ぎが好きな日本人には、
あまり気にならないとこかなって思います。

なんでなの?

となると、なぜ、本当の誕生日のはずの25日
お祝いせずに、前の日の24日にお祝いしちゃう のか、
謎が深まりませんか?

秘密は1日の考え方にあった

クリスマスイブとクリスマスの違いの答えは、
身近な、太陽にありました。
暦

現在は、真夜中の12時で、日付が変わりますが、
昔は、

  • 日の出から日の入りまでを昼
  • 日の入りから日の出までを夜

と、考えられていたんですね。

キリストは夜に誕生したと言われてる ので、
現在の暦で考えると
24日の日没から25日の日の出の間に、
生まれたことになります。

ということは、正確に言えば、クリスマスって、
24日の日没から25日の日没直前までとなるわけです。

教会でのミサも、24日の日没後のところもあれば、
25日の0時といったふうに違いがあるようです。

スポンサーリンク

イブは前夜じゃない?

最近では、イブは「前夜」と言った
意味で使用されていますが、
本当の意味は、「evening」(イブニング)で、
「夜」の意味になります。

つまり、「クリスマスの夜」って意味。

ミサ

こう考えると、クリスマスイブの夜って言葉は、
ないんですね^^;

まとめ

一日の考え方が変化してしまい、
時間が重なってしまうことにより、
クリスマスイブ」と「クリスマス」が
存在することに、なったんですね。

娘は、「そうなんだぁ」とあっさり納得してくれて、
ヤレヤレです。

クリスマスのデートやパーティは、
日本人独特の習慣だって聞きます。

賛否両論あるようですが、
我が家では、家族揃って、
日本式のクリスマスを楽しみます♪


スポンサーリンク

コメントを残す