クリスマスリースの意味は? 飾る時期はいつ?

LINEで送る
Pocket


寒くなる時期になってくると、
目につくのがクリスマスリース
近頃、玄関に飾ってる方が増えましたね~。

クリスマスツリーより手軽で、
飾るのも片付けるのも簡単、
それに、なんといってもお洒落!

ところで、クリスマスリースって、
どんな意味があるか知ってます?

スポンサーリンク


そもそも、クリスマスって
宗教的な意味合いが、
大きい行事ですよね。

クリスマスリースにだって、ちゃぁ~んと
深い意味がありました。

今回は、クリスマスリースの豆知識です。

リースってなんなの?

クリスマスリースの意味の前に、
ちょっとリースについてお勉強しましょう♪

クリスマスリースは「Christmas wreath 」と書きます。

そもそもリースとは?

リースは輪飾りのことで、
その発祥の地は、ギリシヤ時代になります。
結婚式やお祭などのお祝いに使われていました。

その後、ローマ時代になり、新年のお祝いに、
お互いの健康を祈ってプレゼントする習慣が生まれ、
玄関に飾るようになったそうです。

クリスマスに使うリースの歴史は意外に浅い

クリスマスアイテムの一つとして、
使われるようになったのは、十九世紀初頭と言われています。

日本だと、日本では江戸時代の後期及び
末期(幕末)から明治時代にあたりますよ。

クリスマスリースの意味

クリスマスリースを飾る意味は、
「魔除け」「豊作を願う」などの説が有力です。

さらに、輪であることから、
永遠の神の愛」を表すとされています。

リースに使う素材にも意味があります

リースに使われる材料の一つ一つにも
ちゃんと意味がありました。

 icon-caret-square-o-right リースの主な材料
  • モミノミや松、月桂樹など常緑樹の葉
  • ヒイラギの葉
  • ヒイラギの実
  • リンゴの実
  • 麦の穂
  • 松ぼっくり
  • リボンやベル
  • ブドウ

それぞれの意味は、次のようになります。

月桂樹など常緑樹の葉

殺菌作用や魔除けの意味

ヒイラギの葉と実

キリストの受難を現しているす刺のある葉
キリストの流した血を意味する赤い実

リンゴの実・松ぼっくり・麦の穂

収穫を意味する

ブドウ

キリストの象徴

リボンやベル

魔除け

リンゴ

リンゴには、お供え物としての意味もあります。

スポンサーリンク

飾る時期はいつ?

クリスマスリースを飾る時期ですが、
ヨーロッパでは、
クリスマスの4週間前の、「待降節」から
翌年の2月2日(聖母お清めの祝日)
まで、飾るのが一般的です。

11月終わりから、飾り始めるんですね。

日本だと、お正月飾りの関係で、
途中から変更になっちゃいますけど、
そのまま飾っておいても大丈夫ってことです。

でも、知らない人も多いので、
まだ、クリスマス気分なのって
誤解されちゃいそうで、
私は、年明けまで飾る勇気はないかも^^;

まとめ

手軽にクリスマス気分を盛り上げてくれる
クリスマスリース。

ちょっと意味を知って飾るだけで、
楽しみが増しませんか?

いつもは12月の中旬から飾っていました。

でも、ちょっとでも長く楽しむために、
今年は、11月下旬ごろから飾って
クリスマスを待ちます♪


スポンサーリンク

コメントを残す