紫外線で肌が老化する!その理由は?どんなダメージがある?

LINEで送る
Pocket


「紫外線が肌を老化させるのはどうして?」
そもそも、紫外線とは、どんなものなんでしょう?
なぜ、肌にダメージがあるのか、知っていますか?

少し暖かくなってくると、
「紫外線対策」や「UVケア」といった、
CMが増えてきますよね。

なんにも気にしていない娘に、
「そろそろ、アナタもしっかり日焼け止めクリーム塗らないとね」
なんて話をしたところ、

「紫外線て、なんで体に悪いの?何がダメなの?」
「日焼けするとシミとかシワとかになりやすいんだよ。」
「だから、何でそうなるの?

え・・・Σ(・∀・;)

うーーん、確かに、
紫外線は肌に良くない、シミやシワになるから、
カットしないとダメって思い込んでいたけど・・・

コマーシャルでも、
紫外線をカットする」とか「絶対に焼かない」なんて、
よく耳にするけど、そもそも紫外線と肌の関係は?

よく知りもしないで、
日焼け止めしないとダメなんて言っても
説得力がうすーい(;^_^A アセアセ

そこで、今回は、
紫外線と肌の関係について
ばっちりお伝えします。

これを知らないで、紫外線対策をしても、効果半減です。

では、さっそく行きますよ☆彡

スポンサーリンク


紫外線は一つじゃない

紫外線には、いくつかの種類があるんですよ。
知ってましたか?

紫外線の種類は3つあります。

そして、その種類によって、
肌に与える影響が全然違ってくるんですよ。

これを知らないと、むだなUVカットケアをして、
肌に負担をかける原因になるので、
まずは、違いを知っておきましょう(^^)

紫外線の種類と影響
  1. 紫外線A波(UVA)・・・シミ・しわ・たるみ
  2. 紫外線B波(UVB)・・・シミ・そばかす・日焼け
  3. 紫外線C波(UVC)・・・皮膚病の原因になる

それぞれの違いと肌に与える影響について、くわしくみてみましょう。

現在発売されている日焼け止めは、
紫外線A波(UVA)と紫外線B波(UVB)を防止するものです。

2つの紫外線について、
わかりやすく表にまとめたので、下をご覧下さいね。

UVA

  • 肌の深いところに影響を与える
  • 紫外線全体量の90%~95%
  • しわ、たるみの原因
  • ガラスや雲なのどで遮断できない
 

UVB

  • 肌表面に影響を与える
  • 紫外線全体の5%~10%程度
  • 日焼けの原因
    (赤くなる・水膨れになる)
  • ガラスや雲なのどで遮断できる

3つ目の紫外線は、あまり聞き慣れないですよね。

 icon-check-square 紫外線C波(UVC)

今まで、オゾン層で吸収されると言われて、
地上まで届くことがなかったので、とくに影響がないと
されていた紫外線です。

でも、最近は、オゾン層の破壊により、人体や環境への影響が
心配されるようになってきました。

3つの紫外線の中で、もっとも有害で、
もし、UVCに浴びると重度のヤケドのような症状に
なってしまうとされています。

紫外線の種類と、その特徴がわかったところで、
つぎからは、どんなダメージがあるのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

なぜ、肌に良くない?どんなダージがある?

やみくもに紫外線は肌に良くないって言われても、

  • どうして良くないのか
  • どんな影響があるのか

ちっともわかりませんよね(´・ω・`)

考えこむ女性

そこで、紫外線が肌を老化させるって言われてるけど、
どんなダメージがあるのか、みていきましょう。

紫外線の中でも、
とくに大きなダメージを与えるのが、UVAです。

この紫外線は、知らないうちに、肌を老化させてしまいます。

「知らないうちって、どういうこと?」

それはですね、UVAの特徴に大きな関係があります。

UVAは肌の奥深くに入り込み、
ハリや弾力を保つに大切な繊維芽細胞(せんいがさいぼう)
傷つけたり、失われるといった影響をあたえるんです。

すると、どうなると思いますか?

繊維芽細胞(せんいがさいぼう)が傷つくと、
ハリや弾力がなくなり、
しわやたるみを引き起こすんですよヽ(´Д`;)ノアゥア…

これにより、肌はどんどん老化していくんです。

つまり、シワシワにたるんじゃうわけなんですよ(゚д゚lll)ガーン

しわしわのブルドック

なので、紫外線対策が必要なんですよ~

UBAはガラスで遮ることも出来ないので、
室内にいても油断大敵です。

ちゃんとUVカットケアをして、お肌を守りましょう!

まとめ

今回は紫外線と肌の関係についてお伝えしました。

シワシワにしぼまないように、
ちゃんと紫外線対策しましょうね(;^_^A アセアセ

紫外線といえば、やっぱり日焼け止め。

でも、強力な物を使えばいいってわけじゃないんですよ~。

間違った日焼け止めの使い方は、かえって肌に負担をかけて、
老化を加速させることだってあるんですヽ(´Д`;)ノアゥア…

選び方のポイントは、SPFとPAです。

次回は、このSPFとPAについてくわしくお伝えしますね。


スポンサーリンク

コメントを残す